6/4(土)・5(日)・11(土)・12(日) 谷津干潟の日フェスタを開催!(4日間入館無料)

毎年6月に行われる「谷津干潟の日」。今年のテーマは「伝えたい ふるさとの海 谷津干潟」です。谷津干潟がいつまでもみんなにとっての故郷になるようにと願いを込め、約3か月間地域の皆さんと共に準備を重ねてきました。干潟クリーン作戦や生きもの観察会、演奏会や人形劇、サイエンスカフェなど様々な団体の皆さんにご協力いただき、谷津干潟で楽しんでもらえるイベントを行います。おいしい食べ物やちょっとしたゲームなどができる模擬店も並びます。
貴重な渡り鳥の飛来地であり、人が楽しみ安らぎを与えてくれる都会の中に残された谷津干潟。地域の皆さんと谷津干潟の魅力をお伝えします!ぜひ遊びに来てくださいね。
イベントの詳細は谷津干潟の日チラシ(表裏)をご覧ください。

yatsuhigataday-mogiten2
 

yatsuhigataday-clean
 

yatsuhigataday-music2
 

観察センターからのお知らせ | 更新日:2016.05.25

市内図書館×観察センター連携イベント 第2弾【報告】 香澄公園で身近な生きものさがしを楽しみました!

5月14日、市内新習志野図書館主催の児童向け講座「身近な生きものをさがしに行こう!」の案内人をレンジャーが務めました。

今回の活動場所は図書館から歩いて5分のところにある香澄公園。国道の沿いの道から公園に入ると急に静かになり、鳥の声や葉っぱの揺れる音が聞えてきます。習志野の草原と呼ばれる広場で草花遊びや自然の色探し&色おになどをして皆で楽しみました。途中、ミミズや女王アリ、ダンゴムシ、テントウムシやスズメやヒヨドリなどたくさんの生きものにも出会いました。

参加した小学生からは
「ふだんみなれた植物でいろいろな遊びをして楽しかった」
「いろんないきものにが見れてとてもおもしろかった」
「サクラの実が食べられるのにびっくりした。また公園でやってみたい」
などの感想がありました。

いつも遊んでいる公園に、色々な生きものがいて、自然の中で遊べるものがたくさんあることを感じてくれたようです。
今年度、市内の図書館とは夏休みの干潟の生きもの特別展示、冬の野鳥観察会などでも連携を予定しています!
今後もお互いの施設に活気が生まれるよう、地域連携を深めていきたいと思います。

香澄公園③
 

香澄公園②
 

香澄公園①

観察センターからのお知らせ | 更新日:2016.05.18

市内図書館×観察センター連携イベント 第1弾【報告】 「谷津さんぽ&干潟観察」で谷津の街の魅力発見!

8日、谷津図書館主催の「親子で楽しむ谷津さんぽ&干潟観察」が開催され、観察センターのレンジャーがガイドを務めました。

今回は図書館から観察センターまで約3キロのウォーキングコース。まず、カラスの古巣やお店の軒下で子育て中のツバメを観察し、海辺の暮らしの移り変わりについてレンジャーが紹介しました。そして、地域の魅力を谷津遊路商店街の理事を務める世界の雑貨屋「ゼフィロス」の松田さんと谷津バラ園の渡辺さんにお話していただきました。
後半は谷津干潟の周りを散策。渡り鳥や魚、カニを発見し観察を楽しみました。

参加した方からは
「いつも知っている道を歩きましたが、見方が違うとこんなに楽しくなるんだと谷津がもっと好きになりました」
「地元商店街の情報も楽しかったです」
「よくウォーキングをしますが、じっくりと観察することがないのでとてもいいきっかけになりました」
など、感想を聞くことができました。

今回のイベントを通して、普段生活している谷津の街や谷津干潟の魅力を新たに発見していただけたようです。


谷津図書館③
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

観察センターからのお知らせ | 更新日:2016.05.18

谷津干潟にドチザメ現る!!


本日10時半頃、谷津干潟を泳ぐ大きさ1メートルほどのサメを発見。
東京湾とつながる水路を通じて谷津干潟に迷いこんでしまったようです。
体の模様などの特徴からドチザメという種類であることがわかりました。

ちょうど、干潮の時間帯で陸地に向かって泳いで上がってしまい、心配されましたが、
夕方見に行ってみるといなくなっていました。

ドチザメは東京湾では見られるようですが、湾奥部での出現は珍しいようです。

ドチザメIMG_4178
 

ドチザメIMG_4210

自然情報 | 更新日:2016.05.06

谷津干潟一周の遠足!


今日は観察センターの対岸にある谷津南小学校の児童と先生合わせて約450名が全校遠足で谷津干潟を一周し、観察センターを訪れました。

観察センターに到着すると、レンジャーから渡り鳥など季節の見どころのレクチャーを受け、ボランティアの案内で観察を楽しみました。今回は1年生から6年生のたて割り班で行動していたため、上級生が下級生の手を引いてサポートする頼もしい姿も見られました!

