ハスいっぱいプロジェクト ~花は実となり、葉は茶色に~

こんにちは!

皆さんと一緒にレンコンの植え付けを行い、公園の中に「ハスの見どころスポット」を創る「ハスいっぱいプロジェクト」も、
今年で5年目となりました。
4月に橋川市長にも参加していただき、始動した「ハスいっぱいプロジェクト」。
初回は、強い風が吹き、桜が舞い散る中での植え付けでした。









その後、夏の陽射しをたくさん浴びて、ハスはぐんぐんと葉を大きくし、たくさんの花を咲かせて楽しませてくれました(^^♪








そして、秋風が吹き始めた今、花は実となり、葉は緑から黄色、更には茶色へと変わってきました。
上下の写真を比べると、色の変化がよくわかりますね!(^^)!




大きくなった花托の中には、黒いどんぐりの様な種が入っています。




種が落ちた後の花托は、蜂の巣のよう。






葉が枯れた後、来年に綺麗な花を咲かせるため、レンコンは大きくなっていきます。
そして次の春になったら、そのレンコンを皆さんと一緒に植え付けて…。

「ハスいっぱいプロジェクト」はこれからもず~っと続いていきます。
皆さまのご参加をお待ちしています(^^)/

ハスいっぱいプロジェクト | 更新日:2021.09.13

ハスプロジェクト ~花が見頃になって来ました~

こんにちは!

ハスの花を沢山咲かせようと行われているハスプロジェクト。
今年も4月に大勢いの方に参加していただき、ハスの植え付けを行いました。
それらのハスは、すくすくと育ち、葉を広げ、花を咲かせ始めました。





まだ咲き始めですが、蕾もたくさんついていて、これからが楽しみです(^^)/






近くから見ても、少し離れて見てもきれいですね。




緑が濃くなってきた、周りの景色と併せて楽しんでもいいですね。



これからも、たくさんハスの花が咲き続けるように、ハスプロジェクトは続いていきます。

ハスいっぱいプロジェクト | 更新日:2021.07.01

ハスいっぱいプロジェクト!!

春うらら。4月3日(土)に2021年度ハスいっぱいプロジェクトが始動しました!

市民のみなさんと一緒に、レンコンの植え付けを行い、公園の中に「ハスの見どころスポット」を創る
「ハスいっぱいプロジェクト」も今年で5年目となりました。
昨年は、コロナウイルス拡大防止のため中止となりましたが今年は開催でき、スタッフもうれしく思います^^

先ずは、映像ホールにて草津市長よりご挨拶を頂き、スタッフから説明を聞きます。




次に、バックヤード(普段は入れないところです!)に移動して、
実演をふまえて具体的な手順を教えてもらいます。

1回目は市長さんも参加してくださいました!(^^)! 素敵な土おこし!




さあ、いよいよ本番です。
土と腐葉土、石灰、肥料をよく混ぜる!全体にいきわたるように、まんべんなく混ぜましょう~♪




土が混ざったら、水を入れてこねます。水が入っていないところに水を入れるように混ぜる混ぜる!




そしてひたすらこねます。重くなってきても頑張ろう!この土練りでハスの生育状況が変わります!練って練って練りまくろう!






さあ、ハスの根っこを植えましょう。そう!レンコンですね。蓮の花の根っこはレンコンですよー!

    
溝をつくり                   芽が上になるようにして          芽の方を斜め15度上にして埋め込みます


上手にできるかな








最後に、池まで運びます。
力を合わせて、よいしょ! よいしょ!






池の奥へと引かれていく鉢をお見送りします。いってらっしゃ~い!
鉢を池へジャボン! この時、土練りが甘いと池に入れた後、レンコンが浮いてきます。。。今年は大丈夫!


例年どおり、アトリウムテラスに面した池に設置しています。
一昨年と昨年植えた分が80鉢、今年は72鉢の計152鉢がハス池に浮かびます。

ここから葉っぱが立ち上がり、たくさんの太陽を浴びて栄養を取り入れた後、大きなハスが花開きます。
夏の開花を楽しみにしてくださいね!

ハスいっぱいプロジェクト | 更新日:2021.04.18

ハスが見頃となりました!

こんにちは!みずの森はハスのシーズンとなりました!
ハスが次々と花を咲かせ、楽しませてくれています。園内では、ハス池、コミュニティ広場、教材園などでご覧いただけます。

こちらはハス池の様子。




周りの景色と相まって、とても自然。

毎年、市民の方と一緒にハスの苗(レンコン)を植える「ハスいっぱいプロジェクト」を開催していましたが、今年はコロナウイルスの拡大防止のため、スタッフで植替えをしました。
★今年の植替えの様子←クリック♪


エントランス広場では、鉢植えの小ぶりのハスが見られます。

 

小ぶりのハスは「茶碗蓮」。「茶碗でも育てられる」というところから名付けられた小型ハスです。

教材園では、品種ごとに見比べながら楽しんでいただけます。
いくつかご紹介します。

ベトナム蓮


穴村吉田


精華蓮


大賀蓮


白蓮


ラベンダーレディー


カスピクム


舞妃蓮


西湖蓮


真如蓮


白やピンク、一重咲きや八重咲き。色々なものがありますが、自分好みの花は見つかりましたか?
一つのハスの花が咲いているのは4日ほど。ご来園の際にどの花が咲いているかはお楽しみに!              

園内の様子 | 更新日:2020.07.04

ハスいっぱいプロジェクト2020!

