近江富士花緑公園BLOG

ブログ

BLOG

2020.12/10(土)

【イベント報告】クリスマスリースづくり

クリスマスが近づいてきましたね! イルミネーションやクリスマスの飾りをしているお家も多いのかなと思います。
花緑公園でも12月6日(日)に「クリスマスリースづくり」のイベントを開催しました。花緑のリースづくりは定番イベントの一つで、毎年参加してくださる常連のお客様もいるほどの人気ぶり! 今年も沢山の方にご参加いただきました。


まずはスタッフの方で用意したリースの中から好きなものを一つ選んでもらいます。飾りつけも公園の木の実や葉っぱ、リボンなど沢山の種類を準備しました! どんな風に飾りつけるのかスタッフも楽しみ♪

接着にはグルーガンを使います。子ども達には少し難しいので、お父さんやお母さんに手伝ってもらいました。

あくまでサポートのつもりだったお母さんもいつの間にか夢中に・・・(笑)
真剣な表情で制作してます。

できた!!
一人ひとり独創的な飾りつけをしてステキなリースを作ってくれました!


今年はコロナウイルスで外出しづらい年末ですが、このリースを飾ってお家で過ごすクリスマスが少しでも明るく楽しくなったらいいなと思ってます☆

また来年もつくりに来てくださいね! スタッフ一同お待ちしてます。

2020.12/04(日)

【イベント報告】花緑のそばキャンプ

11月28日~29日の1泊2日で「花緑のそばキャンプ」イベントを開催しました。
米とおなじく日本人になじみ深いそば。そばはどのようにして作られているんだろう? 今回はスタッフで事前にそばを育てて収穫しておき、脱穀からそば打ちを参加者の皆さんに体験していただきました!

1日目。参加者同士で自己紹介などした後、そば会場の里の家へ向かいながら自然遊びをしました。秋も深まり、公園はたくさんの落ち葉で敷き詰まっています。

そば体験では、種を植えて収穫に至るまでを写真で紹介し、昔ながらの「足踏み脱穀機」で実を取り出します。

集めた実を石臼で挽いて粉に。さらに、ふるいを使って石や殻などを取り除いて…ようやく「そば粉」になりました。昔の人は大変な作業をしてたんだなぁとみんなで実感。

1日目はそば粉にするまでで終わり、夕食タイム。夜は冷え込むので温かいお鍋をみんなで頂きました‼ おいしかったね~

夜の公園を歩くナイトハイキングもしました。自然の中で夜を過ごすと普段とは違った体験ができます。

2日目はいよいよそば打ちです。子ども達もやる気十分!そば打ち名人の辻井先生に一工程ずつ手本を見せてもらいながら、家族ごとに実践していきます。

麺棒を使う時の手は「猫の手」で。子ども達も先生の教えを忠実にまもって頑張りました!

長い工程を経て、ようやく麺に。食べるのが楽しみ~♪


味はどう?…にバッチリのピースサイン☆ 沢山食べてたね!

家族間で仲も深まり、和気あいあいと過ごした2日間でした。
気づけばもう年の瀬。大晦日がやってきますね。年越しそばに挑戦するなんて声もありましたので、お家でも美味しいそば作りチャレンジしてみて下さい!

ご参加の皆様、ありがとうございました‼


2020.12/02(金)

今年度の森林環境学習「やまのこ」が終了しました!

昨年度から花緑公園でスタートした森林環境学習「やまのこ」は滋賀県在住の小学4年生が全員体験する学習です。滋賀県民にはおなじみの「うみのこ」の山バージョンだと思っていただければわかりやすいかもしれません。

花緑公園には、野洲市、守山市、草津市、湖南市の4年生が来てくれています。

今年度はコロナウイルスの影響を受け、5~7月のやまのこは延期。中には指導員が学校に出張し、学校の自然を使ってやまのこ体験をした学校もありました。

活動の様子を写真で紹介します!

間伐で切った木をボランティアの方と観察している様子。
森の中を探検!ボランティアさんに自然のおもしろいものをたくさん教えてもらいます。
学校でやまのこ。これは小枝でキーホルダーを作っています。
雨の日はカッパに長靴で!雨ならではのものを探します。
秋が深まると、紅葉がとてもきれいでした。

9月9日からスタートしたやまのこは11月27日まで実施しました。

来てくれた4年生は全部で、28校2624名!たくさんの子どもたちが自然を満喫し、めいっぱい楽しんで活動してくれたと思います。

子どもたちが楽しんでいる様子を見ると、こちらも嬉しくなりますね!

