おいしい植物展、開催中です!!

あたたかくなり、緑がグングン伸びる季節。気持ちがいいですね。
みなさん、ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか。

ただ今、ねったいかんの2階展示室では「おいしい植物展」開催しています。
「おいしい」をキーワードにさまざまな植物を展示紹介。



キッチンガーデン。
ふだん食べている野菜や果物、あらためて考えると植物です。
スーパーで売っている野菜、実際にはどんなふうに実がなっているか気になりませんか。
ピーマンやソラマメ、ミニトマト、ダイコン、ニンジンなど、実際に実がなっている姿をご覧いただけます。
 


なんの香りか当ててみましょう。おいしそうな香りがします!



2度おいしい??
一度食べても、もう一度再生する野菜も紹介しています。
パイナップルも葉っぱの部分を水につけておいたら根っこが出てきました。
みなさんもチャレンジしてみませんか。



ねったいかんの温室にあるおいしい実のなる植物を紹介するコーナー。



エディブルフラワー。
食べられる花。食用菊などは知られていますが、もっと私たちの身近にある花で食べられる花を紹介しています。
もちろん、なんでもいいわけではなく、毒のない、安全に育てられたお花です。



植物工場。
最近よく耳にする植物工場って、いったい何?と思われる方も多いはず。
今回、大気社さんのご協力のもと、人工光型植物工場ベジファクトリーを紹介しています。
お子さんにもわかりやすいよう、 実際のレタスを展示し育つ過程を見ていただけます。
新鮮なレタス、おいしそうですよ!



毎年恒例!緑のカーテン。
今年はパッションフルーツやうす紫色のかわいいお花が咲くスネイルフラワー、スイカのようなかわいい実がなるオキナワスズメウリ。(こちらは毒があるので食べられません。)
栄養満点、葉っぱをおひたし等で食べるオカワカメなど、ご紹介。
 


工作コーナーは、「みんなで緑のカーテンをつくろう!」
折り紙で葉っぱを折って、ネットに貼ります。だいぶ緑のカーテンが茂ってきました。



販売コーナーもあります。
おいしく食べられる野菜、ハーブの苗や緑のカーテンにむくつる植物など販売している他、手軽に楽しめるスプラウトやサラダ系のタネなども販売しています。



ゴールデンウィークも後半。予定のまだ決まってな~いという方は、ねったいかんでおいしい植物を見て、おいしい野菜を育ててみませんか。
ガーデニングを始めるにはピッタリの季節ですよ。

「おいしい植物展」は、5月12日(日)までです。
ぜひ、お越しください。お待ちしています。
(H 記)

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2019.05.04

トラザメ産卵しました!

深海水槽で飼育している50cmほどの小さなサメ、トラザメ。
以前からトラザメの成体と卵の殻は展示していましたが、
今回は産卵シーンの撮影に成功しました!
貴重な産卵シーンはこちら。



卵の四隅から蔓(つる)が伸びていて、岩や海藻に絡みつけて固定します。
卵の孵化までは約10か月程度。
いずれは赤ちゃんも展示できたらいいなと思っています。

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2019.05.03

こぼれ話「2018年度キッズガーデナーまとめ(7月~発表会)」 (3月19日号)

キッズガーデナーのこぼれ話もしばらくぶりになってしまいました…
来年度はもう少し回数を増やさねばと反省しております。
さて、2018年4月から始まったキッズガーデナーも先日、3月9日に発表会を開催し、
無事に今年度が終了いたしました。
キッズガーデナーとサポーターたちが自分の担当の作業を発表してくれました。
我々スタッフも1年間の出来事が思い出されて、感慨深いものがあります。

それでは、まだご紹介していなかった、7月から順に作業をご紹介していきましょう。
〇7月…夏花壇作り
サルビア4色とミニヒマワリを植えました。暑い中、頑張って完成させました。

 1か月後になったら、お花も咲いてきて立派になりました!

