「親子で楽しむ!ばたばたバッタ探し」のご報告

新型コロナウイルス感染症の影響でしばらく中止していましたイベントですが、
9月より感染症の対策をし、再開することができました。
再開第1弾は9/20(日)、21(月・祝)、22(火・祝)の3日間で実施したバッタ探しのイベントです。
今年は幸いお天気にも恵まれ、3日間合わせて88名のご参加がありました。

レンジャーの案内のもと、普段は入ることができない駐車場横の草原でバッタ探しを行いました。
ぴょんぴょんと跳ねるキリギリスの仲間やバッタのほか、コオロギやカマキリなども捕まえることができました。
なかでも特に人気があったのは圧倒的な跳躍力のトノサマバッタ。捕まえた時は大人も子どもも歓声を上げていました。

子どもたちからは「バッタをたくさんとれて良かった」「去年参加した時とは違うバッタが見つかって嬉しかった」と感想が上がったほか、保護者の方からも「しばらくバッタを触る機会がなかったけど、子どもと一緒にバッタを探したり、捕まえたりできて楽しかった」と感想があり、親子でバッタ探しを楽しんでもらえたようでした。








イベント情報 | 更新日:2020.09.24
ページの先頭へ戻る