4年生のみなさん、ぜひまた遊びに来てね!待ってまーす!

2020.11/21(月)

【イベント報告】かまどでごはん

11月15日(日)花緑公園にある里の家で「かまどでごはん」のイベントを行いました。
このイベントは昔の暮らしや生活を今の子ども達に楽しみながら体験してもらうことが目的で、会場となる茅葺屋根の里の家も昭和初期ごろまで使われてたといわれる田舎感たっぷりのお家です。
今回は4家族10名様にご参加いただきました。

始めは材料を洗いやサラダ・みそ汁の野菜を切ったりと子ども達で分担しながら行いました。

次に火をつけてごはんを炊きます。今は炊飯器でスイッチ一つの時代…火加減もいらず便利になりましたが、昔の人は苦労してごはんをつくっていました。
子ども達は煙まみれでもめげず、頑張って炊き続けます!

ごはん炊きがひと段落した所で、滋賀県の伝統食「いもつぶし」を家族みんなでつくりました。きなこやお味噌などお好みの味付けができ、おやつ感覚でおいしく食べれます♪

かまどで炊いたごはんができました‼ おこげを食べるが楽しみと言っていたので、沢山食べられそう♪

いただきまーす‼
ごはんやみそ汁をお替りする子ども達。「貴重だから」と言ってパックに入れてお持ち帰りする人も。
サラダ、漬け物、どれをとっても皆おいしいと好評をいただきました!

自分たちの手でつくったごはんやみそ汁、いもつぶしなどは格別な味だったと思います。
包丁をつかったり、洗い物をしたり、このイベントをきっかけにお家でお母さんの家事が手伝えるようになったかもしれませんね!

お家でもおいしいごはん作ってみてください♪

2020.11/11(金)

紅葉の季節到来!

11月も気づけば中旬、この時季の公園の見どころといえば、やはり紅葉です。
木々がきれいに色づくには、晴れる時間が長く、夜間にしっかり冷えることが条件とされています。
今年は10月下旬からこれらの条件にあてはまる日が多く、昨年より明らかに早く、またきれいに色づいているように感じられます。

遊具広場
いこいの森
里の家

山沿いの遊歩道では、ツツジが見事な深紅に染まっていました。春の花と秋の紅葉、二回にわたって私たちの目を楽しませてくれます。

また、里の家から希望が丘文化公園方面へ抜ける道の裏手には、秋咲きのサクラが花を咲かせています。春のサクラのようにたくさんの花はありませんが、花の少なくなる風景に彩りを添えてくれます。

カエデはもちろんのこと、さまざまな植物の色づきを楽しむことができます。ぜひ晩秋の公園で、紅葉狩りをお楽しみください。

2020.11/03(木)

【イベント報告】森のきのこツアー

11月3日(火)に「森のきのこツアー」を開催しました。
公園や散策路、そして食卓にも登場する身近なきのこ。
でも、きのこの生態や種類、食べられるものから猛毒のものまで、わからないことがたくさん…。

今日は専門家を招き、みんなできのこをもっと知ろうと思います。

講師の小田貴志さんは、学生時代にきのこの系統分類の研究に携わった経験を持つきのこ博士。

はじめはスライドを使って色んなきのこをクイズをしながら紹介しました。
派手なきのこほど毒がある…これって本当でしょうか!?

後半は公園内を歩いてきのこ探しをします。
参加者に探してもらい、見つけたら博士に報告!そして解説してもらいます。

切り株にもきのこ発見! 博士~ こっち来て~!!
子ども達の発見の早さには驚かされます・・。

なんだか花びらみたい‼
ツチグリという種類のきのこのようです。パフパフすると胞子が出てくるのがお気に入り♪

半径2メートル周囲に5~6種類ものきのこを発見しました!
普段歩く道にもたくさん生息しているのでしょうね。

皆さん、きのこにもっと興味を持ち、好きになったと思います♪
季節によってまた違うきのこが発見できるので、是非また探しに来てください!