カルガモ”FW”が約4か月ぶりにもどってきた!

本日くちばしに緑色でFWと記された標識をつけたカルガモを発見。
実はこのカルガモ、昨年の11月にも谷津干潟に飛来し、ロシア国境に近い中国のシンカイ湖で標識をつけた個体です。

約4か月ぶりの再会。カップルになっている!?
どこで冬越ししていたの?これから中国に渡って子育てするの?動向が気になります。
写真はジュニアレンジャーが提供してくれました。
karugamofw0329

自然情報 | 更新日:2018.03.29

アカエイ

最近、アカエイをよく見かけるようになりました。
体盤幅(体の幅)が約90cmにもなるエイで、
尾に毒棘があるので刺されないように注意が必要です。
春から夏に浅い砂泥底で出産します。
出産のために東京湾から谷津干潟に入ってきているのですかね。

自然情報 | 更新日:2018.03.29

お似合いのカップル♡

観察センターの横の淡水池のふちの、
いかにも巣を作りそうなところにコチドリが。
もし見かけたら、そっとしてあげてくださいね。

img_0707

img_0704

img_0701

自然情報 | 更新日:2018.03.28

桜、満開。

今朝の様子です。さあ、舞台は整いました(笑)


img_0697

img_0695

img_0694

自然情報 | 更新日:2018.03.28

木遁の術を操るタシギ

淡水池の観察壁の窓のすぐ先にいるのですが、動かなければ気づきません。
巧みですね〜。

※撮影は3月24日(土)です。

img_0622

img_0627




自然情報 | 更新日:2018.03.27

コチドリ&カメ

こちら習志野市
谷津干潟公園前
谷津干潟自然観察センター

谷津干潟版コチカメですね。

%e3%81%93%e3%81%a1%e3%81%8b%e3%82%81

自然情報 | 更新日:2018.03.27

エリマキシギ再び現る!

昨日の夕方頃、干潟に飛来するハマシギを観察していたところ、
一緒に見ていた小学生が「エリマキシギいる!!」と大騒ぎ。
彼に言われた方向を見てみると、ハマシギに混ざる大きなシギの姿がありました。

ハマシギの群れとエリマキシギは観察センターの対岸に着陸しました。
「むこうに行ってくる!!」とシギ達の所へ急いで向かった小学生。
写真はそんな彼が激写したものです。

ハマシギとの大きさの違いがよく分かります。
img_3498
img_3497

自然情報 | 更新日:2018.03.24

わずか5ミリほどのちいさな花

谷津干潟公園に白や青色の小さな野花が咲いてきました。
腰を下ろしてよく見ると、花びらが4枚の花5枚の花だったり、形がまるっぽいものや二つに割れているものなど特徴も様々です。アリが花の中に潜んでいるのも見つけました。もしかしたら蜜を吸いにきていたのかもしれませんね。

フラサバソウ
img_9986-s

オランダミミナグサ
img_0055-s

ナズナ
img_0058-s

アリとフラサバソウ
img_0065-s

自然情報 | 更新日:2018.03.23

鮮やかなアオサギ

淡水池にいたアオサギ。
体の色が婚姻色になっていて、くちばしから目元にかけての
グラデーションがとても鮮やかでした。

素敵すぎですね。惚れてまうやろ~。
20180322

自然情報 | 更新日:2018.03.22

春分の日 エリマキシギが来ました

気温4℃。

本日は雪が降ったところもあったようですが、谷津干潟がある千葉県習志野市では冷たい雨が降りました。

ハマシギ の群れの中にエリマキシギが1羽。今シーズン初の旅鳥の飛来です。

まだまだ、寒いですが、春は近づいています!

img_0620-1

自然情報 | 更新日:2018.03.21
ページの先頭へ戻る