今後も学校と連携し谷津干潟の学習をサポートしていきたいと思います。

 

南小①DSCN8407
 

南小③DSCN8424
 

南小②DSCN8429
 

南小④DSCN8450

観察センターからのお知らせ | 更新日:2016.05.06

はばたくコアジサシを作ったよ!

5月の館内プログラム「季節のあ~と」のテーマは「ぱたぱたコアジサシ」。
ストローを上下に動かすとコアジサシが羽ばたく、キュートなおもちゃです。
今日は連休中とあって20名の参加があり盛況でした。

そして今日はスペシャルゲストも!
コアジサシの保護に取り組んでおり、この工作を考案したNPO法人「リトルターンプロジェクト」で活動されている奴賀さんに、コアジサシの暮らしや生息の状況などをお話し頂きました。

完成後は出来上がったコアジサシをうれしそうに羽ばたかせる参加者の皆さんの笑顔がありました。

「ぱたぱたコアジアシ」は以下の日時に行っています。
皆さんのご参加をお待ちしています!

□5月中の土・日・祝日 14:30~15:10
□申込み不要・当日受付

 

patapata_600×450
 

IMG_9136_600×450
 

IMG_9146_600×450

谷津干潟ブログ | 更新日:2016.05.03

ちびガエルのおでましだ!

観察センター周辺の緑地「センターゾーン」の小川で育った
アズマヒキガエルのおたまじゃくしに手足がはえ、陸にあがりはじめました。
卵がうまれてから約2か月。大きさ1センチほどのちびガエルの誕生です。

チビガエルIMG_4102
 

自然情報 | 更新日:2016.05.01

「春だ♪谷津干潟ウォークラリー」を開催します!


渡り鳥や干潟の生きものたちでにぎわう春の谷津干潟を一周(3.5キロ)して、
自然観察を楽しみながらスタンプを集めます。ショートコースもご用意しています。
ゴールした先着300名様に谷津干潟の日フェスタオリジナル缶バッチをプレゼント!
5種類のイラストからお選びいただけます。

近くに住んでいるけど谷津干潟に来たことがないという方、
連休中の遊び場をお探しの方にオススメのイベントです。
皆さまのご参加お待ちしております\(^o^)/

●開催日時:5月3日(火・祝)~5日(木・祝)
●受付時間:10時~14時
(ゴールの受付は15時30分まで、最終日は15時)
●参加費:入館料のみ
●事前申し込み不要・当日受付 ※雨天中止

 

おさんぽラリーポスター2016
 

谷津干潟の日フェスタIMG_4106

観察センターからのお知らせ | 更新日:2016.05.01

”伝えたい ふるさとの海 谷津干潟”

昨日、毎年ラムサール条約登録を記念して行う「谷津干潟の日」のポスターとチラシが出来上がり、谷津干潟の日運営委員会のみなさんと封入作業を行いました。

今年のポスターは、銅板版画家の長島充さんにご協力いただき、福音館書店の月刊たくさんのふしぎ「小さな四角い海・谷津干潟」の原画をもとに制作したものです。
都市のなかに残された谷津干潟が人も鳥も心安らぐ”ふるさと”として、これか先も谷津干潟が守られるよう願いを込めました。

明日から”谷津干潟の日フェスタ”が始まり、渡り鳥の最盛期を迎えています。
“ふるさとの海 谷津干潟”にいらしてください。スタッフ一同皆さまのご来館をお待ちしています!

20160429_1
 

20160429_2
 

20160429_4
 

20160429_3

観察センターからのお知らせ | 更新日:2016.04.30

みんなで渡り鳥になろう!−巡る翼は世界をどこまでも


本日、観察センター内に登場した大きなシギの翼。
子どもも大人も渡り鳥になった気分で記念撮影ができます\(^o^)/

翼の前で写真を撮り、‪#‎WeAreAllShorebirds‬ もしくは#TodossomosavesplayerasとつけてSNSに投稿してもらい、群れを大きく増やして関心を持ってもらおうという、 南北アメリカ大陸のWestern Hemisphere Shorebird Reserve Network – WHSRN(西半球シギチドリ保護区ネットワーク)の企画です。

この垂れ幕、実は、鳥類の調査研究を行うNPO法人バードリサーチさんからご提供いただいたものです。厚く御礼申し上げます。

大型連休中は春の渡り鳥シーズン最盛期。
館内では備えつけの望遠鏡で本物のシギ・チドリの観察も楽しめます。渡り鳥になろうIMG_4066
 

観察センターからのお知らせ | 更新日:2016.04.29
ページの先頭へ戻る