ハナイカ、はじめました。

ずいぶん夏らしくなり、暑―い日が続きますね。
ねったいかんでは今週末から夏の企画展「ねったいかん昆虫博がはじまります。

私はというと、実はまだフグ展の片付けに追われる日々・・・。
バックヤードがめちゃめちゃ散らかっています(泣)

さてさてそれはさておき、7月10日から常設展示水槽にてハナイカの展示を始めました。


↑色がころころと変わります。

実を言うとハナイカは、私が魚の展示チームに配属された初期の頃に衝撃を受けた生き物で、ずーーーっとねったいかんでも
展示したいな、と心に秘めていたのですが、ついに、とうとうその日がやってきました!
何に衝撃を受けたかというと、ハナイカのお食事シーン。

可愛らしい姿のわりに、エサを食べるときがスゴイ。
獲物を見つけると、ゆっくりゆっくり気配を消して近づきます。
獲物が射程圏内に入るとそーっとそーっと触腕を伸ばして、シュパーンッ!!!と一瞬で食べてしまうのです。


↑足の間から伸びている白いのが触腕です。

ものすごい早ワザ。
昔、ハナイカにエサをやるのが楽しくて、毎回毎回見入っていました。
うーん、生きものってオモシロイ。

衝撃のお食事シーンを見たい!という方、土曜日だけはエサやりの時間が決まっていますので、15:00からスタートする
「さかなのエサのじかん」に来ていただければご覧いただけると思います。

夏休み期間中は展示予定ですので、ぜひ遊びに来てくださいネ。
昆虫ふれあいコーナーもとっても楽しいですヨ。

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2012.07.10

ねったいかんなのに冷室?

ねったい館には温室だけではなく、ミニ水族館や、熱帯の高山を再現した涼しい冷室があります。
冷室は真夏でも室温が25度を越えないように管理しています。
ミスト(霧)のかかった雲霧林でホッと(クールなのにホット?)されてはいかがでしょうか?
作業する私達も夏場の冷室は本当にホットします。冬場は無加温にて管理しています。
霧を見て、小さいお子さんで、こわいっ!と泣き出す人がいますが、煙ではありませんのでご安心を!ランやノボタン、熱帯性のシャクナゲや ウツボカズラなどを生体展示しています。
原種のランが咲いていますので是非実物をご覧下さい。
森の中で、こんな花たちを見つけた人はどんな気持ちだったのかしら・・・と改めて原種の持つすばらしさ・種の保存の
大切さを思わずにはいられません。

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2012.07.01

最近こんな質問をよく受けます。

約1ヶ月にわたり開催されていた「ぷくぷくフグ展」がとうとう7月1日で終了に。
本当にたくさんの方々が遊びにきてくださって、
「きゃー、カワイイ!」
「こんなフグもいるんだー」
と楽しんでいただけたようでとっても嬉しかったです。
どうもありがとうございました!

さて、最近アロワナ、シルバーバルブなど大型の淡水魚やボルネオカワガメのいる池水槽に新しい仲間を増やしました。
こんなお魚。



ジャワメダカというちっちゃな魚。
透明な体に青く光る眼をしたかわいい魚で、水槽の中を群れて泳いでいます。
6月23日に約1000匹搬入したのですが、その頃から池水槽前で会うお客様によくこんな質問を受けます。
「この小さい魚はエサですか?」


・・・。
いいえ、違います!!!
違うんです!!!


私のイメージとしては、大型魚と群れる小魚をひとつの水槽で飼育すると、その小魚の群れに動きが出て、それがキラキラしてきれいなんじゃないかなー。と思ってのジャワメダカなのです。
水槽の奥のほうで泳いでいるジャワメダカもいて、水槽自体にも奥行きを感じられるようになったかなーと思っていたのですが・・・。


そうか、お客様から見ると、まずは
「もしや活き餌!?」
→(そうだとしたら可哀想だな・・・)

となってしまうのですね。

なるほど。
ちゃんと、大きく
「エサではありません!!!」
と書いておかないと、お客様を心配させることになるかー。
ふむふむ。


ちなみに、アロワナたちにはちゃんと私がエサをあげているので、ご心配なく。

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2012.07.01

ホームページが新しくなりました。

ねったいかんのHPを開いて、驚かれた方もいらっしゃるでしょうか?
そうです、6月14日にHPが新しくなりました!!!

