【開花情報】マーガレット、アルブカ(2006年3月)

園内のベニカエデの花穂が紅く色づき、木々は芽吹き、スイセンが風に揺れています。
サクラはまだ寒さが長引き蕾は固く、開花は来週になると思われます。
ハボタン花壇はリビンングストーンデージーに変わりました。


★石組み花壇のマーガレットとリナリア



★ グラディオルス・トリステス  Gladiolus tristis
アヤメ科 南アフリカ原産
淡いクリーム色の楚々とした原種グラディオルスの一種
エントランスホールにて展示。



★アルブカ・スピラリス   Albuca spiralis
ユリ科  南アフリカ原産
6枚の花被片のうち3枚は水平に開き、内側の3枚は下向きとなる。
らせん状になる葉が可愛らしい。エントランスホールにて展示。



★ サリタエア・マグニフィカ  Saritaea magnifica
ノウゼンカズラ科  コロンビア原産
ムラサキノウゼンとも呼ばれる。
アトリウムに植栽してある大株はなかなか開花に至りませんが、小鉢でやっと開花しました。
アトリウム南側のフェンンスに展示してあります。



★アトリウムで熱帯スイレン・ギガンンティアが次々と花を咲かせています。
ピンク、赤、紫、ブルー、黄色と様々な色あいの熱帯スイレンがアトリウムの水面を埋めつくして、
トロピカルワールドへお誘いします。

開花情報 | 更新日:2006.03.31

【開花情報】ジャカランダ、トサミズキ(2006年3月)

サラノキの花は、ほぼ終わりとなりました。今年は残念ながら、ほんの僅か咲いただけでした。
園地のサンシュユ、トサミズキは満開となり春の訪れを告げ、シダレウメ、ツバキが咲き始めています。


★ トサミズキ   Corylopsis spicata
マンサク科
淡い緑がかった黄色の花穂は一つの花序に7~10個の花が下垂しています。



★ イリス・レティキュラータ‘ハーモニィ’
Iris reticulata ‘Harmony’
ロックガーデンでクロッカスの次に開花するのが、背丈が10cmあまりの小さなアイリス、レティキュラータです。
細い葉の断面が四角であるというのは面白い特徴です。他に花色が紫色の‘ダイツ’という品種も開花しています。
因みにreticulata とは「網目のある」という意味で、球根が網目状の外皮で覆われている事によります。



★ ジャカランダ・ミモシフォリア   Jacaranda mimosifolia
ノウゼンカツラ科  アルゼンチン原産
南米、ハワイ、オーストラリア各地では街路樹として植えられています。
現地では、15mもの高木になり、春先には樹全体が、桐の花に似た淡紫色の花で包まれ、
桜並木のような紫色の壮観な並木となります。
乾燥には強いのですが耐寒性はあまりなく、当園では鉢栽培で管理していますので、背丈ほどの大きさです。
アトリウムにて展示しています。



★ スパティフィルムとアナナス  Spathiphyllum
サトイモ科
スパティフィルムは一般家庭でも観葉植物として栽培されており、帆掛け舟の帆のような白い仏炎苞が涼やかです。



★ ドンベヤ・チリアケア  Dombeya tiliacea
アオギリ科  南アフリカ原産
英名はWedding Bells, Cape Wedding Flower 。
白いくす玉が下がっているようです。鉢でアトリウムにて展示しています。
下垂せずに上向きに咲くピンクの花色のドンベヤ・カランサも咲き始めています。

開花情報 | 更新日:2006.03.18

【開花情報】サラノキに花が咲きました(2006年3月)

2月中旬に花芽が確認されたサラノキは、3月10日に開花に至りましたが、
昨年の花盛りとは比ぶべくもなく、3枝のみの開花となりました。
一枝に5輪ほどの星型の白い小さな花が咲いていますが、
頭上4~5mの高さで咲いていますので、肉眼では見えにくい位置にあります。


★3枝に花がついています。
2006年3月10日撮影



★ 一枝に5輪ほど星型の花が咲いています。
2006年3月10日撮影



★  サラノキの花
望遠レンズ(1000mm)使用
2006年3月11日 11時 撮影
  
今回の開花は、他に蕾が見当たりませんので、1週間ほどで終了すると思われます。

開花情報 | 更新日:2006.03.11

【開花情報】「イスラモラダ」のムカゴが開花、アナナス類(2006年3月)


★ 熱帯スイレン‘イスラモラダ’  Nymphaea ‘Islamorada’
熱帯スイレンには、葉の中心からムカゴのできる品種があります。
‘ドウベニアナ’が有名ですが、今回は‘イスラモラダ’という品種で、
みずの森では、初めてムカゴから花が咲きました。
熱帯スイレンの原種micranthaを片親として交配をすると、ムカゴ形質を受け継ぐ品種が現れます。
青紫色の花弁に白っぽい色むらのある、本来の‘イスラモラダ’の美しい花とともに、
スイレンの葉の上に鎮座します小さな直径7cmの花をお楽しみ下さい。


