シマアジの次は、クロダイ?

谷津干潟を泳ぐクロダイとおぼしき魚。
昨日14時頃に撮影した写真を常連のお客さまに提供していただきました。
先日の16日に、谷津干潟で環境省主催の魚類調査イベントが行われたばかりですが、東京湾とつながる谷津干潟は色々な魚がやってきます!
tai

自然情報 | 更新日:2016.10.19

カモの仲間、シマアジが淡水池に来ました

そう、魚じゃありません。(笑)

よく似たコガモの群れの中に1羽いました。
口ばしが真っ黒でコガモに比べると大ぶりですね。

羽の特徴は、繁殖羽のオスは特徴がはっきりわかるのですが、繁殖羽のエクリプズ(非繁殖羽)のオスやメスは非常に地味で、見分けるのが難しいです。
14725469_1191004077649371_1445735639592467283_n

14713635_1191004074316038_2144111519159440249_n

自然情報 | 更新日:2016.10.19

子どもに大人気!干潟の生きもののおもちゃを作ってます

観察センターボランティアグループ「トイズファクトリー」は館内にある子ども向けのおもちゃを企画制作しています。

今日は館内プログラムでおなじみの「ソロモンの指環」の劇で使用する王様の王冠も新たに作製。
居合わせたボランティアのソロモンメンバーにかぶり心地を試してもらいました。
また、鳥のぬいぐるみや干潟つりぼりの補修など、針でちくちく手仕事をしました。
手作りのおもちゃがたくさんある、館内のキッズコーナーは小さなお子様連れの方ものんびり楽しめます。
ぜひ遊びにいらしてください。
IMG_5393

IMG_5381

IMG_5384

IMG_5388

観察センターからのお知らせ | 更新日:2016.10.18

干潟の生きもの調査を行いました!

寒さが増した10月10日、ジュニアレンジャーリーダー・STEP3による秋の干潟の生きもの調査に中学生リーダー5人をふくめた12人が参加しました。

15分間の表面調査ではカニや貝など18種類の生きもの確認。
掘り返し調査では水のあるところの方が生きものの種類が多い結果となりました。
夏の調査で多かったソトオリガイはひとつも見られず、変わりにミズクラゲが数多く見られ、季節の移り変わりを干潟からも感じることができました。

また、メンバーをまとめる中学生やSTEP3新メンバーを優しくサポートするリーダーの姿がかっこよかったです!
IMG_0436

IMG_0441

DSCN7906

IMG_0454

谷津干潟ジュニアレンジャー | 更新日:2016.10.18

中学生の職場体験の受入れが始まりました!

秋は中学生が職場体験学習で観察センターにくる季節。
今年は習志野市、船橋市合わせて9校の受け入れを予定しています。
センター職員やボランティア、来館者の皆さんとの交流を通して、仕事のやりがいや取り組む姿勢なども学びます。

先日は習志野市立第一中学校の2年生4名が小学生の団体案内や玄関の季節展示作り、淡水池の環境管理に挑戦。
後日、職場体験をきっかけに観察センターの活動に興味を持った2人が、新たにボランティア登録してくれました。元気で頼もしい中学生が仲間入りし嬉しいです!
職場体験1

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

職場体験2

職場体験4

観察センターからのお知らせ | 更新日:2016.10.12

地元の子どもたちの宝になることを目指して!

観察センターは、地元に愛される施設になることを目指しています。昨日は、毎年恒例の地元のお祭りにブース出店しました。
朝は土砂降りの雨でしたが午後からはお天気になり、たくさんの子どもたちにブースに来てもらいました。また宮本泰介習志野市長にも激励をいただきました。
秋津の町の端にある観察センターは、まだまだ地元の方にも遠い場所です。鳥や自然にあまり興味がない方にも、気軽に来て干潟の景観を見ながらのんびりくつろいでもらえたらと思い、館内カフェのドリンク無料券付きのチラシを配布しました。
子どもたちが谷津干潟のある町で育ち、誇りに持てる施設になるようこれからも地元を大切にしていきたいと思います。

IMG_3808

DSC_0069

DSC_0069



IMG_3822
IMG_3815

観察センターからのお知らせ | 更新日:2016.10.10

企業ボランティア×中学生ボランティアで池の草刈り!

今日はメリルリンチ日本証券株式会社の社員の皆さんと、観察センターでの職場体験をきっかけにセンターボランティアになった中学生3名とで淡水池の草刈りを行いました。

胸まである「胴長」スタイルに着替えると、皆さんテンションがグングンと上がり「よし、刈るぞ!」の掛け声。
あいにくの雨の中でしたが、慣れない泥に足をとられながらもお互い声をかけ合いながら作業を進めました。

終了後、作業した場所を観察小屋から眺めると作業前との違いに「すごい!」「がんばった!」と達成感を感じられたようです。
初めて活動に参加した社員の方からは「泥に触れたり、カエルなど生きものを見たり、楽しい!」、中学生からは「外国人の社員の方と接することが普段あまりないので新鮮だった」などの感想がありました。

皆さん、雨の中おつかれ様でした!


IMG_2106_600×450

IMG_2105_600×450

IMG_2107_600×450

IMG_2103_600×450

IMG_2108_600×450

谷津干潟ブログ | 更新日:2016.10.08

谷津干潟自然観察センターはココですよ~!

観察センターの干潟側の塀に施設名の看板を設置しました。センター対岸からも何の施設が建っているのかがわかるようになりました~!

20160930

自然情報 | 更新日:2016.09.30

お待たせしました!館内カフェの双眼鏡


カフェオアシスのモニター双眼鏡を提供していただいている興和光学へ修理に出していた双眼鏡が本日届きました。

早速、窓際のテーブルへ設置してカフェのスタッフもバードウォッチング。双眼鏡はどなたでも無料でお使いいただけます。
今の季節、淡水池では北国から渡ってきたカモの観察を楽しめます!(カフェのみの利用の方は入館無料です)


IMG_52901
 

IMG_52911

観察センターからのお知らせ | 更新日:2016.09.29

淡水池の環境管理に挑戦!


今日は千葉県内のベイエリアで働くイオングループ労働組合の皆さんが社会貢献活動で観察センターに集まり、一緒に活動しました。
淡水池で黄色い花を咲かせたヒレタゴボウ(アメリカミズキンバイ)という外来種駆除やヨシ刈り作業に汗を流しました。

初めての淡水池で慣れない胴長を着て足をとられてしまう場面もありましたが、皆さんお互い声を掛け合い、協力して作業する姿が印象的でした。暑い中での作業、お疲れ様でした(^o^)/

IMG_2076
 

IMG_2069
 

IMG_2074

観察センターからのお知らせ | 更新日:2016.09.29
ページの先頭へ戻る