コッペパンサンド販売のお知らせ

pan1
素朴な味わいのコッペパンに甘辛さまざまな素材をはさんだサンドイッチ。
いつも大好評の根岸「パン屋のオヤジ」のコッペパンサンドの販売を11月から再開します。
アメリカ山公園で採れたはちみつを使ったオリジナルコッペも登場します。
土曜・祝日の11時から展望園地にてお求めいただけます。(荒天時は中止)
売り切れじまいなのでどうぞお早めに。

2016061401
リピーター続出のアメリカ山公園産はちみつも一緒に販売します。
春のはちみつと夏のはちみつ両方ご用意しております。
ランチやおやつにコッペパン、おみやげには100%アメリカ山公園産のはちみつを、ぜひお試しください!

公園からのお知らせ | 更新日:2017.10.19

「横浜ノスタルジック歴史散歩」ご参加ありがとうございました!

20171007-3
10月7日土曜の午後、雨天の予報をくつがえし、秋の明るい日差しのもとで
アメリカ山公園主催、横浜シティガイド協会のガイドによる歴史散歩が行われました。

20171007-1
今回の集合場所はみなとみらい線日本大通り駅改札。
まずは嶋田ガイドの案内で地下駐車場へ。
歴史解説板を見ながらの説明に目をキラキラさせて聴き入る小3女子3人組。
大人顔負けの知的好奇心旺盛ぶりは頼もしい限りです。

20171007-2
ファンケルビルの入口に置かれたエンブレムストーン。
旧山下居留地の地番を示すモニュメントです。

横浜シティガイド協会に寄せられたある地方企業からの問い合わせをきっかけに
企画された今回のツアー。社史編纂のためのその問い合わせとは、
初代が取引していた「居留地76番地」にあったという外国商館を知りたいというものでした。
当初「居留地」を山手町(ブラフ)だと思って探したところ見当たらなかったものの、
シティガイドの調査により山下町(バンド)だとわかり無事、場所を特定。
商館の石版画も見つかりました。

20171007-4
その跡地、現在の山下町76番地。中華街に近い商業地です。

20171007-5
こちらは山手町76番地。異国情緒漂う閑静な住宅地。

ノスタルジック歴史散歩はアメリカ山公園とその周辺の歴史を知っていただくために年に1回行っています。
来年はどんな内容になるのか、どうぞお楽しみに。

公園からのお知らせ | 更新日:2017.10.12

秋の花だより

20171006_1
公園の門近くで行きかう人の目を楽しませてくれるハンギングバスケット。
ポットからこぼれんばかりに咲き誇る赤い花は何だと思いますか。
答えは「ベゴニア・ワッパー」。普通のベゴニアより花も草丈も大型です。

20171006_2
はなびら1枚の幅が大人の手の指先から第一関節までと同じくらい。

20171006_3
色違いの可憐なピンクもやっぱり迫力ありますね。

秋バラにはまだ少し間のあるこの時期、ほかにも個性的な花が見ごろを迎えています。

20171006_4
うっそうと茂る細い枝から吹き出したように咲く黄色い小花「アンデスの乙女」。
名前の通り南米原産のマメ科の植物です。

20171006_5
枝先にはコロコロしたつぼみがいっぱいついていてまだまだ楽しめそうです。

20171006_6
こちらは花の形から「ハクチョウソウ(白蝶草)」とも呼ばれる「ガウラ」。
薄いピンクのはなびらがどこかはかなげな印象です。

色とりどりの秋の花壇でお気に入りの花をみつけてみてはいかがでしょう。

公園からのお知らせ | 更新日:2017.10.10

「第4回 横浜ノスタルジック歴史散歩 ふたつの居留地ものがたり」どうぞお楽しみに!

2017092605
見慣れた公園入口の門柱に刻まれた「???? 97」の文字。
「????」はなにかと近づいてみると・・・

2017092604
「BLUFF」。
開港後に設けられた外国人居留地のうち山手地区を、居留民らはその地形から
「切り立った崖・高台」を意味する「ブラフ」と呼んでいました。
アメリカ山公園の位置する場所は当時のBluff 97。現在の住所も山手町97番地です。

2017092601
一方、同じく外国人居留地であった現在の山下地区は海岸付近を意味する「バンド(Bund)」と呼ばれていました。
公園の歴史解説板では当時のバンドの写真がご覧いただけます。

