西武造園株式会社

12345

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

横浜市アメリカ山公園

管理許可業務

みなとみらい線「元町・中華街駅」駅舎を4階建てに増築し、建物屋上部分と山手側の丘陵地を一体化し公園として整備された全国初の立体都市公園です。
名称は明治初頭の米国公使館ゆかりの地であり、戦後は米軍の施設用地として利用された等の歴史を持つことに由来しています。山手と元町の結節点に位置する公園として、西洋館のある山手の歴史的な雰囲気と、元町の賑わいを感じられる空間として、地域の方に親しまれ、観光客の方を楽しませる都市公園です。

施設断面図

3・4階は、地域活性化のため、体験学習・集会施設のほか飲食を提供する便益施設などを備えています。

屋上園地

駅舎の屋上に位置する展望園地は、マリンタワーやベイブリッジ、晴れた日には富士山も望めることができ、見晴らしのよさと開放感があります。

アメリカと縁のあるアメリカハナミズキの並木や、バラ、クレマチスなどの花を楽しめる草花に宿根草、コニファー等を芝生広場の周囲に植栽し、西洋風の庭として整備しています。既存の大径木のヒマラヤスギが歴史を感じさせる庭園となっています。

環境教育プログラム「はち育®」の取り組み

本公園では、2013年より環境教育プログラム「はち育®」を初めて実施しました。

公園内でみつばちを飼育し、みつばちの特性を活かした環境教育プログラムを実施するとともに、採蜜したはちみつによる商品開発等の地域連携の促進や地域振興を図るため、事業に取り組んでいます。

件名
横浜市アメリカ山公園(管理許可)
事業者名
アメリカ山公園パートナーズ
 代表者
西武造園株式会社
 構成員
横浜緑地株式会社
発注者名
横浜市
契約期間
10年間(2012年4月1日~2022年3月31日)
管理開始年
2012年度~
所在地
神奈川県横浜市元町
規模(公園面積)
5,520㎡(約0.55ha)
規模(建築面積)
1,154㎡
規模(延床面積)
3,954㎡(うち便益施設等 1,724㎡)

西武グループとしての取り組み

グループスローガンのもと、地域・社会の発展、環境の保全に貢献するため、様々なプロジェクトを実施しています。

SDGsへの取り組み

人とみどりの環境創造サービス企業として「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に向けた事業活動を行っています。

ビジネスパートナーの皆様へ

当社の安全書類・請求書などの各書式をダウンロードしていただけます。