Cafe Oasis 11月限定メニューのお知らせ

今月はおでんと炊き込みご飯セット(700円)



かつおだしの効いた人気7品のおでん種と
鶏肉の凝縮された旨みと、シャキシャキのごぼうが美味しい鶏ごぼうめし! 
 
11月の淡水池は飛ぶ宝石と言われる“カワセミ”がかなりの確率で観察できます。
お食事しながら北国より渡って来たカモの仲間も数多くご覧いただけると思います。
温かいカフェのおでんを食べながら、心もほっこりさせて下さい。
皆様のご来店をお待ちしています。

Café Oasis(カフェオアシス) | 更新日:2017.11.01

スライドトーク「ラムサール条約登録湿地 茨城県の涸沼の魅力」参加申込み受付中!!

涸沼(ひぬま)はヒヌマイトトンボや渡り鳥のスズガモ、希少種のオオワシなどが生息する関東で唯一の汽水湖です。
スライドトークでは涸沼の美しい風景や野鳥を写真で紹介していただきます。
事前申し込みをされた方は入館料無料+涸沼オリジナルステンレスボトル・ピンバッチプレゼント!
皆さまのご参加をお待ちしております。

■日 時 11月5日(日)①11:00~11:30 ②13:30~14:00
■定 員 各回50名
■講 師 清水道雄氏(いこいの村涸沼インフォメーションプラザスタッフ)
■対 象 どなたでも
■参加費 入館料のみ(※事前申し込みされた方は入館料無料+涸沼オリジナルグッズ付き)
■協 力 涸沼ラムサール条約推進協議会
※館内レクチャールームにて写真展開催中!
1105%e6%b6%b8%e6%b2%bc

観察センターからのお知らせ | 更新日:2017.11.01

タシギ現る!

夕方16時過ぎ、観察センター前の浜で今シーズン初めてタシギを確認しました。
毎年、谷津干潟で冬越しするタシギは昨年より3日遅い飛来です。
img_9492

自然情報 | 更新日:2017.10.31

新婚旅行中? オシドリのWカップル登場!

2番(つがい)のオシドリが谷津干潟に来ました。
強風が吹き荒れた昨日の旅でお疲れのよう。目を閉じて休んでいました。
タカの仲間のミサゴが上空を飛ぶと、慌てて飛んでいました。


img_7008


img_0865

自然情報 | 更新日:2017.10.31

新たなボランティアが仲間入り!!

5月から5回シリーズで始まった第28期ボランティア入門講座。10月22日に行われた最終回のテーマは「お客さんの案内をしよう」です。

最初にレンジャーから個別案内の重要性や心がまえなどのレクチャーを受けた後、いざ案内挑戦!
台風の影響でお客さんが少なかったものの案内を体験した受講生からは
「身近にいるサギの案内ができた」
「お客さんから撮った写真を見せてもらった」といった感想がありました。

講座の最後にひとりひとり今後のボランティア活動にむけて宣言。
「案内ができるように、谷津干潟に足しげく通いたい。コミュニケーション力を高めたい!」
「子どもや将来、親になる若い世代に伝えたい」
「インスタグラムなどで都心で働く同世代に向けて谷津干潟の魅力発信したい!」

講座を通して育まれた、皆さんの谷津干潟への想いを大切にして、今後のボランティア活動をサポートしたいと思います。
%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e2%91%a0

img_9368

img_6666

img_6687

観察センターからのお知らせ | 更新日:2017.10.27

トウネン-仲良きことは美しきかな

満潮になると、トウネンの幼鳥たちが観察センターの前に集まります。

仲良く並んだり、大きなアオサギを避けてちょこまか走ったり。人の子供と同じでとってもラブリー

生まれて初めての大冒険。元気に南の国に渡ってね!


img_6886-1


img_6932

自然情報 | 更新日:2017.10.26

青空を切り裂く黒い鎌!

朝8時、観察センターの上空高く、超高速で旋回しながら飛び回るアマツバメが7羽ほどいました。わずか10分ほどの遭遇でした。
これから南方の東南アジアに渡る途中だったのでしょう。
普段見ない鳥との出会いに感動しました。


img_6875-1

自然情報 | 更新日:2017.10.26

走る~走る~おれ~た~ち~♪

本日お昼頃、数羽のシギがセンター前の浜にやってきました。
一生懸命砂地をつつくハマシギの群れの中に慌ただしく走る鳥がいました。
前を走るのはヨーロッパトウネン、その後ろからはトウネンでした。
2羽とも細い足を猛スピードで行ったり来たりしていました。
雨が降っていても鳥たちの行動は変わらないようですね。
img_6888-1

自然情報 | 更新日:2017.10.25

小枝や木の実で楽しもう!

恒例となりました親子で楽しむ!シリーズ第3弾は「親子で楽しむ!小枝&木の実あそび」です。
谷津干潟公園内にある小枝や木の実を使って遊びや工作を楽しむポイントラリーとなっており、
小枝を投げて距離競ったり、制限時間内にどんぐりをたくさん釣ったり、
どんぐりコマを何秒回していられるかに挑戦してもらったりなど、子どもも大人も楽しめること間違いなしです!

■日時:10月28日(土)10:00~14:00の間
■対象:どなたでも
■参加費:入館料のみ(中学生以下は無料)
※雨天の場合でも、観察センター内で行いますのでご安心を。

目指せポイントラリー1位!みんなの挑戦を待っています!
%e3%81%a9%e3%82%93%e3%81%90%e3%82%8a%e3%81%94%e3%81%be
%e5%b0%8f%e6%9e%9d%e3%81%ae%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b9
%e3%81%a9%e3%82%93%e3%81%90%e3%82%8a%e3%81%a4%e3%82%8a
%e3%81%bd%e3%81%84%e3%82%93%e3%81%a8

観察センターからのお知らせ | 更新日:2017.10.25

環境省主催イベント「ホンビノスを採って知って谷津干潟」の参加者を募集中!

ホンビノスガイを知っていますか?
北米原産の外来の二枚貝です(本場のクラムチャウダーはこの貝が美味しい具になります)。
実は谷津干潟でこの貝の貝殻が水路にたまって水の流れを悪くしています。
今回のイベントは、みなさんとこの貝の生息状況を掘り出して確認し、谷津干潟の保全について考えます。

●日 時:2017年11月4日(土)9時30分~12時30分
●定 員:50名
●対 象:小学4年生以上(小学生は保護者同伴)
●少雨決行
●集 合:谷津干潟自然観察センター前広場
●参加費:無料
●特別講師:国立環境研究所 矢部徹主任研究員
●申込先:いであ(株)小蕎(こそば)、川口
  電 話:045−593−7603
  メール:kwg20305@ideacon.co.jp(@は半角に変換してください) 
※このイベントは2017年谷津干潟保全事業 谷津干潟サポーター活動として開催されます。受付窓口は観察センターでないので、ご注意ください。詳細はチラシをご覧ください。



20171104honbinosu

観察センターからのお知らせ | 更新日:2017.10.24
ページの先頭へ戻る