オンラインで交流会

2月14日の日曜日、谷津干潟ジュニアレンジャーの交流会を行いました。交流相手は東京都立水元公園内にある葛飾区水元かわせみの里で活動している子どものボランティア、「カワセミキングス」のみなさんです。
今まではお互いの活動地を行き来していましたが、今年は新型コロナウイルスの影響により、オンラインでの交流会となりました。

画面越しでの対面でしたが、「連想ゲーム」や「色探し」を通じてお互いの場所や自然を伝え合いました。
また、活動を紹介し合う場面ではカワセミキングスの活動を知ることができ、活動中は「水元公園は花が咲いているんだね」と谷津と水元の微妙な季節の違いに気がついたり、「標本ってなんだろう?」と谷津では聞かない言葉に首を傾げたりとたくさん発見がありました。

ふりかえりでは「水元公園の保全活動に参加してみたい」「同じ色でも谷津と水元では違うものが見つかっていた」「オンラインでも谷津干潟の良さを伝えることができた」など多くの刺激を受けたようでした。

中でも「画面越しで伝えるのは難しかったので、実際に会って交流したい」「オンラインじゃなく、直接会ってみたい」といった意見が多く出ていました。
会えない今の状況はもどかしいですが、子ども達が直接対面して交流できる未来が早く来ることを願うばかりです。





谷津干潟ジュニアレンジャー | 更新日:2021.02.16
ページの先頭へ戻る