10/1、地下フロア一部再開しました!

新型コロナウイルスの感染症拡大防止のため閉鎖していた地下フロアが、本日から一部オープンしました。
1階フロアから地下へ続く階段には谷津干潟の魚展とボランティアが作った魚のぬいぐるみを飾りました。
地下フロアでは干潟が一望できる窓から鳥たちや岩陰に潜むクロベンケイガニが間近に観察できます。ゴミに関する展示やボランティアが制作した谷津干潟公園に来る陸鳥を中心にしたカービング展も設置し、見どころ充分です!
来館された際には、地下フロアでゆっくりお過ごしください。
なお、感染症対策のため、館内の換気および図書コーナーと机上に設置された望遠鏡についてはまだ利用することはできません。予めご了承ください。





観察センターからのお知らせ | 更新日:2020.10.01

Café Oasis数量限定メニューのお知らせ

本日より、「おはぎのオアシスセット」を数量限定で提供いたします。
人気のおはぎセットに抹茶アイスクリームとホイップクリーム、風味豊かな黒蜜を添えました。
ティーポットの緑茶とご一緒にお楽しみください。

※無くなり次第終了となります。


おはぎのオアシスセット 600円(税込) ※写真はイメージです

Café Oasis(カフェオアシス) | 更新日:2020.10.03

ニホンカナヘビのチビ

観察センターの前に置いてあるプランターの手入れをしていたら、
下から全長約7cmのニホンカナヘビが出てきました。
今年生まれですかね。

自然情報 | 更新日:2020.10.03

絵本「プロペラちどり」のオリジナルグッズ新発売!

遠く離れたシベリアから谷津干潟までの長く厳しい道のりを、ひとりの少年と5羽のメダイチドリによる大冒険を描いた絵本「プロペラちどり」。
その作品に登場する主人公たちが観察センター限定のアクリルキーホルダーになりました。

ご来館の際は是非、絵本「プロペラちどり」とご一緒に、アクリルキーホルダーをご覧ください。


「プロペラちどり」作・絵 U-suke 1,375円(税込) ※写真はイメージです。



プロペラちどり・アクリルキーホルダー(全3種) ※写真はイメージです。
・プロペラちどり(写真中央):650円(税込)
・マル(写真左):600円(税込)
・谷津干潟(写真右):600円(税込)

売店「ちどり屋」 | 更新日:2020.10.04

草刈りDay

秋晴れの青空の下、レンジャー3人で淡水池の陸地や水際の草刈りを行いました。
草刈り中は足元からバッタやカマキリ、カエルが登場!
観察台の窓からカモなどの鳥たちを観察しやすくなりましたので、お散歩途中や観察の際にお立ち寄りください。








自然情報 | 更新日:2020.10.06

ヨシを食べるカニ

梅雨の時期に干潟の周りのヨシに登って葉を食べるカニを紹介しましたが、今日も冷たい雨の中、多くのクロベンケイガニがヨシに登り、秋になって実った穂を熱心に食べていました。



自然情報 | 更新日:2020.10.09

ホンビノスガイを食べるカラス

今朝、大きなホンビノスガイを食べているハシボソガラスを見つけました。
谷津干潟の遊歩道上空からホンビノスガイを落として割って食べるカラスも目撃されていますが、私が見たこのカラスも干潟上空から落として割ったのかもしれません。

自然情報 | 更新日:2020.10.11

クロダイの大群

谷津干潟ジュニアレンジャーリーダーの小学生が「すごいの見つけた!」と興奮しながら観察センターにやってきました。
持っていたカメラを確認させてもらうと、水中を泳ぐクロダイの群れを撮影していました。
ジュニアレンジャーいわく、数百匹はいたとのこと。
谷津干潟でクロダイは何度か確認されていますが、これだけの数が一度に入ってくることは珍しいです。
写真はジュニアレンジャーから提供してもらいました。

自然情報 | 更新日:2020.10.11

家守

今朝、開館の準備をしていたところ、館内にヤモリを見つけました。
大きさは10cmくらいで大きな目がつややかでした。

観察センターが開くまで野鳥観察をしながら、センターを守っていてくれたのでしょうか。


自然情報 | 更新日:2020.10.13

アオサギの水浴び!

普段は長い脚を伸ばして立っているアオサギ。
今日は淡水池に脚が丸々浸かって、水浴びをしていました。

まるでカモみたいですね。

自然情報 | 更新日:2020.10.14
ページの先頭へ戻る