千葉県民の日は干潟の生きものを探そう!

6月15日(金)千葉県民の日に、観察センターの前浜で干潟の生きもの観察会を行います。
観察会の参加者に限り、谷津干潟オリジナルの干潟の生きものトレーディングカードをプレゼント!
カードに出てくる本物の生きものをレンジャーと一緒にさがそう。

日 時/6月15日(金)9:30~11:00、12:00~13:00、14:30~16:00
対 象/どなたでも(小学3年生以下は保護者同伴)
参加費/500円(別途入館料がかかります)
受 付/受付中
20180615-1

20180615-2

%e3%82%ab%e3%83%8b%e3%81%ae%e3%82%aa%e3%82%b9%e3%83%a1%e3%82%b9a




イベント情報 | 更新日:2018.06.03

鳥の折り紙をおってとばしてみよう!

明日、6月3日(日)は「ちょっとむずかしいダイシャクシギの折り紙教室」を開催します。
観察センターボランティアグループのトイズファクトリーが折り方をお教えします。渡り鳥のようによく飛びますよ!
皆さまのご参加お待ちしております。

●時 間 13:00~15:00
●対 象 小学生以上
●参加費 入館料のみ
●受 付 観察フロアにて当日13:00より
%e7%b4%99%e3%81%b2%e3%81%93%e3%81%86%e3%81%8da

イベント情報 | 更新日:2018.06.02

鈴木まもる講演会「鳥の巣と絵本のふしぎ~鳥の巣が教えてくれたこと」を行いました!

5月20日に絵本作家で鳥の巣の研究家として活躍されている鈴木まもるさんをお招きし、
絵本作りや鳥の巣の魅力をお話していただきました。

会場に集まったお客さまは100名を超え、イラストを描きながらの笑いの絶えないまもるさんのお話しはライブ感満載!
実物の鳥の巣を見たりさわったりして、子どもも大人も興味津々。
講演後の絵本販売とサイン会も長い列になるほどの人気ぶりでした。

また、当日は地元図書館との連携で図書館スタッフさんによる、
まもるさんの絵本の読みきかせでイベントを盛り上げてくれました。
img_4308a

img_4332a

img_4350a

イベント情報 | 更新日:2018.05.26

谷津干潟の日フェスタ「谷津遊路&干潟スタンプラリー」を開催しました!

谷津の街の魅力発信のため、観察センターと地元谷津遊路商店街がコラボ企画した
スタンプラリーが5月5日、6日に行われ、合計約260名が参加しました。

スタンプを集めながら、商店街のクーポンを利用してコロッケや餃子、ソフトクリーム、
地ビールなど食べ歩きをしたり、干潟の鳥や魚など観察を楽しむ様子が見られました。
商店街の方をはじめ、観察センターボランティアやユース、ジュニアレンジャーなど
幅広い世代がイベントを手伝い、盛り上げてくれました!

img_2486a

img_0754a

img_0735a

img_0747a

イベント情報 | 更新日:2018.05.10

渡り鳥に出会える幸せ-昨日の夕焼け

昨日は夕陽がきれいに見られました。観察センターの「谷津干潟の夕日とチュウシャクシギのねぐら入りを見よう」では、チュウシャクシギが108羽確認できました。
本日も同イベントを予定しています。定員に空きがあるので連休の最終日をゆったり谷津干潟で過ごしませんか?

・5月6日(日)17:00〜18:30
・定 員:40人
・対 象:小学生以上(小学生は保護者同伴)
・参加費:1人600円
・申込み:047−454−8416(観察センター)
 ※参加をご希望される場合は、予約制ですので観察センターまでお電話ください。

img_1336

img_1331-1






イベント情報 | 更新日:2018.05.06

新緑のもと、ボランティア交流会を開催しました

今日は暖かい陽気で、木陰が大変心地よい日でした。

「谷津干潟の生き物しりとり」で頭の体操を楽しんだ後、みんなで昼食をともにし、お団子をいただきながら、観察センターの運営やボランティア活動について意見交換をしました。

昨年度は148名のボランティアが観察センターに登録し、のべ1,482名が活動に参加。昨年度の観察センターの来館者数は、53,000人に達し、ますますボランティアの皆さんの支援が不可欠となっています。

今年もぜひみんなで盛り上げていきたいと思います!


img_1211

img_1203

イベント情報 | 更新日:2018.04.30

春らんまん!

3月31日(土)に「親子で楽しむ!春の生きものみつけた」を実施しました。
親子や友達同士でポイントをまわり、谷津干潟公園で楽しむ姿が印象的でした。

日なたの地面をさわって温度を確かめたり、ケヤキの若葉をジャンプして触ったり、四葉のクローバーを家族で一生懸命探したりと体いっぱい使って楽しむ参加者が多かったです。

ポイントラリーを終えた参加者からは「日なたの地面ってすごくあったかいねぇ」「オタマジャクシいっぱいでかわいかった」といった感想がありました。

次回の親子で楽しむ!シリーズは夏に行う予定です。お楽しみに!

img_2544
img_0512
img_0524
img_2550

イベント情報 | 更新日:2018.04.03

「極北のハマシギ訪ねて三千里」の実施概要をまとめました

2018年2月25日(日)、ラムサール条約の採択を記念する2月2日の「世界湿地の日」に合わせて観察センターで開催した、
やつひがたサイエンスカフェ「極北のハマシギ訪ねて三千里」の実施概要をまとめました。
日本を代表的なシギ・チドリ類、ハマシギ について迫る興味深いお話しです。当日参加された方も、参加できなかった方もぜひ、ご覧ください。

ここからダウンロードできます。

img_0008

img_0021

img_0033

イベント情報 | 更新日:2018.03.31

観察センター×興和光学コラボ企画 「春の谷津干潟でバードウォッチングはじめよう」を行いました!

今回はバードウォッチング初体験の方が多く、コーワの双眼鏡や最新のコンパクトスコープに皆さん興味津々。
道具があると楽しさ倍増です!レンジャーの案内で鳥の羽模様の美しさやくちばしの形、目の色などじっくり観察しました。
同行した興和光学の及川さんによるスマホを活用した撮影術や双眼鏡の選び方アドバイスも好評でした!
次回は11月に開催予定です。
kowa%e2%91%a0

kowa%e2%91%a1

kowa%e2%91%a2

イベント情報 | 更新日:2018.03.29

カレイの稚魚を展示しました

Facebookで反響の大きかったカレイの稚魚。
館内に、展示しましたよ。

虫眼鏡を使うと、
2センチにも満たない小さなカレイが目をキョロキョロさせる表情の可愛らしさはもちろん、
ヒレを使ってたくみに底を這い回る様子が楽しめます。

透明な体は、骨や内臓も観察できますよ。

土日は観察センターのミニ水族館を楽しんでみてくださいね〜。


img_0171

img_0167

img_0177-1

img_0174

イベント情報 | 更新日:2018.03.09
ページの先頭へ戻る