初雪

現在,気温は3℃。雪は午前から断続的に降っています。
観察センター横の淡水池のカモたちは雪の中で元気に過ごしています。
ちなみに明後日は大寒。暖冬と言われていますが、冬らしい寒さはいつまで続くのでしょうか。






自然情報 | 更新日:2020.01.18

Café Oasis 季節限定メニューのお知らせ

1~3月の季節限定メニューは“チキン南蛮ランチ”と“ホンビノスパスタ”です。



チキン南蛮ランチ 1,000円(税込) ※ 写真はイメージです

食べ応えのあるチキン南蛮。
キヌアのサラダと一緒にぜひご賞味ください。



ホンビノスパスタ 1,000円(税込) ※ 写真はイメージです

東京湾で採れたホンビノス貝がのった、さっぱりおいしいパスタです。

Café Oasis(カフェオアシス) | 更新日:2020.01.15

第7回WLI(Wetland Link International)アジア会議レポート

昨年の12月5日・6日、台湾で行われたアジア各国の湿地センター関係者が集まるWLI(ウェットランド・リンク・インターナショナル)アジア会議に谷津干潟自然観察センターのスタッフが出席してきました。WLIとは、ラムサール条約が公認する湿地センターを支援する世界規模のネットワークです。
この2日間の会議の内容は、主に各湿地および湿地センターの環境教育プログラムや保全活動の取り組みの紹介などです。発表した湿地は、台湾(關渡自然公園)や韓国(Gochang Tidal Flat・Hwapocheon Wetland)、香港(Maipo)やマレーシア(Kota kinabalu Wetland)、シンガポール(Sungei Buloh)、フィリピン(Pagatpatan)、バングラディシュ(Sundarbans)、スリランカ(Beddagana)、ルクセンブルク(Biodiversum)、アメリカ(湿地センターの重要性)など。そして、日本からは伊豆沼・内沼、谷津干潟でした。
谷津干潟自然観察センターからは、1998年から続けている習志野市と豪州ブリスベン市の湿地交流について報告しました。参加された方々からは20年間も両湿地が交流を重ねていることはとても素晴らしいことだと称賛していただきました。

どの国の湿地も魅力的で行ってみたくなるほど。そして湿地センターの取り組みも独自性があり見習うことがたくさんありました。
シンク グローバル アクト ローカル!アジアの湿地や世界の湿地に視野を広げ、観察センターを魅力ある施設にしていきたいと思いました。









観察センターからのお知らせ | 更新日:2020.01.13

大物ごっくん!

大きなボラを捕まえたカンムリカイツブリ。
この大物を逃すものかという勢いで、わずか1分ほどで飲み込んでしまいました。
一緒に観察していたジュニアレンジャーは「あっという間ですごかった」と話していました。
(写真はジュニアレンジャーが撮影しました)





自然情報 | 更新日:2020.01.12

鏡に映る、ユリカモメ

午後から気温が上がり、風もなくおだやかな谷津干潟。
水面も鏡のようで、泳いでいたユリカモメが鏡を見ているような写真が撮れました。

自然情報 | 更新日:2020.01.11

空を飛ぶ魚

今日はミサゴが干潟で大きな魚を獲りました。
突然のタカの飛来にびっくりしたのか、ハマシギの群れが飛びまわっていました。
わしづかみにされた魚はどんな景色を見たのでしょうか。


自然情報 | 更新日:2020.01.10

ロシアから谷津干潟へ

ロシア・カムチャツカ半島で標識をつけられたハマシギが
観察センターの前浜で確認されました。
右足に黒と黄色の標識がついています。

谷津干潟ブログ | 更新日:2020.01.09

もふもふちゃん

干潟の西側にカンムリカイツブリが泳いでいました。
水の中にはあまり潜らずに、羽を膨らませて寒さをしのいでいるようでした。
ふかふかのダウンが暖かそうですね。

自然情報 | 更新日:2020.01.08

ハマシギ

今日、干潟で調査していたら、すぐ近くまでハマシギが寄ってきました。
忙しなく干潟をくちばしで突っつき、食べ物を探し回っていました。
(Facebookには動画をUPしています。)

自然情報 | 更新日:2020.01.07

あけましておめでとうございます!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

谷津干潟自然観察センターは本日(1/2)より開館しています。
今朝は淡水池でノスリが見られました。

今日に引き続き、明日(1/3)も 「谷津干潟で初もうで2020」 を開催します。
(こちらのブログもご覧ください。)
皆様のお越しをお待ちしております。

観察センターからのお知らせ | 更新日:2020.01.02
ページの先頭へ戻る