つぶやき話は、トップページ右下の「ねったいかんだより」の中に組み込まれております。
さてさて、つぶやき話の更新を日々楽しみにしているつぶやき話ファンの皆さま(いるのか!?)はもしかしたら、
唖然としてしまったかもしれません。
「過去に書いたつぶやき話が見れなくなってるじゃないか!!!」
そう、昨年6月から発信してきた35個のつぶやき話のうち、新しいHPに掲載されているのは32話から35話のみ。
31話分がもう見れなくなっているのです。

「がびーん・・・。」
と落ち込んでくれた方がいらっしゃることを期待して、次のひとこと。
大丈夫、落ち込まないでください!
これから少しずつですが、過去のつぶやき話も順番に新しいHPへ移動していきますので!!!
そのうち過去のものもすべて見れるようになりますので!!!

新しいHPでは、アーカイブで過去の記事も前よりも読み返しやすくなっています。
前のHPだと、第1話を読むためには下のほうまでずーーーーっとスクロールしなければいけなかったことを考えると、
とっても見やすいです。
また、カテゴリー別に「お知らせ」「こぼれ話(植物のお話)」「つぶやき話(水族館のお話)」に分かれております。

新しいHPでもたくさんつぶやくぞー!!!
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

16日のペンギンイベントにはあいにくのお天気の中、たくさんの方々が遊びに来てくれました。
ありがとうございました!


青い制服を着たのが飼育係の池田さん、池田さんの足元にいるのがケープペンギンのイケダさんです。

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2012.06.21

ホームページをリニューアルしました!

みなさま、おはようございます。
6月14日より、熱帯環境植物館のホームページが新しく生まれ変わりました!
これからこの「ねったいかんだより」では、お花の開花情報やイベント報告、各担当者からのとっておきの話など、
最新情報をお届けします!
どうぞよろしくお願いいたします。

ではさっそくねったいかん情報を1つ!
現在、企画展は「ぷくぷくフグ展」を開催中なのですがご覧にいただけましたでしょうか?
かわいいフグたちが15種類60匹も大集合しています。
あまりの不思議さ、かわらしさに私たちスタッフもメロメロになってしまい・・・そのフグたちの缶バッジを作ってしまいました!
そして2階受付にて販売中です!
ミナミハコフグ、サザナミフグ、ハリセンボン・・・と10種類ご用意いたしました。



私も制服に毎朝つけてお仕事をしています。なんだかぷくぷく(?)と楽しい気持ちになります。
みなさんもお気に入りのフグが見つかったら、ぜひ、缶バッジもチェックしてみてくださいね!

※今までのホームページアドレスをお気に入り(ブックマーク)に登録してくださっていた方は、 お手数ですが
新しいアドレスに変更をお願いします。


ねったいかんからのお知らせ | 更新日:2012.06.14

イケダさんと池田さん

さてさて、今年もこのイベントを行う時期になりました。
ねったいかんの大人気イベント「ケープペンギンがやってくる!!」です。


毎年ものすごい人気のペンギンイベントなのですが、今年はまたさらに期待が高まっております。
(私個人的にですが・・・)
今年やってきてくれる予定のペンギン2羽のうち1羽が、シーパラダイスでも大人気のペンギン「イケダさん」。
昔、シーパラダイスの池田さんという飼育係が愛情注いで育てたペンギンで、「池田さん」の名前をそっくりそのまま受け継いだのが「イケダさん」、通称「イケペン」。
今回は、なななんと、その「イケダさん」と一緒に飼育係のほうの「池田さん」もねったいかんにやって来てくれるのです!!!

シーパラダイスでも、「イケダさん」と「池田さん」のツーショットはほとんど見ることができません。
今回は、シーパラ飼育係さんの粋な計らいで、このツーショットが実現しました。

イケダさんと池田さんに会えるのは、6月16日(土)の11:30~、13:30~、15:00~の各回20分です。
皆さま、ぜひお見逃しなく!!!



水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2012.06.13

ボルタン現る!!!

フグ展で賑わう今日このごろ、常設水槽でとある変化が起きています。

ボルネオカワガメのボルタン。

彼(彼女?)がなんと!
朝からずっと水槽の中に入るようになりました!!!