アナナス類の花が咲き始めました。



★  ポルテア・シルベイラエ  Portea silveirae
パイナップル科



★ インドボダイジュ  Ficus religiosa L.
クワ科  インドから東南アジアに分布
仏教3聖樹の一つで、釈迦がこの樹の下で悟りを得たと伝えられています。
来園者の方に、「インドボダイジュはどんな花が咲きますか」との質問をよく受けますが、左の写真が花となります。
クワ科イチジク属はイチジクを「無花果」と書き表すごとく、花は花嚢
(通常、実と呼ばれるもの)の中にあります。イチジクの断面を思い描くと、中にびっしり詰まっているものが花です。
果嚢は葉の付け根に双生し、無柄、果嚢は暗紫色になる。



★ クリスマスローズが咲き始めました。
園内3カ所、サンシュユやトサミズキの咲いている向かい側や、
「丘の上の花園」の北側「ベニカエデ」の根元で咲いています。



★ ミズサンザシ(キボウホウヒルムシロ)
コミュニティ広場・枕木池では水面に白い花を浮かべ、
サンザシのような芳香を漂わせるミズサンザシが、春の訪れとともに復活してきました。

開花情報 | 更新日:2006.03.09

【開花情報】ラケナリア,断崖の女王、シクラメン・コウム、雲南サクラソウ、ヘリオフィラ(2006年2月)

球根植物が次々と花開く季節となりました。
エントランスホールの「干支 戌」展示コーナーの右側には、「南アフリカ原産の球根植物」を展示しております。
現在はアンドロキンビウム、ラケナリア・カルノサ、ラケナリア・レフレクサ、エムポディウムです。


★ ラケナリア・レフレクサ Rachenalia reflexa
ユリ科 南アフリカ原産
南アフリカ原産ですが、1年草の種子植物です。



★ ヘリオフィラ・ロンギフォリア  Heliophila longifolia
アブラナ科   南アフリカ原産
春に採取した種子を、秋、10月に播種



★ 断崖の女王 Sinningia canescens 
イワタバコ科 ブラジル原産
ブラジリアン・エーデルワイスともいわれ、白銀の毛が密集して光り輝く様が美しい。



★シクラメン・コウム  Cyclamen  coum 
サクラソウ科   ヨーロッパ東部、小アジア、イスラエルなど広範囲にわたり分布。



★ 雲南サクラソウ   Primula filchnerae
サクラソウ科   中国雲南省原産
こぼれ種からの苗を鉢上げして毎年開花。

上記の植物はロータス館エントランスホール「干支展示」右側にてご覧になれます。

開花情報 | 更新日:2006.02.26

【開花情報】サラノキに花芽があがり始めました(2006年2月)

昨年の3月~5月までサラノキ全体が花盛りとなり、素晴らしい花付きで、
長い間、その高貴な香りとともに来園者の皆様を楽しませてきました。
今年のサラノキは、低温の影響で、やっと今週になり、
落葉後に伸びた新梢の間からわずかに2枝ほど、花芽が確認されました。


★ 頭上4、5mの高所の2枝で確認された花芽



★  サラノキの花芽
2006年2月16日11時撮影



★  下より見上げた、サラノキの上部(5,6m)



★  昨年度の花盛りのサラノキ
2005年4月1日
※ 昨年が余りにも花つきが良く、樹が弱っているようですので、
今年はどの程度蕾がつくのか今の時点では予測がつきません。



★  昨年度の結実したサラノキ
2005年4月20日

開花情報 | 更新日:2006.02.16

【開花情報】深山含笑、ソランドラ・マクシマ、テコマンテ・デンドロフィラ、白いオオバン(2006年2月) 

例年に比べ、低温と日照不足が続いていますので、サラノキの開花は今の時点では、不明です。
3月頃には花芽が確認できると思われますので、随時ホームページ上でお知らせいたします。


★ 深山含笑    Michelia maudiae
ミケリア マウディアエ
モクレン科   中国原産
40cm程の高さの小さな株ですが、優雅さが漂う9枚の白い花びらを持つ花は、ほのかに高貴な香りを放ちます。エントランスホールの干支展示のコーナーにてご覧になれます。



★ ソランドラ・マクシマ    Solanndra maxima
鬱金喇叭花
ナス科    メキシコ原産
花径が15~20cmの浅いラッパ状の大型のツル性植物。
アトリウムを入り右手の奥まった側窓付近で咲いています。



★  テコマンテ・デンドロフィラ   Tecomanthe dendrophila
ノウゼンカズラ科   ニューギニア原産
花の大きさは10cm程で、サーモンピンクから黄色へのグラディーションが美しい花色の熱帯のツル性植物。
アトリウム南側に鉢で展示してあります。



★  三尺バナナ   Musa acuminata ‘Dwarf Cavendish’
バショウ科  
鉢植えで、1mほどの高さで花と実をつけていますので、目の前でじっくりご観賞下さい。
アトリウムの東の端にて展示しております。



