貝だって食べるんだ!

干潟の遊歩道を歩いていると、砕かれた貝殻がたまに落ちていることがあります。「誰の仕業かな~」と、いつも不思議に思っていたのですが、ハシボソガラスの仕業であることがわかりました!
カラスが食べていたのは谷津干潟に生息する大型二枚貝のホンビノスガイ。誰にも邪魔されたくない様子で、周りを警戒しながら食べていました。
しかし、カラスはどうやって固い貝から中身を取り出せたのでしょう。今後、カラスの動きに注目したいと思います。


img_5629

img_5632

自然情報 | 更新日:2017.03.09

ハマシギの群れ

今朝の谷津干潟に集まったハマシギ。500羽以上の群れでおしゃべりをするように鳴き交わしていました。
どんな会話をしているのでしょう?

img_0042_s

img_0036_s

自然情報 | 更新日:2017.03.08

オナガガモのフォーメーション

最近、前浜に集結したカモたちの集まり方が時折不思議な形になることがあります。
上の写真は1月31日、下の写真は今日の写真です。
オナガガモに暗黙のルールがあるのでしょうか?
ちなみに本日の群れは782羽。明日はどんな形になるのか楽しみです。

1月31日撮影
20170131%e3%82%aa%e3%83%8a%e3%82%ac%e3%82%ac%e3%83%a2%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

2月8日撮影
20170208%e3%82%aa%e3%83%8a%e3%82%ac%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e2%91%a0

自然情報 | 更新日:2017.02.08

カワセミ、一週間ぶりの登場

今日は観察センター前のフニフニ池に何度もカワセミがやってきました。
この週末は暖かく、池の氷がとけたため谷津干潟に戻ってきたのかな。
%e3%82%ab%e3%83%af%e3%82%bb%e3%83%9f20170205

自然情報 | 更新日:2017.02.05

雪と舞う、オナガガモ

今日は朝から雪が降っている谷津干潟。
館内の飲食コーナー窓辺ではカモたちが干潟と淡水池を行き来している様子を間近で見ることができます。
すごい速さで飛んでいくカモを同じ目線で見るのは迫力があります!
%e9%9b%aa%e3%81%a8%e3%82%aa%e3%83%8a%e3%82%ac%e3%82%ac%e3%83%a2

自然情報 | 更新日:2017.01.20

シマアジの次は、クロダイ?

谷津干潟を泳ぐクロダイとおぼしき魚。
昨日14時頃に撮影した写真を常連のお客さまに提供していただきました。
先日の16日に、谷津干潟で環境省主催の魚類調査イベントが行われたばかりですが、東京湾とつながる谷津干潟は色々な魚がやってきます!
tai

自然情報 | 更新日:2016.10.19

カモの仲間、シマアジが淡水池に来ました

そう、魚じゃありません。(笑)

よく似たコガモの群れの中に1羽いました。
口ばしが真っ黒でコガモに比べると大ぶりですね。

羽の特徴は、繁殖羽のオスは特徴がはっきりわかるのですが、繁殖羽のエクリプズ(非繁殖羽)のオスやメスは非常に地味で、見分けるのが難しいです。
14725469_1191004077649371_1445735639592467283_n

14713635_1191004074316038_2144111519159440249_n

自然情報 | 更新日:2016.10.19

谷津干潟自然観察センターはココですよ~!

観察センターの干潟側の塀に施設名の看板を設置しました。センター対岸からも何の施設が建っているのかがわかるようになりました~!

20160930

自然情報 | 更新日:2016.09.30

ウナギいます!

10月15日(土)まで、期間限定でウナギの水槽展示はじめました!
観察センター前の通称ふにふに池の魚類調査で採集されたものです。
ウナギの顔、じっくりとみられますよ~!IMG_3138
 

IMG_3190

自然情報 | 更新日:2016.09.29

ひがたぬき!

今朝、常連のお客さまから「干潟にタヌキがいた!」と情報と写真提供していただきました。
ヨシ原の中から出てきたタヌキは海水を飲んで、ゆっくり歩いて戻っていったそうです。
谷津干潟では、タヌキを2011年9月にも確認していますが、めったに見られません。

タヌキ20160924

自然情報 | 更新日:2016.09.24
ページの先頭へ戻る