企業ボランティア×中学生ボランティアで池の草刈り!

今日はメリルリンチ日本証券株式会社の社員の皆さんと、観察センターでの職場体験をきっかけにセンターボランティアになった中学生3名とで淡水池の草刈りを行いました。

胸まである「胴長」スタイルに着替えると、皆さんテンションがグングンと上がり「よし、刈るぞ!」の掛け声。
あいにくの雨の中でしたが、慣れない泥に足をとられながらもお互い声をかけ合いながら作業を進めました。

終了後、作業した場所を観察小屋から眺めると作業前との違いに「すごい!」「がんばった!」と達成感を感じられたようです。
初めて活動に参加した社員の方からは「泥に触れたり、カエルなど生きものを見たり、楽しい!」、中学生からは「外国人の社員の方と接することが普段あまりないので新鮮だった」などの感想がありました。

皆さん、雨の中おつかれ様でした!


IMG_2106_600×450

IMG_2105_600×450

IMG_2107_600×450

IMG_2103_600×450

IMG_2108_600×450

谷津干潟ブログ | 更新日:2016.10.08

谷津干潟自然観察センターはココですよ~!

観察センターの干潟側の塀に施設名の看板を設置しました。センター対岸からも何の施設が建っているのかがわかるようになりました~!

20160930

自然情報 | 更新日:2016.09.30

お待たせしました!館内カフェの双眼鏡


カフェオアシスのモニター双眼鏡を提供していただいている興和光学へ修理に出していた双眼鏡が本日届きました。

早速、窓際のテーブルへ設置してカフェのスタッフもバードウォッチング。双眼鏡はどなたでも無料でお使いいただけます。
今の季節、淡水池では北国から渡ってきたカモの観察を楽しめます!(カフェのみの利用の方は入館無料です)


IMG_52901
 

IMG_52911

観察センターからのお知らせ | 更新日:2016.09.29

淡水池の環境管理に挑戦!


今日は千葉県内のベイエリアで働くイオングループ労働組合の皆さんが社会貢献活動で観察センターに集まり、一緒に活動しました。
淡水池で黄色い花を咲かせたヒレタゴボウ(アメリカミズキンバイ)という外来種駆除やヨシ刈り作業に汗を流しました。

初めての淡水池で慣れない胴長を着て足をとられてしまう場面もありましたが、皆さんお互い声を掛け合い、協力して作業する姿が印象的でした。暑い中での作業、お疲れ様でした(^o^)/

IMG_2076
 

IMG_2069
 

IMG_2074

観察センターからのお知らせ | 更新日:2016.09.29

えっさ!ほいさ!みんなで干潟のごみ拾いをしました!


9月25日、秋晴れの谷津干潟に親子やご夫婦、地元津田沼高校生や千葉工業大学、イオンチアーズクラブ津田沼、習志野稲門会、東京湾岸ぐるっとクラブ、谷津干潟ジュニアレンジャー、観察センターボランティアなど、総勢約100名が集結。

夏の台風の影響でたくさんのごみや流木が漂着したバラ園前浜で、お菓子の袋などのビニールや大きなカゴ、漁具などゴミ袋20袋分を集めました。

作業の後、
「気持ちのよい汗をかいた!」
「泥に足がはまって長靴がぬげそうになった」
「ビニール袋のゴミが多かった」
などの感想がありました。
次回は2月の世界湿地の日まつりに合わせて開催予定です。

IMG_3649
 

IMG_0367 IMG_2033

観察センターからのお知らせ | 更新日:2016.09.29

ウナギいます!

10月15日(土)まで、期間限定でウナギの水槽展示はじめました!
観察センター前の通称ふにふに池の魚類調査で採集されたものです。
ウナギの顔、じっくりとみられますよ~!IMG_3138
 

IMG_3190

自然情報 | 更新日:2016.09.29

谷津干潟の生きもの調査を実施しました!

8月16日に干潟の生きもの調査を行いました。
干潟を移動するのは足をとられて大変ですが、みんな上手に一歩一歩進んで行きます。
調査を行うのは谷津干潟の東側にある「あひる島」です。

今回は生きものを土の表面と土の中に分けて探しました。
土の表面の調査では歩く生きものや、石の隙間にいる生きものを一人一人が歩いて探しました。
続いて土の中の調査では「水がない場所」と「水の中にある場所」の2つに分けて土を掘り、
ザルのような道具「ふるい」を使って泥を洗い流し、生きものを集めました。

昼食の後は集めた生きものの種類調べです。
どんな生きものが見つかったのか、記録にとりました。

「土の表面の方が生きものが多かったね」
「水の中の場所の方が水がない場所よりも生きものが多いよ」
「ホソウミニナが一番多く見つかってるね」

生きもの調査を通して気がついたことをわかちあいました。

1
2
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

谷津干潟ジュニアレンジャー | 更新日:2016.09.28

ひがたぬき!

今朝、常連のお客さまから「干潟にタヌキがいた!」と情報と写真提供していただきました。
ヨシ原の中から出てきたタヌキは海水を飲んで、ゆっくり歩いて戻っていったそうです。
谷津干潟では、タヌキを2011年9月にも確認していますが、めったに見られません。

タヌキ20160924

自然情報 | 更新日:2016.09.24

レンジャーが小学校で出前授業をしました!


今日は10月下旬に観察センターを訪問する予定の船橋市立中野木小学3年生の総合的な学習の事前授業に行きました。
谷津干潟の生きもののお話や渡り鳥のはばたき体験や鳥の寝るポーズをまねる体験など、体を動かしながら、渡り鳥のくらしを学んでいただきました。

授業を終えた3年生からは
「干潟には色々な生きものがいることを知った」
「谷津干潟に行くのが楽しみになった」
「鳥が苦手だったけど、好きになった」
などの感想がありました。

IMG_0323
 

IMG_0327

観察センターからのお知らせ | 更新日:2016.09.24

谷津干潟ジュニアレンジャーと水元カワセミの里キッズボランティア・かわせみキングスが交流しました!


9月11日、谷津干潟からジュニアレンジャーと引率スタッフ、総勢23名が水元カワセミの里を訪問しました。

交流会では最初にスタッフの佐藤さんから水元公園の歴史のお話やキッズボランティアによる活動発表がありました。
谷津干潟の約3倍もある広い水元公園は、昔は海だったことを知りました。
キッズボランティアは小学1~6年生が一緒に活動し、カワセミの巣の整備やゴミ拾いなどしているそう。


野外活動では網を片手に魚とりや虫とり体験!
会場のかわせみの里ふれあいルームからはカワセミが何度もみられました。

交流会の最後にはジュニアレンジャーと水元カワセミの里キッズボランティアがこれから一緒にやりたいことを話し合い、発表。

「お互いの活動を体験したい」
「お互いの自然をガイドする」
「一緒にゴミ拾いをしたい」

など、色々なアイデアが出てきました。
今後も、お互いの地域の自然や活動の違いと共通点を学びながら、
交流を深めていきたいと思います。

IMG_5227a
 

IMG_5181
IMG_5185
 

 

 
IMG_5197
 

IMG_5223

谷津干潟ジュニアレンジャー | 更新日:2016.09.24
ページの先頭へ戻る