近江富士花緑公園BLOG

ブログ

BLOG

2021.12/18(日)

きょうの公園は・・・!!

今なら真っ白の公園です!!

昨日の夜に雪が降り、お家の周りも雪が積もったよ!という方もいらっしゃると思います。

花緑公園も枝や芝生には、雪が!10センチ弱くらいの積雪です。

初雪にウキウキしながら撮影した、朝一番の公園の様子をご紹介します!

雪が積もった里の家は、私のイチオシ!風情があります。

ウメモドキ
ジュウガツザクラ

雪が積もった日だけに楽しめる特別なものもあります。

それがこちら!


写真に点々が写っているのが分かりますか?

これ実は生き物の足あと!雪の積もった日だけに見られる景色です。

今日見つかったのはこんな足あと。

これ、ウサギの足あとなんです!芝生の広場と里の家の近くで見つけました!

どこが前足?どこが後ろ足?気になる方はぜひ調べてみてくださいね。

もしかしたらほかの生き物の足あともあるかもしれません。

今日の雪はわりと早く溶けてしまいそうなので、雪の公園を楽しみたい方はお早めに!

お越しの際は足元に十分ご注意くださいね!

お待ちしています♪

2021.12/15(木)

【イベントレポート】12月5日「クリスマスリースづくり」

12月に入り、街中がクリスマスソングやイルミネーションであふれ、クリスマスムード満載ですね!
近江富士花緑公園でも、「クリスマスリースづくり」を12月5日に開催しました。

土台のリースやほとんどの材料は園内で採取したものばかり。
十数種類の材料を自由に使えるスタイルでイベントを行いました。

お好みの材料をワイヤーでくくったり、グルーガンで付けたりしていきます。

こちらの作品は、定番のまつぼっくりやニオイヒバの葉(いい匂いがします)、チャイニーズホーリー(赤い実)をふんだんに使っています。


こちらの作品は、リボンや木の実が中心。かわいいですね♪
銀色のまつぼっくりはラッカーで着色しています。

今回特に人気があったのがシダ植物の一種、ヒカゲノカズラ。
もともと地面を這うように生える植物で、リースとの相性はバッチリ。
用意した分がほぼなくなるほどでした。


1時間半~2時間ほどで、みなさんの作品が出来上がっていきました。
自慢の作品を撮影させていただきましたので、いくつかご紹介させていただきます!

たくさん写真を撮らせていただき、ありがとうございます♪
みなさまのすてきな力作、ぜひぜひかわいく飾ってあげてくださいね!

2021.12/14(水)

今年度の「やまのこ」終了!

がんばってロープを引いて木を倒します!

少し前の話となりますが、今年度のやまのこが11月22日で終了しました!

9月から開始予定だった2学期のやまのこは、緊急事態宣言の影響を受け10月からに。

まだまだ暑い日が多かった10月から紅葉がとってもきれいな11月まで16校1656名の4年生が花緑公園を訪れました。

間伐した木の年輪をみんなで数えます!大体80~90歳!

汗が止まらないくらい暑い日も、1日中ずっとやまない雨の日も、子どもたちはとっても元気!

そんな子どもたちに大人も元気をもらっています♪

秋が深まるとクラフト作品もカラフルに!
雨なんて気にしない!気になるものに向かって猛ダッシュ!

やまのこに来てくれた4年生の中に「今日教えてもらったことを、今度はぼくが森に行って家族に教えてあげたいです」という話をしてくれた子がいました。

子どもたちから大人に向けて森のいいところ、おもしろいところが伝わっていくこともとてもすてきだなと感じています。

4年生のお子さまがいらっしゃる保護者のみなさま、ぜひ子どもたちに森のこと、聞いてみてくださいね♪

4年生のみなさん、森はいつでもみんなが来てくれるのを待っています。

ぜひお家の人たちといっしょに森のいいところを再発見しに来てね!

また会いましょう!

