トウネン-仲良きことは美しきかな

満潮になると、トウネンの幼鳥たちが観察センターの前に集まります。

仲良く並んだり、大きなアオサギを避けてちょこまか走ったり。人の子供と同じでとってもラブリー

生まれて初めての大冒険。元気に南の国に渡ってね!


img_6886-1


img_6932

自然情報 | 更新日:2017.10.26

青空を切り裂く黒い鎌!

朝8時、観察センターの上空高く、超高速で旋回しながら飛び回るアマツバメが7羽ほどいました。わずか10分ほどの遭遇でした。
これから南方の東南アジアに渡る途中だったのでしょう。
普段見ない鳥との出会いに感動しました。


img_6875-1

自然情報 | 更新日:2017.10.26

走る~走る~おれ~た~ち~♪

本日お昼頃、数羽のシギがセンター前の浜にやってきました。
一生懸命砂地をつつくハマシギの群れの中に慌ただしく走る鳥がいました。
前を走るのはヨーロッパトウネン、その後ろからはトウネンでした。
2羽とも細い足を猛スピードで行ったり来たりしていました。
雨が降っていても鳥たちの行動は変わらないようですね。
img_6888-1

自然情報 | 更新日:2017.10.25

葉っぱのすきまから見ているのはだぁれ?

葉っぱのすきまから見ているのはだれでしょう?

①ツグミ
②シロハラ
③ムクドリ


正解は…②シロハラでした。

いつの間にか来ていたんですね~。
冬の間見られますので、ぜひ探してみて下さい。
20171021

自然情報 | 更新日:2017.10.21

みんなでつくったよ(^o^)

観察センターでは、季節の自然素材や生きものをテーマにした、
工作&遊び「つくろう&あそぼうコーナー」を毎日ご用意しております。
10・11・12月のテーマは、どんぐりおもちゃ、おちばスタンプ、小枝とおち葉のモビールです。

今日は雨模様のなか、来館してくれた子供たちが楽しそうに、
小枝とおち葉のモビールを作っていました。

子供たちの自由な発想の作品はとっても素敵ですね!

雨のなかでも、館内からは観察や工作が楽しめます。
ぜひみなさん遊びにきてね~。
20171020

自然情報 | 更新日:2017.10.20

谷津干潟でデート?!

マガモのカップルが仲睦まじく泳いでいました♡
オスはきれいな羽模様に生え変わっていて、カップルだと一目でわかりました。

写真はボランティアのGさんから提供していただきました。
dscn7107a

自然情報 | 更新日:2017.10.18

市民参加型の干潟の調査「スコップ82」

10月15日(日)に「スコップ82~みんなで調べよう干潟の生きもの~」を実施しました。
実はこのイベントは6月25日(日)に実施するはずでしたが、雨天の為中止されたものです。
今回はリベンジを兼ねての実施でしたが、なんとこの日も雨。しかし、そんな雨の中でも参加者は多く集まってくれました。

今回生きものを調べるにあたって講師として来てくれたのは東京湾の干潟の生きものを研究して40年の東邦大学名誉教授、風呂田利夫先生。スコップという市民調査を5年以上多摩川河口干潟でやり続けており、谷津干潟では初の実施となります。

グループごとに分かれて、各自が決められた場所を掘って生きものを調べる調査と、
自分の目で生きものを探して捕まえるといった調査が行われました。
雨の中で砂を掘ったり、生きものを捕まえることは大変そうでしたが、参加者は笑顔で楽しそうに活動をしていました。

観察センターに戻り、各自が土を掘って捕まえた生きものはどんな種類なのかを調べました。
結果としては貝がらが多く、あまり生きものを見つけることができませんでしたが、
甲らの幅が5センチ以上のカニを捕まえている参加者もいました。

結果を通して風呂田先生からは「干潟にいる生きものの多くはプランクトンで生まれて、海の流れに乗って色んな干潟にやってきます。
なので今日谷津干潟で生きものが少なかったとしても、干潟の状態が良くなったらまた生きものが増えてくるでしょう」
という話がありました。

常に変化し続ける谷津干潟の環境を継続して知っていくために、
これからもスコップ82を色んな方々と一緒に実施し続けていきたいと思います。
img_1986
img_2019
img_3678
img_2027
img_6606

自然情報 | 更新日:2017.10.17

オバシギが12羽、飛来!

本日はあいにくの雨の日でしたが、オバシギ12羽の他にダイゼン、メダイチドリ、ハマシギ、トウネンなど合わせて300羽以上、オナガガモ、ヒドリガモなど200羽以上集まり、今シーズンで最も賑やかな一日となりました。

img_6624

自然情報 | 更新日:2017.10.15

干潟でたたずむハヤブサ

いつもは狩りで飛翔する姿ばかりなのに、
今日は珍しく干潟の流木の上でじっとたたずんでいました。
そんなときもあるんですね。


img_6569

自然情報 | 更新日:2017.10.14

ドキドキ!わくわく!消しゴム版画づくり

今日は版画家の長島充さんを講師にお迎えし、消しゴム版画のワークショップを開催しました。
長島さんから彫り方やインクのつけ方のコツなどを教わりながら、大人も子どもも夢中になってヘラや彫刻刀を使って干潟の鳥などを彫っていきます。できた消しゴム版画を押して、見る時のワクワク感!色々なインクでの表現も楽しんでいました。

参加した方からは
「またやりたいと思えるくらい熱中することができました」
「今度はカニもつくってみたい。楽しかった!」
「ドキドキハラハラした」などの感想がありました。

最後に皆さんの作品をポスターに押してもらいました。
10月31日まで開催中の「長島充野鳥版画展」会場内にて展示していますのでご覧ください!
img_9337a

img_9318a

img_9332a

img_9346a

自然情報 | 更新日:2017.10.09
ページの先頭へ戻る