2017092602
来たる10月7日(土)に開催される「第4回 横浜ノスタルジック歴史散歩 ふたつの居留地ものがたり」は
それぞれビジネス街と外国人住宅地として発展したバンドとブラフ両居留地を横浜シティガイド協会の案内で訪ねる
ちょっぴりミステリー仕立てのツアーです。横浜の歴史に興味のある方、ぜひご参加ください!


rekishisanpo_2017
第4回 横浜ノスタルジック歴史散歩「ふたつの居留地ものがたり」

*募集は締め切りました。
日時:10月7日(土)13:30(約1時間)
集合:みなとみらい線 日本大通駅 改札口 *アメリカ山公園にて解散
参加費:無料
定員:10名(先着順)
応募方法: Eメールまたはファックスにて①氏名 ②電話番号 ③参加希望人数
を添えてアメリカ山公園パートナーズまでお申込ください。
主催・問合せ:アメリカ山公園パートナーズ(代表企業 西武造園株式会社)
Tel: 045-232-4661(平日9:00~16:00)
Fax :045-232-4662
E-mail:info-mt_america@seibu-la.co.jp
ウェブサイトの「お問い合わせ」フォームをご利用ください
協力:NPO法人 横浜シティガイド協会


2017092603
秋晴れの空のもと、風になびくパンパスグラス。
お散歩当日もきっと晴れますように!

公園からのお知らせ | 更新日:2017.09.29

小庭園は隠れたくつろぎのスペース

20170922_1
元町・中華街駅から山手方面への玄関口として多くの方にご利用いただいているアメリカ山公園。
屋上のエスカレーターやエレベーター口と公園の門の間を毎日のように行き来している方でも
案外見過ごしがちなのが、元町側にある小庭園です。
花に囲まれたこじんまりとした芝生のスペース。
ちょうど今、真っ赤なペンタスが見ごろを迎えています。

20170922_2
エスカレーターを降りて右手に折れるとふんわり白いスイフヨウと真っ赤なゼラニウムが。
小庭園はこの後ろ側に広がっています。
ちなみにスイフヨウは時間が経つにつれて赤みが増してその日のうちにしぼんでしまう一日花です。

10月2日より芝生の養生が始まりますが、小庭園はいつも通りご利用いただけます。
ベンチでくつろいだり、マリンタワーやベイブリッジを背景に写真を撮ったり。
思い思いのひと時をお過ごしください。

公園からのお知らせ | 更新日:2017.09.22

秋色のプランター

2017091504
展望園地のエスカレーター口のプランターに秋らしい色合いの草花を植えました。

2017091502
赤から黄へグラデーションが美しいマリーゴールド。
少しだけ顔をのぞかせているピンクの花は千日小坊というちょっと変わった名前。

2017091501
緋色のセロシアはケイトウの仲間。
葉脈の美しい白い葉はカラジウムです。

赤とんぼが飛び交う芝生広場(※)でお弁当を広げたくなる季節の到来です。

※芝生広場は10/2(月)~10/20(金)まで養生期間として使用禁止になります。
今月いっぱい、トンボが行き交う芝生広場を是非お楽しみ下さい。
冬にも美しい緑の芝が楽しんで頂くための養生期間となります。ご理解とご協力の程
宜しくお願い致します。

来月末はいよいよハロウィンウォーク開催。どうぞお楽しみに!

公園からのお知らせ | 更新日:2017.09.15

花壇で見つけた夏の名残のキャンディーカラー

2017090802
季節の移ろいを感じる今日この頃。
公園の花壇がシックな秋の色合いにかわるその間際、夏の花々が名残の輝きを見せています。

濃い緑に囲まれたピンクやイエローの小さな花はハナスベリヒユ。
紫に白の絞りのペチュニアの仲間もまだまだ元気。
口にいれるとシュワッとはじけるカラフルなキャンディーをそこらじゅうにちりばめたようなかわいらしさです。

2017090801
蜜を求めて訪れたキアゲハも花に劣らぬカラフルさ。
ハネの付け根側の黒く塗りつぶしたような部分にご注目。
アゲハ(ナミアゲハ)ではここが縞模様になっていてこれが2種類を見分けるポイントです。
アゲハチョウを見かけたらチェックしてみてくださいね。

今週末はアメリカ山公園で夏から秋への移ろいを探してみてはいかがでしょう。

公園からのお知らせ | 更新日:2017.09.08

第4回横浜ノスタルジック歴史散歩 10月7日(土)開催決定!

rekishisanpo_2017
アメリカ山公園恒例の夏イベント「横浜ノスタルジック歴史散歩」。
毎回ご好評をいただき今年4回目を迎えますが、よりご参加しやすいよう今回から開催時期をウォーキングにぴったりの秋に変更しました。

さらに、今回はちょっとした歴史ミステリー仕立てのお散歩に。
どんな感じかというと・・・

ある日、横浜シティガイド協会に舞い込んだ1通の問い合わせメール。
とある地方企業が創業150年を記念して社史を編纂するため、
初代が開港期の横浜で取引していた商館に関する情報を求めているという。
手がかりは、ある意外な形で残された居留地の「番地」だけ。果たして商館は特定できるのか!?
そして今に至るまで「番地」が伝えられてきたその理由とは?