〇9月…チューリップの球根を植えつけます。深さは大丈夫かな…

12月に作る、冬花だんのためにみんなでデザインを考えています。

カラフルで面白い形のデザインができましたよ。力作です。

〇11月…夏花だんの解体です。 冬花だんを作るために苗をみんなで抜いていきます。

雑草を抜くのも忘れずに…

肥料をまいて、耕して、ならしたら、植える準備はOKです。

〇12月…いよいよ冬花だん作りです!
みんなで考えたデザインをもとにして、太陽、月、星型の花だんになりました。

実際に苗を並べてみてから、植えつけ開始。

ついに完成です。その次の写真は3月に撮影したもの。きれいに咲きました!

1年間本当によく頑張りました!来年度もキッズガーデナーをよろしくお願いします!(M記)

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2019.03.26

「ヒスイカズラが咲き始めます!」 見どころ情報(3月16日号)

暖かい日が続いたと思うと、急に寒くなったり。風邪をひかないよう、注意しましょう。
ヒスイカズラの花がもうすぐ開花します。


ヒスイカズラ Strongylodon macrobotrys

3月の末から4月上旬には見ごろを迎えると思いますので、
お見逃しなく。 

他にもきれいな花が咲いています。

 ペトレア・ヴォルビリス Petrea volubilis


ファレノプシス Phalaenopsis
 

シンニンギア・レウコトリカ(断崖の女王)Sinningia leucotricha

温室の外ではデイコの花も咲き始めました。



 ブラジルデイゴ Erythrina speciosa

トロピカルフルーツの花も咲いています。

 ジャボチカバ Myrciaria cauliflora
木の幹が花とツボミでおおわれています。


ピタンガ Eugenia uniflora
小さくてかわいらしいカボチャのような実がなります。

今、“ねったいかん”のあちこちで新しい芽が芽生えています。

 トレベシア パルマタ Trevesia palmata
大きな葉っぱも迫力がありますが、雪の結晶のような新芽もぜひご覧ください。


セイロンニッケイ Cinnamomum verum
葉っぱが赤いのは新芽の時だけです。

 
パラゴムノキ Hevea brasiliensis
独特のかわいらしい新芽が見られるのは、この時期だけです。
その他にも、この時期ならではの新芽が芽生えていますので探してください。

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2019.03.16

トロピカルフルーツ展開催中です!

寒い日が続いていますね。春が待ち遠しい方も多いのでは…。
しかし! ねったいかんではいま、春を通り越して、気分は夏!です。
1月29日(火)~3月3日(日)まで、トロピカルフルーツ展を開催しています。
南国気分になってみませんか。



フルーツパーティのはじまりです!



展示室中央には、めったに見られない、なったままの状態の丸ごとバナナ、     
「バンチバナナ」をご覧いただけます。熟してきたら、試食会の予定も…
幹に直接、実がなる南米産のジャボチカバも展示しています。




トロピカルフルーツの
さまざまな情報が展示されています。





注目は、あの!「ドリアン」のにおいを体験できるコーナーがあります。
くさいけど、おいしくて病みつきになる方も多いドリアン。
まだ、あの匂いを体験したことがない方はぜひ!



玉川大学農学部 水野 宗衛教授のご協力による、スターフルーツに関する展示もございます。
形が面白いだけでなく、さまざまな栄養や効能があるんですね。



フルーツに関する講演会も開催されます。
2月22日(金)は講演会「フルーツと健康の真実」。
講師は約10年間、食事はフルーツのみという生活を続けている、中野 瑞樹氏。



テレビ出演や各地で講演会をされており、フルーツの魅力と効能についてなど、
「あなたの知らないフルーツの世界」をたっぷり語ってくださいます。
時間は13:30~15:00、参加費は入館料のみで無料となっています。
当日、直接当館にお越しください。

みなさま、トロピカルフルーツ展にぜひお越しください。お待ちしております。
                          
(M記)

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2019.02.02

「カリアンドラの赤と白が見ごろをむかえています」見どころ情報(1月29日号)

まだまだ寒い日が続きますが、皆様風邪などひいていませんか?
ねったいかんの植物たちは寒さに負けず、元気に花を咲かせています。
隣の赤いカリアンドラと2ショットでシャッターを切ってください。 