今年もやってきました「ハスいっぱいプロジェクト」
市民のみなさんと一緒に、レンコンの植え付けを行い、公園の中に「ハスの見どころスポット」を創ろう!と
開催予定でしたが、コロナウイルスによる集団感染を避けるため、今年は中止となりました。
なので今回はスタッフ総勢で、みなさんの分までハスの植え付け作業を行いました。

全員集合MTG。植え方などの確認。ここにある桶の土を全て泥にする作業を始めます。
    


さあ今からこねます。土を全体に混ぜた後、水を入れて、こね、水をいれて、こねる。後はひたすらこねる!!!
これが一番大事な作業で、一番腰が痛い作業です。ちなみに広報担当は次の日筋肉痛になりました。
  

スタッフの雄姿をご覧ください。。。
  
  

この土が。。。このような泥になったら完成です。



さて後半戦です。ハスの根、つまりレンコンですね。これを植えていきます。

写真のように園芸用のレンコンは細いです。園芸用は「花を咲かすため」。食用は「食べるため」。
なので今回はたくさん花を咲かせてほしいので、園芸用を使います。

食用は食べる為なので、花よりも根の太い方が良しとされ、太くなるように品種改良されてきました。
ちなみにこの園芸用も食べれるそうですが、おいしくないです。筋も多いです。。。

  

まずは桶に植物の品種名が書かれたラベルを張り、種類を間違わないようにします。
続いてハスの根を植えるために、手刀で、カーブを描いていきます。
  

ハスの根を植えます。上から下に押さえるのではなく、芽の反対側から斜め15度を保ち、流れるように入れます。
  
泥を被せた後、葉っぱが伸びる進行方向の場所に肥料をいれます。桶の底まで手で押し込みます。
 

これで完成!あとは池の中に沈めていきます。
  

今年植え替えた分が70鉢、昨年植えた分が70鉢で合計140鉢!
ハスの花が咲く頃、コロナウイルスも落ち着いていることを祈っています。

今この時期は、ハスは泥の中。時間が経つと、泥の中から蕾が空へ向かって伸び、花が開きます。

植物も冬の間のように、うんと待つ時間があり、芽を伸ばす時を待っています。
葉っぱが出て花が開いた時には、ぜひ遊びにきてくださいね^^
お待ちしております!

ハスいっぱいプロジェクト | 更新日:2020.04.29

【中止】ハスいっぱいプロジェクト

3月25日をもって、新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、4月のイベントの中止を決定致しました。
4月開催予定の「ハスいっぱいプロジェクト」は延期の予定はございません。
楽しみにしていただいた皆様には申し訳ございませんが、ご理解とご協力の程よろしくおねがい致しします。



=====================================

市民のみなさんと一緒に、
公園の中に「ハスの見どころスポット」を
創るこのプロジェクトも
今年で4年目となりました。

レンコンの植え付け作業に参加いただける
プロジェクト隊員を募集します!

レンコン植え付け大会
日時:2020年4月11日(土)
    午前の部(10時~11時30分),午後の部(13時30分~15時)
   (少雨決行/荒天の場合は翌日12日(日)に延期)
定員:50名様(各回25名/要事前申込)
参加費:無料
申込受付:3月10日から3月31日まで(定員に達し次第受付終了)
備 考:新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては、
     中止とする場合がございます。あらかじめご了承ください。

主催:近江鉄道ゆうグループ
後援:エフエム滋賀
協力:一般社団法人草津北部まちづくり協議会
    人と地域が輝く常盤協議会、そら植物園
協賛:株式会社滋賀リビング新聞社、京都新聞企画事業株式会社
    株式会社疋田、クサツエストピアホテル、株式会社杜若園芸
    株式会社グリーンライフ近江
    フラワーショップ オーキッド フレンドマート志津東草津店
    Flower Design Green Coordinateはない、草津園芸
    株式会社ヒキタ事務機、フジノ食品株式会社
    ダイドードリンコ株式会社、音伍繊維工業株式会社
    株式会社柿木花火工業

ハスいっぱいプロジェクト | 更新日:2020.03.06

来年のハス池に向けての準備

夏にハス池を飾ったハスの鉢たちも
すっかり冬の装いとなりました。

池の中にある200鉢の内、半分の100鉢分について、
池から引き揚げ、鉢起こし作業を行いました。







水分を含んだ鉢は非常に重いものなので、
なかなかの重労働でしたが、
来年のハス池に向けての準備ということで、
スタッフ総出で頑張りました!

ハスいっぱいプロジェクト | 更新日:2019.12.21

ハス群生地由来のハスが咲いています!(8月11日)


8月11日のハス池の様子です。
4年前まで琵琶湖・赤野井湾に
あったハス群生地から採取したレンコンを
草津市環境政策課と連携して
今年は園内のハス池で実験的に育てています。
少し遅くなりましたが、ただいま花が見頃です!
ハス群生地由来のハスはオレンジ色の鉢に植えてあります。
ぜひ、見に来てください!

ハスいっぱいプロジェクト | 更新日:2019.08.11

ハス池の様子(8月4日)

8月4日のハス池の様子です。
今年は開花が1週間ほど早かったので、
花の終わりも早いかな・・・
と思っていたのですが、
まだまだ楽しめます!

ハスいっぱいプロジェクト | 更新日:2019.08.04

ハス池の様子(7月28日)

7月28日現在のハス池の様子です。


花托も多くなってきましたが、
まだまだ花も楽しんでいただけますよ!
ぜひ、早朝開園をしている期間(~8月12日)
にお越しくださいね!

ハスいっぱいプロジェクト | 更新日:2019.07.28
ページの先頭へ戻る