・・・というわけで、横浜シティガイド協会のご案内でちょっぴり探偵気分で
山下町周辺に残る商館の痕跡や、異国情緒をいまにとどめる山手本通りを訪ねます。
ぜひご参加ください。

第4回 横浜ノスタルジック歴史散歩「ふたつの居留地ものがたり」
* 募集は締め切りました。
日時:10月7日(土)13:30(約1時間)
集合:みなとみらい線 日本大通駅 改札口 *アメリカ山公園にて解散
参加費:無料
定員:10名(先着順)
応募方法: Eメールまたはファックスにて①氏名 ②電話番号 ③参加希望人数
を添えてアメリカ山公園パートナーズまでお申込ください。
主催・問合せ:アメリカ山公園パートナーズ(代表企業 西武造園株式会社)
Tel: 045-232-4661(平日9:00~16:00)
Fax :045-232-4662
E-mail:info-mt_america@seibu-la.co.jp
ウェブサイトの「お問い合わせ」フォームをご利用ください
協力:NPO法人 横浜シティガイド協会


2017082901
厳しい残暑がまだ続きますが、花壇の花たちは元気に皆様のお越しをお待ちしております。






公園からのお知らせ | 更新日:2017.09.01

横浜中華学院の生徒が芝生のエッジ切りにトライ!

2017082503
今年も横浜中華学院の生徒が職業体験に来てくれました。
中高生8名が2日間にわたって公園の植栽管理作業にトライ。

2017082504
2日目の今日は芝生のエッジ切り。
より美しく芝を見せるために縁石に沿って芝を切り取る作業です。

2017082501
炎天下の肉体労働は元気な若人にとっても超ハード。
作業後の感想は「疲れた~」

2017082506
それでも仕上がりを改めて見てみると「見栄えがだんぜん良くなってる!」
「日ごろ庭の手入れをしているおじいちゃんおばあちゃんの苦労がわかった」
「大変だった分、達成感がある」
「実際に土に触れてみると、固いところや柔らかいがあって、それによって作業のやりやすさが違うことがわかった」

20170827
短い期間でしたが、この体験が少しでも若い心の成長に役立ちますように。
またぜひ遊びに来てくださいね!

公園からのお知らせ | 更新日:2017.08.25

「エスカレーター安全教室」でこどもたちが正しい乗り方を学びました

escalator02
8月15日、外はあいにくの雨模様でしたがアメリカ山ガーデンアカデミーには、子どもたちの元気な声が響きました。
「エスカレーター安全教室」に参加したこどもたちが正しい乗り方のクイズに答える大きな声です。

escalator01
ウサギやカメなど登場する動物たちが安全な乗り方を教えてくれる楽しい紙芝居。

escalator03
緊急停止が作動してエスカレーターが止まったときに、乗っている人がどうなるかをスタッフが実演。
ベルトにつかまっている人は大丈夫でしたが、歩きスマホをしていた人は
エスカレーターが止まったとたんによろけてステップを5,6段ほど落ちてしまいました!
すぐ下の段に人がいたら将棋倒しになって大惨事になりますね。

escalator04
普段は見ることのできない内部構造を見学。
「異常が起きたときにはどうやって直すのですか」などの質問に整備士の方が丁寧に答えてくれます。

エスカレーターの保守点検を担当する三菱電機ビルテクノサービスによる安全キャンペーンプログラム。
参加したこどもたちは、エスカレーターに正しく乗ることの大切さを学んでくれたようです。
日常的に使うエスカレーターはとても便利なものですが、使い方を間違えると事故につながります。

大人の皆さまも、エスカレーターに乗るときはベルトにつかまること、
ベビーカーや車椅子を使用の際はエスカレーターではなくエレベーターに乗ることなど
安全な利用を心がけてこどもたちのお手本になるよう、ご協力をお願いいたします。

公園からのお知らせ | 更新日:2017.08.17
ページの先頭へ戻る