びわこ文化公園BLOG

ブログ

BLOG

2021.04/30(金)

茶室だより

茶室夕照庵では、季節に合わせお菓子を変えてお出ししています。
今のお菓子は「春の野」という銘のお菓子で、「こなし」という生地を使ったの主菓子です。 こなしという生地を使った主菓子は、蒸す工程が入り手間がかかるそうです。食感はちょっと硬めで程よい弾力がありモチッとしています。
ヨモギが練りこまれた 緑と淡いピンクの色合いは、お菓子の名前の通り春の野を思わせてくれますね。
「春の野」の次のお菓子は「あやめ」となっております。こちらもこなしのお菓子です。ぜひご賞味ください。

春の野
あやめ

※「春の野」「あやめ」…アレルギー物質(7品目中)小麦粉を使用

2021.04/19(月)

公園だより

コナラの枝先に果実のような丸いものを発見しました。
これは「ナラメリンゴタマバチ」が卵を産んだことで作られる「ナラメリンゴフシ(虫こぶ)」というものです。
まるでリンゴのようなので、ナラメリンゴフシなんですね。 (2021.4.19)

2021.04/15(木)

公園だより

滋賀県立美術館は、いよいよ 2021年6月27日にリニューアルオープンします。
それに向けたイベント第2弾として、茶室夕照庵を会場にトークイベントが収録されました。写真家の川内倫子さんと滋賀県立美術館の保坂健二朗館長の対談となっています。
下記webサイトよりご覧いただけます。(公開日2021年4月14日(水)19時ー2021年6月27日(日)19時)

https://www.shigamuseum.jp/pre-event/ オンライントークイベント第2弾 川内倫子×保坂健二朗

2021.04/12(月)

公園だより

夕照の池からわんぱく原っぱへの道に大きな四阿(あずまや)があります。その近くにシャガの花がきれいに咲き始めました。

すずかけの並木が芽吹いてきました。まだ小さな葉ですが、これからどんどん大きくなり、大人の手の平より大きくなっていきます。初夏にはきもちよい木陰を作ってくれるでしょう。

ヤエザクラが見ごろです

2021.04/01(木)

公園だより

桜の咲く中、わんぱく原っぱの新しい遊具の使用が
始まりました。
初日から多くのお客様にご利用いただきました。
みなさんの思いやりと目配りで安全にご使用くださいね。

筆者のことですが、
本日より違う公園でお仕事をしています。
2年間、お付き合いをいただき、ありがとうございました。
これからも「びわこ文化公園」をご愛顧ください。

大好きなヤマザクラ