台風を耐えたキアシシギ「A23」

日本の広範囲に大きな被害をもたらした台風19号。千葉県を通過した直後の10月13日午前にキアシシギ1羽が谷津干潟にいました。
どこでどうやって台風をやり過ごしたのかわかりませんが、強風が残る干潟でカニを捕らえていました。羽の淵に白い点々が見られるので幼鳥のようです。生まれて初めて台風に遭遇したのかもしれませんね。周りに仲間はおらず単独でしたが、無事に渡っていけるといいですね(その後17日にも目撃されています)。




自然情報 | 更新日:2019.10.19
ページの先頭へ戻る