寒い時期には、お昼間はずっと陸の上の茂みの中でお昼寝してたのでほとんどお客様の目に留まることはなかったのですが、とうとうやっとこの時が!
感無量です。

しかもたまに、水中でお昼寝しているボルタンに遭遇することもあります。
どうやって寝てると思いますか?

正解はコレ!!!

↑副館長が激写!


きゅっと首を引っ込めて、目をぎゅっと閉じて、でも腕はダラーんとのばして・・・。
何とも言えないこの寝姿、思わず笑ってしまいます。
あーボルタン!
可愛すぎるじゃないか!!!


さぁ、あなたはお昼寝ボルタンに遭遇することができるかな?

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2012.06.05

「館内のランたち」

 こぼれ話がすっかり滞ってしまいました。すみません。反省…
ここ2~3日はさわやかな気候で過ごしやすかったのですが、突然の豪雨、地震と続くと気分が落ち込みますよね。でも、
植物はぐんっ!ぐんっ!と生長しています。暑くても寒くても多少放っておかれても、文句もいわずに生きています。えらいっ!

 さて新春恒例となっております「らん・ラン・蘭展」には多くの皆さまにご来館いただきましてありがとうございました。
ねったいかんではラン展以外でもたくさんのランがご覧いただけます。

 世界最大のランといわれているグラマトフィルム スペキオスム。


グラマトフィルム スペキオスム

 別名タイガーオーキッド。まだ当館では開花していませんが、なんと根が上向きに生えているんです。温室の
ビヨウタコノキや、冷室の入り口手前にありますのでぜひご覧下さい。根って地中に下向きに伸びるもの!だけでは
ないんですね。
「早く咲かせて見せてっ!」の声があちこちから聞こえてきます・・・。努力はしているのですが・・・今しばらくお待ち下さい。

 ちなみにエントランスにはグラマトフィラムの園芸種のスプリクタム ヒヒマヌがあります。ほかにも館内にはバンダや
アスコセンダなど華やかなランやバルボフィルムのような地味なランもありますので、温室内をゆっくりとご覧いただき
ながら見つけてみてくださいね。

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2012.06.02

「ぷくぷくフグ展」が始まりました!!!

 とうとう「ぷくぷくフグ展」がスタートしました!!!


フグ展1日目の26日もなかなかの盛況ぶりだったのですが、さて、現在展示中の18種類のフグの中で、おそらく皆さまをイチバン釘づけにしていたのは、このフグ!


チビチビのミナミハコフグです。
ミナミハコフグは大きくなると40cmにもなるのですが、現在展示しているのはなんと、1cmくらいのちっちゃなちっちゃなミナミハコフグです。
「ひゃーちっちゃい!」
「きゃーカワイイ!」

などなど、びっくりしてその可愛らしさに釘づけになる方大多数。

そしてちっちゃくてよく動くので、写真にとるのがなかなか難しい。
そのかわいい姿を写真に収めようと、水槽の前で頑張るお客様もたくさんいました。

他にも、たくさんかわいいフグたちが盛りだくさん。
フグの虜になること間違いナシです!


ハリセンボン


コンゴウフグ(赤ちゃん)


コンゴウフグ(大人)


サザナミフグ



「ぷくぷくフグ展」は7月1日まで開催しています。
また、11時からは「ぷくぷくフグのぱくぱくタイム」というイベントもありますので、ぜひ皆さま遊びに来てくださいね。

イベントの詳細はこちら

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2012.05.30

企画展「ぷくぷくフグ展」に向けて頑張ります!最終回

さて、本格的に余裕がなくなってまいりました。この記事を書いているのは、そう、25日の朝であります。

つまり、今日しかない!!!という状況なのです。  
(万が一間に合わなかったときは26日の朝も・・・いやいや逃げ道を作ってはならぬ。)
 
そろそろ写真をたくさん載せると、本格的なネタばれになってしまうので控えめに。
前回のつぶやき話から、展示室は展示室はこのように変化しています。

21日


24日


25日


「どうだ!」と胸を張って、特別展前日感を出したいところですが、本音は「ぎゃー明日からやー!」というところです。
なので、今回のつぶやき話は早々に切り上げて、準備に移らせていただきます。
あれもやらなきゃ、あーこれも・・・。

それでは皆さま、「ぷくぷくフグ展」をお楽しみに!!!


待ってるよ!

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2012.05.25
ページの先頭へ戻る