カリアンドラCalliandra haematocephala‘Alba’

食虫植物ではありません。
地上に根を下ろす地生蘭で、洋ランでは少数派に属します。
名前は女神のスリッパ(サンダル)を意味しています。


パフィオペディルム Paphiopedilum

ラン展は終わりましたが、温室内はランがたくさん咲いています。






ラン類

回廊に色鮮やかで、サンゴそっくりの花が咲いています。


サンゴアブラギリ Jatropha podagrica

ゴバンノアシの実が順調に育っています。
だいぶ大きくなりました。


ゴバンノアシ Barringtonia asiatica

また、ヒスイカズラのツボミも小さいですが、付き始めました。
開花予想は3月ごろ?

ヒスイカズラ Strongylodon macrobotrys

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2019.01.29

らん・ラン・蘭展2019開催中です!

寒い日が続いていますね。
寒いのが苦手な方は春が待ち遠しいことでしょう。

ねったいかんでは1月2日(水)~1月14日(月・祝)まで、
らん・ラン・蘭展2019を開催しています。一足早く、春を感じてください。



今回の展示は「セロジネ」を特集しています。



また、須和田農園 江尻氏のご協力により、貴重なセロジネ自生地の写真パネルと
さまざまなセロジネの鉢植えを展示しています。




毎年恒例となります、「神代洋らん友の会」の会員の方々が愛培の、鉢植えを展示しています。



当館の植物画教室で描かれた、水彩画も参加者の方々のご厚意で展示しています。



東洋蘭も展示しております。洋ランとはちがった楽しみ方、花だけでなく、
葉や飾り鉢などを総合的に観賞する、独特の世界をお楽しみください。



もちろん販売コーナーもあります。セロジネもご用意しています。
ぜひ、お気に入りの一鉢を見つけてくださいね。



ねったいかん神社は今年の抱負、願い事を絵馬に書いて貼ります。
かなうといいですね。



最後に、水族館地下にいる「ジーベンロックナガクビガメ」みなさんご存知ですか?
そう、あの首の長―い、ちょっと不思議なカメです。



今回、名前を募集することになりました!展示室で応募できます。



いい名前を考えてあげてくださいね。
みなさまのお越しをお待ちしております。
                         
(M記)

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2019.01.06

ねったいかんクリスマスパーティー 開催中!

あっという間に2018年も残りわずか。12月も気づけば残り半分。
忙しく過ぎていく日々の中でもクリスマスを楽しみたい!という方は、
只今開催中の「ねったいかんクリスマスパーティー」にぜひお越しください。

2階の展示室では、クリスマスパーティーに来たかのように楽しく一時を過ごせる展示を実施しています。





〇毎年恒例のムッちゃんの点灯式
期間中は毎日午後2時から、ビルマムツアシガメのムッちゃんによる
クリスマスツリー点灯式があります!ぜひご参加ください。



〇ミニプラネタリウム
 ダンボールで作ったドームの中では、プラネタリウムを見ることができます。
意外にも本格的なプラネタリウムをゆっくりと楽しめます。



〇プチコスプレコーナー
 パーティー用の三角帽子やサンタさんの赤い帽子、トナカイの角のカチューシャなど、
クリスマスパーティーを盛り上げるグッズもたくさんあります!
ぜひかぶって写真を撮ってみてくださいね。



〇工作(折り紙)コーナー
 折り紙でサンタさんを作って、顔を書く工作が楽しめます。



〇クリスマスゲームコーナー
 クリスマスのパーティーといえばやはりゲームははずせませんよね。
紙コップの早並べやサンタさんの福笑いなど、ぜひ挑戦してみてください。



〇ビカクシダ観察コーナー
 トナカイの角の様なカタチをした葉っぱが特徴的。
不思議な生態にも注目してみてください。小さいビカクシダも販売していますよ!





