少年自然の家だより

施設スタッフから、日々のできごとや周辺の自然の情報などを発信しています。

自然の家の裏方さん!!!

みなさまこんにちは!!!自然の家スタッフのノブです!!
今日も寒いですね!本当に寒い!!ノブも寒いのは苦手ですがこの冬ならではの匂いは好きです!
え…?冬の匂いってなに??するんですよ!なんかこう…言語化しにくいんですけど!(笑)
外に行ったときにクンクンしてみてください!感じますから!

さて長い前置きになりましたが本日は自然の家の縁の下の力持ち!
彼がいないとみんなが困る!そう!「ハイエース」さんです!
僕はいつも「ハイさん」と呼んでいます!

自然の家のイベントに参加したことがある方はもしかしたら「ハイさん」に乗ったことがあるかもしれませんね!
「ハイさん」は送迎が必要なお客様を乗せてきてくれるんです!
そんなわけでいつもお世話になっている「ハイさん」にノブは感謝の気持ちを込めて洗車しました!
ここからは劇的!ビフォーアフター!です!!

どうですか!!??
ノブが感謝を込めて洗車した結果、きれいになってませんか!?
みなさんも愛車さんのこと、お時間あれば洗車してあげてくださいね!

ちなみに洗車するときに高圧洗浄機を使ったのですが…

形がかっこよくてちょっと遊んじゃいました(笑)
もちろんふざけて使ったらケガをする可能性もあるので格好だけですよ!(笑)

ではでは!
長文になってしまいましたがここまでお付き合いいただいてありがとうございました~!!

【ノブ】

観察林

こんにちは。自然の家です。

先日、私たちスタッフは環境教育について知識を深めるため、
しまっちを講師に呼んで研修会をおこないました。
分かっているつもり・・・なことが多く、
実際には理解できていないことを知り、
考え直す良い機会となりました。
森に入って自然を使ったあそびもおこないました。
木や木の実、落ち葉などに触れてとても楽しい時間でした。

SDGsが広まる今、私たち自然の家のスタッフも
環境について皆様に伝えられるようなプログラムを
考えていきたいと思います。
<ハンマー>

山茶花

こんにちは、少年自然の家です。

少し前の写真ですが、事務所の前にきれいな“山茶花”が咲き誇っています。
“山茶花”と書いて“サザンカ”と読みます。

“山茶花”の文字の由来は、中国語でツバキ科の木を「山茶」と言い
葉がお茶のように飲料となることから、「山に生える茶の木」として名づけられたそうです。

なんだか説得力のある当て字ですね。

ちなみに、同じツバキ科の椿(ツバキ)と間違えられやすいのですが、
花を見ればとっても簡単に見分けることができます。
写真でもわかる通り、サザンカは花びらを散らして花を落とします。
ツバキは花首からぽとっと落ちていきます。
他にも開花時期や葉・根にも違いがありますが
花のある時が一番わかりやすいですね!

みなさまも山茶花や椿を見かけた際はよく観察してみてください。

<フレディ>

今日も寒いです!

みなさんこんにちは!
四日市市少年自然の家です。

今日も自然の家のスタッフは今後のイベントに向けての準備や
お客様に安心安全に利用してもらうよう様々な作業をおこなっています!

私の本日の作業は「フリートイレの換気扇清掃」でした!!
不具合等もありましたので、お客様に利用してもらう前に修繕したいと思います!!

万全な状態でお客様にお会いできるよう日々頑張ります!!

<ちょす>

注目!

こんにちは!少年自然の家です。

本日の自然の家は、館内中「しーーーーーっん」としていました。
寂しい・・・

さて、寂しい気持ちから気分を上げ今日、ご紹介するのは!
写真にあります「木」!

ただの木ではありません。

こちらは、シイタケの菌を植えた木です!
というのも、昨年の「里山体験キャンプ」にて子どもたちと原木に菌を植える体験をしたのですが、その時に余ったものを自然の家の事務所前入口に置いています。
まだまだ、植えた時から変化はありませんが、
1年半後もしくは2年後には、この木からシイタケがニョキニョキ生えてきます!
美味しいシイタケが食べられる日まで辛抱・・・

是非、自然の家にお越しの際にはシイタケの成長段階にもご注目ください!

【ドルフィン】