やつひがたサイエンスカフェ「サンフランシスコ湾とヨセミテ国立公演を訪ねて」参加者募集中!

今年の世界湿地の日のテーマは「都市の湿地」。
都市湿地の代表例とも言えるサンフランシスコ湾。なんと湾全体がラムサール条約に登録されています。東京湾との比較も交えながら、現地を訪ねた観察センタースタッフがスライドでご案内します。
またアメリカを代表するヨセミテ国立公園の魅力もご紹介します!ぜひ、お楽しみに!
●日 時:2018年2月10日(土)13:30〜15:00
●場 所:谷津干潟自然観察センターレクチャールーム
●話し手:芝原達也(観察センタースタッフ)
●対 象:中学生以上の方、定員30名
●申 込:047−454−8416(観察センターまで)
●参加費:500円(資料、ドリンクつき)
     ※別途入館料が必要です。


サンフランシスコ・ヨセミテ研修ツアー

サンフランシスコ・ヨセミテ研修ツアー

サンフランシスコ・ヨセミテ研修ツアー

イベント情報 | 更新日:2018.02.07

2月3・4日は世界湿地の日工作やってます♪

メニューは3つ!
・キィキョ♪と鳥の鳴き声をならす”バードコール”
・貝や葉っぱをスタンプしてつくる”干潟風エコバック”
・シラスの中にある生きものを探してつくる”シラスで万華鏡”
どれも楽しそうです。

明日2月4日(日)は「世界湿地の日まつり」で入館無料!!
野外・館内イベント盛りだくさんです。ぬり絵教室やおにぎらず体験教室は当日受付もできます。
みなさん、遊びに来てくださいね。
img_2287a

img_0429a

img_2279a

img_0436a




イベント情報 | 更新日:2018.02.03

東京湾の湿地展-大森海苔のふるさと館編スタート!

今年の世界湿地の日は、「都市の湿地」がテーマです。
大都会に囲まれた湿地、東京湾。かつては日本の海苔生産の中心地でした。
その伝統や歴史、豊かな自然の記憶を守り、後世に伝えているのが東京都大田区にある「大森 海苔のふるさと館」です。
谷津干潟もかつては海苔の生産地でした。現在も天然の海苔を見ることができます。 人々が干潟で暮らしてきたことを示す貴重な記録や資料をごゆっくりお楽しみください。
開催にあたり、大森海苔のふるさと館の協力をいただきました。
●展示期間:2月1日(木)〜2月25日(日)

明日、2月4日(日)の無料入館日は、海苔のふるさと館スタッフの方がいらして解説もしてくれますので、お楽しみに!


img_8574

img_8640

イベント情報 | 更新日:2018.02.03

おち葉あそび楽しいな!

1月20日(土)に「親子で楽しむ!おち葉遊び」が実施されました。
落ち葉を使ってマントやかんむりなどを作る工作を親子で楽しんでいました。

今回の目玉はたくさんの落ち葉で作られた落ち葉プール。
その量は70Lのごみ袋20袋分!職場体験に来た中学生や市内の企業の方などの
協力を得て、10月から落ち葉を集めて準備を進めてきました。
大きな落ち葉プールに飛び込んだり、落ち葉をかけあったりと
大人も子どもも体中落ち葉だらけになりながら遊んでいました。

恒例となった「親子で楽しむ!」シリーズですが、
次回は3月31日(土)に「親子で楽しむ!春の生きものみつけた」を実施します。
春をむかえたばかりの谷津干潟公園で生きものを探しや草花遊びを楽しむ
ポイントラリーです。
詳細はコチラ

img_0230
img_0297
dscf8598

イベント情報 | 更新日:2018.01.26

谷津干潟の日フェスタ、新企画始動!

