キアシシギ「C6」「J2」10年連続飛来!

私たちが毎年楽しみにしている、標識をつけたキアシシギ、通称「C6」と「J2」が今年もやってきました。
「C6」は8月2日、「J2」は本日8月9日に今シーズン初の確認となりました。
この2羽は2011年9月に谷津干潟でそれぞれ「C6」「J2」と刻印した標識をつけられた後、
毎年8月に繁殖地である北の国から谷津干潟に飛来する、なじみの友人のような存在です。
夏に彼らと再会することが、私たちセンター職員の楽しみにもなっています。

2羽が谷津干潟に飛来するのは今年で10年連続。標識は角が削れて白かった刻印も色があせ、時間の流れを感じさせます。
渡り鳥のシギやチドリは何年生きるのか、まだはっきりとは分からないそうですが、いつまでも元気な姿を谷津干潟で見せてくれることを願います。


キアシシギ「C6」


キアシシギ「J2」

自然情報 | 更新日:2020.08.09
ページの先頭へ戻る