2月2日は世界湿地の日

湿地の保全に関する条約「ラムサール条約」が採択された日を記念し、2月2日を「世界湿地の日」と定めました。
毎年、この日に合わせて世界各国の湿地(水辺)で、湿地の価値や保全を考えるイベントを行っています。
今年のテーマは「湿地と水」で、観察センターでは2月7日(日)に「世界湿地の日を楽しもう」を開催します。
谷津干潟に飛来する渡り鳥を見て世界中の湿地とのつながりを考えてみたり、館内の催しをとおして湿地(水辺)の大切さを感じてもらえればと思います。
お家でも海苔おにぎりやアサリを食べて、干潟について考える機会にしましょう。

【世界湿地の日を楽しもう】
■日時 2月7日(日) 
※ご入館の際は入館料がかかります 
■内容 
・貝の海水浄化実験コーナー
・学生による谷津干潟の研究発表会
・ブリスベン&習志野市湿地交流コーナー
・世界の貝で貝がらインテリアづくり 700円
・エコデコイづくり(カモ、カワセミ、小鳥)300円~500円
・ミニ観察会 13:30~14:30(当日15分前より受付・定員10人)
・季節のあ~と 14:45~15:30(当日15分前より受付・定員10人)
※当日ご来館いただいた方先着200名様に習志野市の水「ナラシド♪ウォーター」を1本プレゼントします。
■野外ブースは新型コロナウイルスの影響に伴い中止とさせていただきます。ご理解いただきますようお願いいたします。
 また当日お越しの際は、感染症対策のご協力を各自よろしくお願いいたします。







観察センターからのお知らせ | 更新日:2021.02.02
ページの先頭へ戻る