★  白いオオバン(アルビノ種)
新聞紙上でも紹介された、黒いオオバンの中でひときわ目立つ白いオオバンは
ハス群生地の東側で日向ぼっこをしている群れの中に見出すことができます。
ハス群生地東側にて   2006年2月10日11時撮影

開花情報 | 更新日:2006.02.10

【開花情報】ボ-モンティア、アンドロキンビウム、サンシュ、スクテラリア、スイレン‘ジャン’(2006年2月)


★ ボーモンティア・グランディフロラ  (キョウチクトウ科)
Beaumontia grandiflora
ヒマラヤ東部~中国雲南省原産
満開となりました。
大型のツル性植物で直径10cmほどの、先端が5裂したラッパ状の白色の大きな花が、
11輪ほど開花しています。順次花が終わっていきますのでお早めにお越し下さい。
アトリウムの南面、側窓3~4mの頭上で咲いています。



★ アンドロキンビウム・カペンセ
Anndorocymbium capense (L.)krause
ユリ科  南アフリカ原産球根植物
英名  Cup & Saucer または Men in a boat
白い大きな苞葉の中に小さな花が4~6個総状についています。
エントランスホールの戌の干支展示の右側の小さな木の椅子にのっています。
中の小さな花がよく観察できます。



★ スクテラリア  
シソ科    南米原産
鮮やかな赤紫の小花が次々と咲く亜低木で、アトリウムのピンクのウナズキヒメフヨウの足元で咲いています。



★  寒さが厳しい今年の冬は日照、温度、共に恵みが少なく、
アトリウムの熱帯スイレンも例年よりは多少小ぶりですが、色とりどりに咲いています。

みずの森のスイレン紹介シリーズ
熱帯スイレン ‘ジャン’ 
2005年米国、国際スイレン協会のメンバーより寄贈を受けた品種です。



★  サンシュユ   山茱萸   Cornus officinalis
ミズキ科    中国原産
春の訪れを告げる黄色の花ですが、お正月明けに剪定した枝が室内の暖かさで開花しました。
園地では、まだ、昨年熟した紅い実が鈴なりになっています。ロータス館のエントランスホールの壷に活けてあります。

開花情報 | 更新日:2006.02.01

【開花情報】ボーモンテア、カエンカズラ、ペトレア(2006年1月)

アトリウムで、花盛りだったドンベヤ・ウォーリッキーも花がわずかになりました。
カリアンドラは白花は鉢で、赤花も樹上で満開です。


★ ボーモンティア・グランディフロラ  Beaumontia grandiflora
キョウチクトウ科  ヒマラヤ東部~中国雲南省原産
中国名は清明花。
大型のツル性植物で花冠は、直径10cmほどの、先端が5裂したラッパ状で白色。
アトリウムの南面、側窓3~4mの頭上で一房開花しました。



★ ペトレア・ヴォルビリス ‘アルビフロラ’
Petrea volubilis ‘Albiflora’
クマツヅラ科  
英名 Queen’s wreath  「女王の花輪」
萼と花弁が同色で、花弁の散った後も、白い星型の萼だけが長く残り、あたかも花のようである。
アトリウムにて鉢植で展示してあります。



★ カエンカズラ  Pyrostegia venusta  
ノウゼンカズラ科  ブラジル南部、パラグァイ原産
細いオレンジ色の筒状花でひとつの花序に15~20個つき、大きな房となって咲く。
アトリウム東の側窓付近で咲いています。



★ セネキオ・イコグロッサス   Senecio icoglossus DC
キク科   ブラジル原産
湿地に咲く水生菊で、銀葉の大きな葉と鮮やかなピンクの花が美しい珍しい植物。
アトリウムでご覧になれます。



★ ベゴニア ‘ドラゴン ウィング’
シュウカイドウ科  園芸品種
アトリウム南側にハンギングで仕立ててあります。

開花情報 | 更新日:2006.01.18

【開花情報】シンビジュウムと干支展示、クレロデンドルム、ハイビスカス(2006年1月)

滋賀洋ランフェスタ2006が1月9日まで開催されています。
会場は華やかな花色と芳香に包まれています。


★ 「華屏風」
(社)日本フラワーデザイナー協会滋賀支部 出展作品
和風にしつらえた屏風にコチョウラン、デンファレ、オンシジウムがアレンジしてあります。
1月9日にて展示は終了となりました。



★ 戌の干支展示はポインセチアからシンビジウムに変わりました。



★ ハイビスカス・アーノッティァヌス
ハワイ・オアフ島原産の野生のハイビスカスで、清楚な白い花が人気です。  
アトリウムで鉢で咲いています。



★ クレロデンドルム・クアドリロクラレ‘ファイアーワークス’
細長い筒状の花が花火のように広がり見るものを魅了します。



★ フルーツ・セイジ  Salvia dorisiana
シソ科  中米・ホンジュラス原産
葉がフルーティな香りがします。
花期が冬なので花を見るためには温室が要ります。

開花情報 | 更新日:2006.01.07
ページの先頭へ戻る