熊本県・荒尾干潟で講演しました

10月21日(土)、熊本県の荒尾市で荒尾干潟のラムサール条約登録5周年記念イベントが開催され、観察センターの芝原副所長が人材育成の取り組みを紹介しました。
出演者は他に、地元の清里小学校・荒尾干潟ジュニアレンジャー・岱志高校生理科部の皆さん、有明海塾の小宮春平さん、ラムサールセンターの武者孝幸さん。

発表では、清里小学校の皆さんの「ふるさとの海」を守りたいというメッセージ、岱志高校理科部の皆さんが荒尾干潟の調査で125種の生物を確認していること、若い小宮さんの有明海の自然や生きものにかける情熱、ラムサールセンターの武者さんから、お話の中で谷津干潟自然観察センターは「No. 1の湿地センター」とのお言葉をいただいたこと、干潟を地域活性化のためにどう活用するか、というお話が印象的でした。

荒尾干潟は、海苔やアサリの漁が盛んで、荒尾漁業組合長の矢野浩治さんが荒尾干潟保全・賢明利活用協議会の会長をお務めになり、条約に登録された干潟で採れる海苔を「荒尾海苔」としてブランド化しています。また、ここは砂干潟でとても親しみやすく、毛筆でアナジャコを釣る「まじゃく釣り」がレクリエーションとして地元の人たちに親しまれています。

ラムサール条約の目的、ワイズユースの実践で谷津干潟が荒尾干潟から学ぶところが多くあります。同じ干潟の登録地ということで、今後も交流して、互いに切磋琢磨できたら良いなと感じました。
今回、お招きくださった荒尾干潟の関係者の皆様に改めてお礼を申し上げます。


dsc_3849-1280x853-1

img_0606

img_6756       開会の挨拶に立つ荒尾市の浅田俊彦市長

img_6750       ラムサール条約に登録された荒尾干潟で採れる「荒尾海苔」

img_0616       海苔とアサリ漁が盛んな荒尾干潟。砂干潟で歩けるため、親しみやすい干潟です。

観察センターからのお知らせ | 更新日:2017.10.21

地元の図書館や商店街と連携し、谷津の街や谷津干潟の魅力を伝える!

今日は谷津図書館とコラボ企画「秋の谷津さんぽと干潟観察」でレンジャーが案内人となり、
図書館から観察センターまで約3キロのコースを歩きました。
途中で谷津駅や商店街に立ち寄り、昔の写真と今を見比べて「ここまで海だったんだ!」、「昔は浮き輪が売ってる」と驚く子どもたち。
世界の雑貨ゼフィロスの松田さんから遊路商店街のお話を聞き、あかね家さんではやっぴーどら焼きをごちそうになりました。
お楽しみの干潟観察ではカモやカワウ、サギをはじめ魚やカニなどを見つけ観察を楽しみました。

参加した方からは
「谷津干潟にこんなにたくさん鳥がいると思わなかった」
「今度は干潟に入って生きもの観察してみたい」
「どら焼きが美味しかった!」などの感想がありました。
img_3618

img_3620

img_3631

22221500_1665378970151947_6213253606248416564_n

観察センターからのお知らせ | 更新日:2017.10.07

いよいよ始まる!消しゴム版画ワークショップ

10月9日、画家・版画家の長島充さんを講師にお迎えし、消しゴム版画を作ります。
お好きな鳥や花などを描いて彫ってもよし、長島さんのイラストもご用意しています。
版とそれを押したハガキ2枚をお持ち帰りいただけます。
来年の年賀状に押すのもオススメ!

現在、開催中「長島充 野鳥版画展~日本の野鳥in谷津干潟」の会場前で行います。
事前予約制ですので、お早めにお申し込みください。

●日にち 10月9日(月・祝)
●時 間 ①10時~12時 ②13時30分~15時30分
●定 員 各回25名
●対 象 小学生以上(小学2年生以下は保護者同伴)
●参加費 1人800円+入館料
●事前申込み 観察センター窓口または電話047(454)8416
%e6%b6%88%e3%81%97%e3%82%b4%e3%83%a0%e7%89%88%e7%94%bba

hp%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%86%99%e7%9c%9fa

観察センターからのお知らせ | 更新日:2017.10.07

職場体験来てます!

今習志野市立第一中学校の2年生が、観察センターに職場体験に来ています。
今日はセンターのボランティアと共に、船橋市の小学校の観察のサポートで望遠鏡や双眼鏡を使って、
子ども達にカニや鳥の案内をしました。

終了後のふりかえりでは「子ども達と一緒に観察を楽しめた」「子ども達が色々聞いてくれて良かった」
「双眼鏡や望遠鏡の使い方を教えてもらったので、子ども達にも案内がしやすかった」などの感想がありました。

あるボランティアから「自分たちが小学生の時に谷津干潟に来た時を思い出して、感じたことはありますか?」との質問に対し、
「レンジャーの質問にもしっかり答えててすごいなと思った」「自分が来た時よりも積極的だった」と
かつて案内を受けた自分たちの様子を振り返るきっかけにもなったようでした。

明日の活動もがんばってね!
img_5681
img_5685
img_5689

観察センターからのお知らせ | 更新日:2017.09.28

仮面レンジャー参上!