〇ねったいかんクリスマスマーケット
 ポインセチアやシクラメンなど、クリスマスや冬の時期を彩る植物を販売しています。
今年のオススメのポインセチアは、ピンクのプリンセチアシリーズや黄色のゴールドです。
クリスマスだけではなく、他の季節でも楽しめるのがポイント。
寒さには弱いので、お部屋の中で育ててみてくださいね。




また、今回の展示ではメインツリーがストローオーナメントや木の実を使っていることから、
展示で使用しているオーナメントや木の実なども販売中です。
ぜひ、お家でもオリジナルのクリスマスの装飾を楽しんでみてください。




「ねったいかんクリスマスパーティー」は12月24日までとなっております。
ぜひ、お越しください。


(S.I記)

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2018.12.14

ゴバンノアシの実が育っています!見どころ情報(11月2日号)

「ねったいかん」でゴバンノアシの実がついたのは初めてなので、
私たちもどうなるのか楽しみにしています。


ゴバンノアシ Barringtonia asiatica

受粉していない可能性もあるので、今後どうなるかわかりませんが、
成熟するとこんな感じになります。


ゴバンノアシの実 

青い宝石のような花が今年も咲きました。


ディコリサンドラ・ティルシフロラ  Dichorisandra thyrsiflora

冷室ではランの花がいろいろ咲いています。


フラグミペディウム カーディナル ウィルコックス  Phragmipedium Cardinale‘Wilcox’


デンドロビウム ’ネリースレード’ Dendrobium ‘Neliie Slade’


アングレクム レオニス  Angraecum leonis

回廊では春から咲きはじめ、香りを楽しませてくれたイランイランが
まだ咲いていますが、そろそろ見納めかも。


イランイラン  Cananga odorata

鮮やかな紫色のマメは、ラブラブ プルプレウス(ドリコス ラブラブ)。
アフリカ熱帯地域原産。日本でも千石豆(せんごくまめ)、
味豆(あじまめ)などと呼ばれ、食用にします。


フジマメ  Lablab purpureus (Dolichos lablab)

秋も深まり肌寒くなってきましたが、熱帯植物がたくさん見られる
「ねったいかん」に、ぜひおいでください。

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2018.11.02

「今年もホウガンヒルギが開花しました!!」見どころ情報(10月7日号)

収穫の秋を迎えて美味しいものをついつい食べ過ぎてしまうのは、
人も熱帯植物も同じです。
実りの秋…熱帯館の植物たちもたくさん開花、蕾がつきました。

温室に入って、すぐ左側のマングローブ地帯に植えられているオヒルギ。
花の見た目はタコさんウィンナーか、バナナといったところでしょうか・・・
運が良ければ入り口の手すりに置いてあります。
・・・幸運を祈ります・・・


オヒルギの花 Bruguiera gymnorrhiza

今年もホウガンヒルギが開花しました。
1㎝にも満たない小さな花でオヒルギの中、池水槽の上のほうに咲いています。
園路脇の石の上に落ちた花を展示しています。ジャスミンのようないい香りがしますよ。


ホウガンヒルギの花 Xylocarpus granatum

 バナナとマレーハウスの中間あたりに沖縄三大名花のひとつ、オオゴチョウが
見事に咲いています。
少し、高いところに咲いていますが大人の方にはベストショットが撮れる高さにあります。
お子様には回廊の出口にある、開花中の鉢植えのほうをお勧めします。


オオゴチョウの花 Caesalpinia pulcherrima

冷室に入り最初のコーナーにはシャクナゲの仲間、
ロドデンドロン・ヤスミニフロルムが咲いています。ジャスミンのような良い香りがします。
学名にある種小名のjasminiflorumは「ジャスミンのような花の」という意味です。


ロドデンドロン・ヤスミニフロルムの花 Rhododendron jasminiflorum

最後にゴバンノアシのお話です。
8月より開花していましたが・・・
先月後半あたりから、実のようなものが・・・!ワクワクしません?
もし、無事に実が大きくなれば、ねったいかん初結実となります。
期待大にして、吉報をお待ちください。


ゴバンノアシの実 Barringtonia asiatica

ぜひぜひ、会いに来てくださいね。

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2018.10.07
ページの先頭へ戻る