生きるために食べる

木の幹にとまり、最後の力を振り絞るかのように「ジ・ジ・ジ・ジ・ジーー」と鳴いていたアブラゼミ。そのアブラゼミを背後から狙うカマキリ!
カマキリはジリジリと忍び寄り、瞬時に長い手を伸ばし、あっという間にアブラゼミは捕らえられてしまいました。
アブラゼミは逃げようとしますがカマキリは捕まえた獲物は放しません。そして捕まえたと同時にムシャムシャと食べ始めました。
命のはかなさと生きもののつながりを考えさせられた夏の終わりの出来事でした。

自然情報 | 更新日:2021.09.03
ページの先頭へ戻る