食べごろをむかえたモッコクの実

谷津干潟の遊歩道のモッコクの実が赤くなり始めました。
モッコクの実は塾すると裂けて中から赤色の種が顔を出します。この種を食べようと今朝はキジバトがやってきました。果実は傘のように下を向いているため、キジバトにとってはちょっと食べずらそう・・・。
しばらくするとメジロもやってきました。小さな体のメジロは熟した実の近くの小枝にとまり、種をくちばしでつまみ、いとも簡単に食べていました。
これからどんどん熟していくモッコクの実。どんな野鳥がやってくるか皆さんも観察してみてくださいね。





自然情報 | 更新日:2019.10.20
ページの先頭へ戻る