オオコノハズクの羽

2ヶ月前の7月24日(月)に観察センターの近くで拾いました。
いるんだね〜。



img_2363-1

自然情報 | 更新日:2017.09.23

グリーンピースカラー〝アオマツムシ〟

公園内のベンチに、グリーンピースのように鮮やかな緑色の昆虫が一匹。
そっと近づいて見てみるとアオマツムシのメスでした。
普段は樹上にいることが多いので、鳴き声ばかりで姿をあまり見ることがありません。
%e3%82%a2%e3%82%aa%e3%83%9e%e3%83%84%e3%83%a0%e3%82%b7

自然情報 | 更新日:2017.09.20

前浜にチョウゲンボウ!

9月19日(火)、観察センター前の浜にチョウゲンボウがいました。
灰色味がない羽の特徴から、メスの幼鳥でしょうか。


img_6060-1m


img_6051m

自然情報 | 更新日:2017.09.19

今日も出た!アカちゃん、キリちゃん(^O^)/

本日も午後、潮が上がって来て現れました。
キリアイはトウネンの群れに混じって観察センターの前に、アカアシシギは津田沼高校側の杭の列に現れました。

キリアイは先日からお知らせしている通り、脚を負傷しているようで、片脚を引きずって歩いています。この先が心配になります。


img_5988


img_6001

自然情報 | 更新日:2017.09.16

868匹のカニカニカーニバル⁉︎

昨日の夕方、観察センター前の通称「フニフニ池」の周囲にクロベンケイガニの大群が集まって来ました。数えてみると、なんと868匹!
一体、何が始まるの?と思うほど不思議な光景でした。
見た感じでは、ハサミが立派なオスが多く、甲羅の幅が2センチほどの小さなサイズのカニは目立ちませんでした。


img_5944


img_5945



自然情報 | 更新日:2017.09.15

は〜るばる来たぜ、谷津干潟ァ〜♪

オナガガモの群れが14羽。ハシビロガモと一緒にいました。
昨年は9月11日がオナガガモの初認でした。

冬の鳥が渡って来ると、秋を感じますね。


img_5962

自然情報 | 更新日:2017.09.15

トウネン・キリアイ・アカアシシギ

午前中にだんだんと潮が満ちはじめると、観察センターの前のヨシ原の端からアカアシシギがひょっこり姿を見せました。
しばらくはヨシの茂みに隠れるようにいて、なかなか開けたところに来てくれませんでした。
そして、たくさんのトウネンがアカアシシギの周りに集まってきました。その数ざっと34羽。そしてその中にキリアイ1羽。このキリアイはちょっと足を負傷しているようです。
現在16時半過ぎ。今もこの3種は前の浜にいらっしゃいます!
明日も来てくれますように・・・。

img_5942s

img_5906s

img_5251_s

自然情報 | 更新日:2017.09.14

アカアシシギ参上!

今日の朝、東側の観察デッキからアカアシシギが見られました。
しばらく寝ていましたが、起きると伸びをするように羽を伸ばして、歩きはじめました。
アカアシシギの確認は2016年の12月以来です。
%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%82%b7%e3%82%ae%ef%bc%91hp

%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%82%b7%e3%82%ae%ef%bc%92hp

自然情報 | 更新日:2017.09.13

谷津干潟を愛するキアシシギ「C6」

2011年9月5日に谷津干潟で標識フラッグをつけられ、キアシシギ「J2」※と同じく毎年、秋の渡りで7〜9月に谷津干潟に滞在しています。
今年は8月13日に確認されていますので、明日でちょうど1ヶ月滞在したことになります。
標識をつけて今年で6年目。片道1万キロとすると、繁殖地から越冬地まで12万キロの旅を続けていることになるのでしょうか。

いつまでも元気な姿を見せてほしいものです。

※青いフラッグには、アルファベットや数字を組み合わせた刻印があり、望遠鏡で読み取ることができます。


img_5786

自然情報 | 更新日:2017.09.12

カワウ大接近!

観察センターの目の前の芝生でカワウの若鳥がリラックスしている様子が見られました。
普段はここまで近くにやってくることはないのですが、若いうちは怖いもの知らずなのでしょうか。
羽づくろいをしたり、あくびをしたりとのびのびとした姿を観察することができました。
img_4818
img_4870
img_4885

自然情報 | 更新日:2017.09.08
ページの先頭へ戻る