バラの季節がはじまります



まっ白い花びらに黄色い雄しべの取り合わせが清楚で愛らしい印象のナニワイバラ(Rosa laevigata)
中国南部と台湾原産で、日本へは江戸時代に浪速商人によってもたらされたところからこの名がつけられたそうです。一般的なバラと違って常緑でることが大きな特徴。性質も丈夫です。
大きくなりすぎてしまうことが多いのでアメリカ山公園ではラティスに範囲内で管理できるように定期的な剪定を行っています。



いま元町側の小庭園エリアで花盛り。
ハゴロモジャスミン(Jasminum polyanthum)とともに壁一面に広がっていて、その下のベンチは公園の特等席になっています。



バラの季節の始まりを告げるモッコウバラ(Rosa banksiae)は今が一番の見ごろ。モッコウバラもナニワイバラと同様、常緑性の珍しいバラです。白と黄色が植栽されています。
ここ数年はアメリカ山公園のモッコウバラがフォトスポット化しています。
まさに今「映え」スポットです!
公園のバラだよりはこれからが本番です。

公園からのお知らせ | 更新日:2022.04.22
ページの先頭へ戻る