西武造園株式会社

12345

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

国営武蔵丘陵森林公園

運営維持管理業務

国営武蔵丘陵森林公園は、明治の偉業をたたえる記念事業の一環として、武蔵野の面影を残すロケーションを活かし開園した全国で第1号の国営公園です。
自然を失いつつある都市の住民が緑を通じて人間性を回復する場を確保するため、国は明治百年を記念するにふさわしいものとして設置されました。
2012年度より市場化テスト※として、運営維持管理業務を行っています。

※市場化テストとは

これまで「官」が独占してきた「公共サービス」について、「官」と「民」が対等な立場で競争入札に参加し、価格・質の両面で最も優れた者が、そのサービスの提供を担う仕組みです。公共サービスの質の向上、公共サービスの効率化(経費・人員の節減)を目的としています。(地域産業の活性化にもつながる:内閣府WEBサイトより)

件名
H30-34国営武蔵丘陵森林公園運営維持管理業務委託
※市場化テスト:運営維持管理業務(民間競争入札)
事業者名
森林公園里山パークス共同体
 代表者
一般財団法人公園財団
 構成員
西武造園株式会社
株式会社プリンスホテル
発注者名
国土交通省
契約期間
4年間(2019年2月1日~2023年1月31日)※3期目
所在地
埼玉県滑川町、熊谷市
規模(面積)
304ha

西武グループとしての取り組み

グループスローガンのもと、地域・社会の発展、環境の保全に貢献するため、様々なプロジェクトを実施しています。

SDGsへの取り組み

人とみどりの環境創造サービス企業として「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に向けた事業活動を行っています。

ビジネスパートナーの皆様へ

当社の安全書類・請求書などの各書式をダウンロードしていただけます。