今日は第2回目の谷津干潟の日フェスタ運営委員会が行われ21名の委員が集結。5月3日から6月10日までの谷津干潟の日フェスタ期間に行われる23個のイベントについて話しあいを行いました。

その中でも女子高生ボランティアによる新企画のイベントは、谷津干潟ジュニアレンジャーの活動経験を活かし、干潟の鳥やカニ、貝もオシャレに楽しんでもらいたい!という想いでアクセサリー作りに挑戦!
今日は初めての試作で色の出し方やサイズ感などの手ごたえも感じつつ、立体のホソウミニナのアクセサリーを作るのに苦戦したようです。
「もっと試作をして、うまく作れるようにしたい」と意気込みを話してくれました。

まだ先の開催となりますが、谷津干潟の日運営委員会では
高校生や大学生、社会人やシニアの世代の方々と一緒に企画準備を開始しております。

img_0085

img_0091

img_0086

img_0079

イベント情報 | 更新日:2018.01.21

落ち葉プールへ遊びにおいでよ!

明日21日、センターゾーンの芝生広場に大きさ約4メートルの落ち葉プールが登場。
落ち葉にうもれたり、かけたり、遊び方は自由!
10時頃から15時頃まで設置予定です。
明日の天気予報は晴れのようです。皆さん遊びに来てくださいね!
img_0185a

イベント情報 | 更新日:2018.01.20

関東での開催は初!「上達が実感できるぬり絵教室」

2月4日(日)観察センターの「世界湿地の日まつり(当日は入館無料!)」で、関西を中心に活躍する絵本作家のひるねさんを講師にお招きし、カワセミのぬり絵教室を行います。

ひるねさんは子どもと自然を描いたキャラクター「ラスポンチャス」の作者で、2003年より数多くの作品を発表し続けていいます。繊細なタッチで鳥の色や模様を描いた作品は写真と見間違うほどです。そして、ゴジュウカラを”鳥と男は50から”とユニークに鳥の特徴を表現した野鳥生活ステッカーでもお馴染みの方です。

今回、ひるねさんがぬり絵教室を関東で行うのは観察センターが初めて。この機会に、鳥の宝石といわれるカワセミを上手にぬれるコツを教えてくれます。

ぬりえが好きな方も、鳥が好きな方も、大人も子どもも、生き生きと描くコツを教わっちゃいましょう!

※このイベントは事前申し込み制です。お早目にお申込みください。
※この日は絵本生活さんのグッズ販売も行います。

■日 時 2月4日(日)
     1回目10:30~12:00 、2回目14:00~15:30
■定 員 各回20名
■対 象 どなたでも(小学2年生以下は保護者同伴)
■参加費 1人800円
■講 師 絵本作家ひるね(野鳥生活)
■受 付 電話 047-454-8416
詳細はこちらでもご覧いただけます。

写真は関西で開催されたイベントの様子です。

img_1211s

img_4201s

img_9463s

イベント情報 | 更新日:2018.01.19

オリジナル缶バッチをつくったよ!

今日は動物画家の薮内正幸さんの絵本の印刷を手がける精興社の協力で
缶バッチ作りのワークショップを行われました。

鳥を描く方が多く、中には薮内さんの図鑑を見ながら絵を描くお子さんもいました。
自分だけの特別な缶バッチができあがると皆さん嬉しそうでした!

薮内正幸原画展~谷津干潟の希少な野鳥とシロハヤブサ~は1月30日まで開催中です!

img_9966a

img_9969b

img_9971d

img_9972c

イベント情報 | 更新日:2018.01.14

第2回「野遊び体験会」開催!

今日はアウトドアブランドスノーピークと2回目のコラボイベント。
青空の下、変わった形のテントが登場!
2018年新作のスピアヘッドPro.Lは2張り、3張りとつなげていくことができるそうで皆さん興味津々です。
中に入ってみると、天井に木々のシルエットが映りこみ、とても素敵な空間で寝転んでみたくなりました。

TokyoBayららぽーと店の渋谷さんによるタープの立て方レッスンや、
ミニ観察会ではストーブで沸かした温かい飲み物をごちそうになりました。

次回は2月17日(土)13:00~15:00
どんな野遊びができるかお楽しみに♪
スノーピークららぽーとTOKYO-BAYのホームページは こちら

img_9959%e2%91%a0

img_9940%e2%91%a4

img_9949%e2%91%a2

img_9954%e2%91%a3

img_9958%e2%91%a4

イベント情報 | 更新日:2018.01.14
ページの先頭へ戻る