レンジャー力だめし!

淡水池にはった氷を使って、女性レンジャー2名が力だめしをしました。
氷の厚さはおよそ3㎝。馬渡レンジャーは正拳突きで叩き割り、
続いて星野レンジャーは見事なかかと落としがきまりました!
力だめしの結果は見事、レンジャーの勝利となりました。
次はもっと厚い氷に挑戦!こうご期待(^O^)

今しかできない冬ならではの楽しみで寒い冬を満喫しましょう!

img_2264
img_2265
img_2268
img_2269

自然情報 | 更新日:2018.01.26

森のエンジェル

公園内の遊歩道でエンジェル(エナガ)の群れに遭遇しました。
あまりのかわいさに昇天してしまいそうでした(^o^)
20180125

自然情報 | 更新日:2018.01.25

アオジ

谷津干潟の遊歩道を歩いていたらアオジがすぐそばまでやって来ました。
通行者を気にせず、ちょこちょこ飛び跳ねながら植物の種子を食べていました。



自然情報 | 更新日:2018.01.24

雪景色

おはようございます。
4年ぶりの大雪となった関東地方。谷津干潟公園が銀世界になりました!
真っ白な雪が朝日に照らされてキラキラしています。

img_9515s

img_9512s




自然情報 | 更新日:2018.01.23

ユリカモメ、冬の空を舞う

遊歩道から観察していると、突然数十羽のユリカモメが空高く飛びあがりました。
すると目の前をハヤブサが猛スピードで通過していきました。
冬鳥のユリカモメは今シーズン多い日で50羽程飛来しています。
冬の澄んだ空が似合いますね。
img_0067a

自然情報 | 更新日:2018.01.20

クイナ発見!

今朝、淡水池でクイナが見つかりました。
ヨシ原の中から出てくることは少ないのですが、最近実施した草刈りの効果でしょうか。
クイナは出会えるとラッキーな気分になれますね。
dscn0769

自然情報 | 更新日:2018.01.18

夕日に染まる谷津干潟

今日はあいにくの雨ですが、昨日は夕日が綺麗でした。
風もなく、水面に夕焼けが映っていました。
カモも気持ちよさそうに泳いでいます。

自然情報 | 更新日:2018.01.17

層になった氷

観察センター前の通称”ふにふに池”に約4㎝ほどの厚さの氷が張りました。手に取るって見てみると3層になっており、寒くなって凍り付いたり寒さが緩んで少し解けたりを繰り返し縞模様になったのだと思いました。
普段はプランクトンや藻などで濁ることもある池ですが、意外にも透き通っていたことに新たな発見がありました。

img_4120_s

img_4123_s

自然情報 | 更新日:2018.01.16

氷が張っても草刈りしてます!

昨日はセンターのボランティア、市内の企業アシザワ・ファインテックさんと一緒に草刈りを行いました。
場所は淡水池でしたが本日の最低気温がマイナス2度ということもあり、池には氷が張っていました。
氷の厚さはおよそ1㎝で割った氷を持ってみるとずっしりと重かったです。

そんな凍えそうな場所での草刈りでしたが、お天気もよく風も穏やかだったので作業中は汗をぬぐう様子もありました。
草刈りを終えるとオオバンやハクセキレイをはじめ多くの鳥が淡水池に集まり、刈った草の隙間から出てきた虫や魚などを食べていました。

企業の方も鳥たちが池に集まってくる様子を見て、「早速来てくれてる~」と草刈りの達成感を感じてくれたようです。
冬は寒い外の作業ですが池の氷をつかんだり、鳥を間近に眺めたりできて今の季節ならではの楽しさもあるなぁと感じました。
img_4087
img_4089
img_4090

自然情報 | 更新日:2018.01.14

5,840kmの彼方から、「コンニチワ!」

「ボクハ イマ オーストラリア・ケアンズ ノキタ 13キロホド ハナレタ ヨーキーズ・ノブ トイウ トコロ ノ シッチ ニ イマス コチラハ トテモ アタタカク タベモノガ オイシクテ タノシク スゴシテ イマス・・・」

2017年9月18日に環境省・山階鳥類研究所が谷津干潟で行った標識調査で、刻印入り青フラッグ(小さな旗)と白フラッグ(三角)を付けられたスズメ大の小さなシギの仲間、トウネン「H06」が谷津干潟のほぼ真南の5,840km離れたオーストラリア・ケアンズ北部のYorkeys Knobという町の湿地で2017年12月18日に確認されたというニュースが届きました。

山階鳥研の方によると、9月に谷津干潟で捕獲されたときは体重が30gほどだったそうです。谷津干潟でどれほど脂肪を蓄えたのかわかりませんが、谷津干潟を旅立った後もおそらく数カ所の干潟を経由し、たどり着いたのでしょう。
それにしても、小さな体でオーストラリアまで飛んで行くなんてすごい。旅の途中でどんなドラマがあったのでしょうか・・・。

※写真は、山階鳥類研究所を通じて、現地で撮影されたTony Neilsonさんから提供いただきました。ありがとうございました。


red-necked-stint-flagsi-ctn

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-01-13-16-04-53

自然情報 | 更新日:2018.01.13
ページの先頭へ戻る