やまのこ指どう員より

2021.12/06(火)

【イベントレポート】11月27日「木のサンタクロースづくり」&11月28日「落ち葉であそぼう」

冷え込みが一段と強まり、朝晩は霜が降りる日も増えてきました。
紅葉シーズンも終わりに差しかかった11月末に、2つのイベントを開催しました。

まずは11月27日開催の「木のサンタクロースづくり」のレポートです。
普段ツリーイングの講師をしていただいている深田先生をお招きしての開催です。
先生の計らいで、タイトルの「木のサンタクロース」に加えて「木の雪だるま」と「まつぼっくりツリー」も作る盛りだくさんの内容となりました。


絵の具で色を塗って・・・

ボンドで木材をくっつけて・・・

できあがり!
特に決まったつくりかたはないので、出来上がりはさまざま。
皆さんそれぞれのセンスが光ったクラフトイベントでした。


次の日には「落ち葉であそぼう」を開催しました。
公園内の落ち葉を集めて作った「落ち葉のプール」が目玉のイベントです。

ふるさと館を出発して、学習館前の落ち葉のプールを目指しますが
づいた葉っぱがたくさん落ちているので、拾いながら歩きます。
後でクラフトでも使うため、皆さんゆっくりじっくり探していました。

落ち葉のプールに到着!
さっそく子どもたちがプールの中で遊びます。
最初は恐る恐るだった子も、慣れると楽しくはしゃぎ、落ち葉のプールの魅力を実感しました。

スタッフもプールに入って子供たちの輪に加わるとさらにヒートアップ!
落ち葉のかけあいがあちこちで発生します。

葉っぱのシャワーを満喫!

落ち葉遊びが一段落したら、ミニクラフト「落ち葉のステンドグラス」を作りました。
前もって拾っておいた落ち葉を、4種類の型を抜いた紙に挟んで彩っていきます。

お好みで模様や文字を書いて完成!
クラフト後、プールに戻って遊ぶ子もいて、子どもたちの元気さを感じたイベントとなりました。

2021.11/17(木)

【自然情報】紅葉が見ごろをむかえています

夜間冷え込む日が続き、園内の木々はどんどん色づいてきました。
今週末にかけて見ごろとなりそうです。
秋の公園で紅葉狩りをお楽しみください!

コイの池(メタセコイヤ)

遊具広場前(イロハモミジ)

尾根筋沿い遊歩道(ドウダンツツジ)

植物園(モミジ)

森林のわくわく学習館入口(イロハモミジ)

里の家周辺(モミジ)
里の家周辺(ドウダンツツジ)

モミジだけでなく、大きな葉っぱが黄色く美しい「プラタナス」やモミジより大きくカラフルな「モミジバフウ」など様々な葉っぱが色づく季節をお楽しみください♪

2021.11/14(月)

【イベントレポート】11月7日「木の実ひろいさんぽ」

秋の花緑公園には、さまざまな種類の木の実が落ちています。
中には、あまりなじみのないものや、不思議な形のものもあります。
いろいろな木の実を観察しながら拾い歩く「木の実ひろいさんぽ」を11月7日に実施しました。

数日前まで雨予報が出ており開催が心配されましたが、当日になってみれば少し汗ばむくらいの晴天となりました。
まずは植物園内、中国原産の樹木が集まるエリアからスタート!
さっそく大人も子どもも、熱心に木の実を探していきます。


クリの実をゲット!
前日の下見のときはもうなくなってしまったと思っていましたが、みんなで探すと残っていたものがどんどん見つかりました。


ウツクシマツ並木の下では、まつぼっくりがリスにかじられてできた通称「エビフライ」をゲット!
リスの姿はめったに見られませんが、食事していた証拠はあちこちに落ちています。
人のいない時間に来ているのかもしれません。

(ピンぼけになってしまい申し訳ございません)


最後は学習館方面に移動し、スダジイの実を拾いました。
どんぐりはここまでに何種類も集めましたが、「食べられる」ということもあり、特に人気のあるどんぐりでした。


最後には拾った木の実を使って、ケーキを作ってみました。
ケーキといっても本物ではなく、木の土台に盛り付けていくクラフトです。


拾った木の実は茶色のものがほとんどだったので、赤い「シナヒイラギ」と紫色の「コムラサキ」を加え、彩りを添えてみました。


まつぼっくりをメインに据えたり、どんぐりを規則正しく並べてみたり・・・
個性豊かな作品が出来上がりました。
ぜひ、お持ち帰りいただいた木の実もいろいろと使ってみてほしいと思います。