明日24日は、「親子で楽しむ!ばたばたバッタ探し」を開催します。

10時・11時・13時・14時に、観察センターのレンジャーがバッタランドに案内をして
公園内にすむいろいろなバッタを探します。

参加してくれた方は、観察センターオリジナルのバッタのお面がつくれます。

これまでに約10種のバッタが見つかっています。
さて今回は何種類のバッタがみつかるでしょうか?

みんなで秋の谷津干潟公園の自然を楽しみましょう。

受付時間:10時~14時随時(レンジャーの案内は10時、11時、13時、14時)
参加費 :入館料のみ
持ち物 :おもちであれば、虫網(販売もあります)、カゴ

%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%bf

観察センターからのお知らせ | 更新日:2017.09.23

ミニトマトとシソの収穫

谷津干潟のアオサを肥料にしてヒマワリなどの花や野菜、ハーブを育てています。
今朝はミニトマトとシソを収穫しました。
ミニトマトはCafé Oasisをご利用いただいた方に本日、試食していただきました!

観察センターからのお知らせ | 更新日:2017.09.22

観察センターボランティア活動のホームページが展示になった!

今日からパネル展示「ホームページから見るボランティア活動」がスタートしました。
作成したのはボランティアの活動ページをを行うホームページグループの皆さん。センターのボランティア活動を知ってもらい、一緒に活動する仲間をつくりたいとう思いで作成しています。
この展示かボランティアページを見て、興味ある活動があればやってみませんか。ボランティア登録は随時できます!

img_7870

img_7879

観察センターからのお知らせ | 更新日:2017.09.21

ゴミ拾いがんばったぞ!!

本日は「えっさ!ほいさ!ゴミ拾い」が行われました。
谷津干潟ジュニアレンジャー、谷津干潟ユース、ボランティア、近隣にお住まいの方が集まりました。
また今回は、東京都葛飾区にある水元公園で活動している水元カワセミキッズボランティアやご家族、
ボランティアのみなさん合わせて総勢約70名が参加。

ゴミ拾いの場所は観察センターの前浜と、対岸のバラ園のそばの前浜で行いました。
台風の翌日で、ゴミがたくさん干潟に打ちあがっているかと思いきや、
意外と少なめで小さくなったビニールやペットボトルのキャップなどが目立ちました。
中には釣竿や、魚を捕るための槍のような漁具や自転車の空気入れも見つかり、ふりかえりではどよめきが起きていました。

参加者からは「慣れてくると小さいゴミが見えてきた」「意外とゴミが少ないなと思ったけど、ペットボトルのキャップがいっぱいあった」「ゴミ拾い楽しかった」といった感想が出ていました。

次回の「えっさ!ほいさ!ゴミ拾い」は2018年2月18日(日)です。
みなさんのご参加をお待ちしております!
img_1878
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
img_1872
img_6037

観察センターからのお知らせ | 更新日:2017.09.18

学会で谷津干潟ユースが発表

9月9日、東京農工大学府中キャンパスで開催された日本湿地学会2017度大会で、谷津干潟ユース(谷津干潟の保全を目的に活動する高校生・大学生)が口頭発表しました。
発表内容は主に自分たちの活動紹介。谷津干潟の日のイベント企画運営や環境省主催で行う谷津干潟保全事業のサポート、そして自主企画で行うホンビノスガイの基礎調査の進捗などです。
今回の一番の成果は、この発表資料を作成する過程で、谷津干潟ユースの強みや活動の意義を確認し合い、仲間とのチームワークが強まったことです。湿地学会関係者の皆さまには発表の機会をいただき、ありがとうございました。

谷津干潟ユースの次回の活動は10月15日(日)。ホンビノスガイの生息調査を行う予定です。興味ある学生の皆さんは、観察センターまでお問い合わせください。電話047-454-8416

img_7846

img_7847

img_7844

img_7845

観察センターからのお知らせ | 更新日:2017.09.18

「長島充 野鳥版画展 日本の野鳥in谷津干潟」開催中!!

画家・版画家でバーダーでもある長島充さんが、谷津干潟の野鳥や今まで出会った
日本の野鳥たちの姿を様々な技法を駆使し生き生きと表現した、野鳥版画45点を展示しています。

今回の展示の目玉は大迫力の大型版画6作品。
会期中、長島充さんや奥様のヒロコさんと会場で交流できる日もあります。
作品の誕生秘話が聞けるかも!

●展示期間 9月17日(日)~10月31日(火)※展示の観覧は入館料が必要です。

●長島さんご夫妻が会場に来られる日
充さん:9月23日(土)、27日(水)、10月8日(日)、9日(祝・月)、28日(土) 
ヒロコさん:9月24日(日)、27日(水)、10月8日(日)、9日(祝・月)、29日(日)、31日(火)
※時間:13:00~17:00(9/27は10:00~13:00、10/9は1日)

●10月9日(祝・月)には消しゴム版画ワークショップを開催!(事前予約制)
また、グッズや版画作品販売も行っています。
皆さまのご来館お待ちしております。
img_1843a

img_1829a

img_1831a

img_1852a

観察センターからのお知らせ | 更新日:2017.09.17
ページの先頭へ戻る