2012年3月以来ですよ!

久しぶりに来たズグロカモメ。ふわふわとゆったり飛んでいるかと思うと、干潟の泥の上に急降下してヤマトオサガニを採っていました。

アオサが少なくなった谷津干潟はヤマトオサガニの大群が復活していますが、ズグロカモメの飛来は偶然なのでしょうか。



自然情報 | 更新日:2019.12.13

赤い目がチャームポイント!

今朝、干潟の東側水路(谷津川)でハジロカイツブリが泳いでいました。
西側でも確認されており、この頃、目にすることが多くなりました。



自然情報 | 更新日:2019.12.12

貝とりチャンス!

現在谷津干潟の中では、環境省による干潟内の貝殻除去の工事が行われています。
工事車両によって割れた貝を食べにオオバンやスズガモが集まっていました。

普段谷津干潟にスズガモはあまりいないのですが、本日は118羽集まっていました。
気になるのはスズガモの数が徐々に増えてきていることです。
「谷津干潟で貝がたくさん食べられるぞ~」という噂でも流れているのでしょうか?





自然情報 | 更新日:2019.11.30

ふくろう

谷津干潟公園の林の中にフクロウが現れました。枝に止まり、うつらうつらと眠そうにしていました。
黒目がちの優しい表情に癒されました。



自然情報 | 更新日:2019.11.24

変わった色のカモ

観察センターの前浜にヒドリガモが集まっていました。
その集団の中に1羽変わった色をしたヒドリガモの姿が。
アメリカヒドリの特徴である、白っぽい頭をしていますが、後頭部はヒドリガモの特徴である赤茶色です。
どうやらこのカモはヒドリガモとアメリカヒドリが交雑して生まれたカモのようです。

時々カモの仲間は違う種類と繁殖して交雑個体が生まれることがあり、谷津干潟でもこういった個体が見られます。



自然情報 | 更新日:2019.11.23

ミニ・バタフライガーデン その3 〜ウラナミシジミのおしゃれワンポイント!〜

観察センター玄関前に設置したプランターには様々なチョウが訪れます。
“波模様”がトレードマークのウラナミシジミを間近に観察していると、目玉模様のなかにゴールドに光り輝く三日月型のワンポイントを発見!
表側はなかなか見せてもらえないのですが、一瞬、チラリと見えた翅は深い青でとても美しかったです。




自然情報 | 更新日:2019.11.20

キンクロハジロがやってきた

本日観察センターから見える淡水の池にキンクロハジロのメスが飛来していました。
後頭部にある特徴的なちょんまげはオスと比べると控えめです。
本日は池を泳ぎながら採食する様子や、羽づくろいする姿が見られました。


自然情報 | 更新日:2019.11.15

トビハゼ

今日は谷津干潟の魚類調査の日。
秋なのに、暖かかったためかトビハゼが元気に飛んでいました。
(Facebookには動画をUPしました。)

自然情報 | 更新日:2019.11.14

カモ変身中!

北の国から渡ってきたカモたち。徐々に数が増えてきており、毎日色んなカモを観察することができます。
渡ってきたばかりの時から羽の色も徐々に変化をし、きれいな色合いになってきました。
こげ茶色の頭に首から胸にかけて白いオナガガモ、黒く幅広なくちばしに濃い緑の頭が特徴的なハシビロガモ、
橙色の顔に額にクリーム色の線が入ったヒドリガモなど本日だけで7種類のカモを見ることができました。

最近カモたちは淡水の池にたくさん集まります。
淡水の池を座って眺めることができる、カフェオアシスが観察のベストポイントです。
カフェでお茶を飲みながら観察をゆっくりと楽しんでみてはいかがでしょうか。






自然情報 | 更新日:2019.11.09

オシドリ飛来!

干潟西側のヨシ原付近にオシドリのオス5羽が午前中からいます。
旅の途中で疲れているのか、眠そうな表情でした。今日はしばらく休むつもりなのかな。
銀杏羽が生えているのは2羽でしょうか。
淡水池に入ってくれると近くで見られるのですが・・・。


自然情報 | 更新日:2019.11.08
ページの先頭へ戻る