近江富士花緑公園BLOG

ブログ

BLOG

2020.12/02(木)

今年度の森林環境学習「やまのこ」が終了しました!

昨年度から花緑公園でスタートした森林環境学習「やまのこ」は滋賀県在住の小学4年生が全員体験する学習です。滋賀県民にはおなじみの「うみのこ」の山バージョンだと思っていただければわかりやすいかもしれません。

花緑公園には、野洲市、守山市、草津市、湖南市の4年生が来てくれています。

今年度はコロナウイルスの影響を受け、5~7月のやまのこは延期。中には指導員が学校に出張し、学校の自然を使ってやまのこ体験をした学校もありました。

活動の様子を写真で紹介します!

間伐で切った木をボランティアの方と観察している様子。
森の中を探検!ボランティアさんに自然のおもしろいものをたくさん教えてもらいます。
学校でやまのこ。これは小枝でキーホルダーを作っています。
雨の日はカッパに長靴で!雨ならではのものを探します。
秋が深まると、紅葉がとてもきれいでした。

9月9日からスタートしたやまのこは11月27日まで実施しました。

来てくれた4年生は全部で、28校2624名!たくさんの子どもたちが自然を満喫し、めいっぱい楽しんで活動してくれたと思います。

子どもたちが楽しんでいる様子を見ると、こちらも嬉しくなりますね!

4年生のみなさん、ぜひまた遊びに来てね!待ってまーす!

2020.11/21(日)

【イベント報告】かまどでごはん

11月15日(日)花緑公園にある里の家で「かまどでごはん」のイベントを行いました。
このイベントは昔の暮らしや生活を今の子ども達に楽しみながら体験してもらうことが目的で、会場となる茅葺屋根の里の家も昭和初期ごろまで使われてたといわれる田舎感たっぷりのお家です。
今回は4家族10名様にご参加いただきました。

始めは材料を洗いやサラダ・みそ汁の野菜を切ったりと子ども達で分担しながら行いました。

次に火をつけてごはんを炊きます。今は炊飯器でスイッチ一つの時代…火加減もいらず便利になりましたが、昔の人は苦労してごはんをつくっていました。
子ども達は煙まみれでもめげず、頑張って炊き続けます!

ごはん炊きがひと段落した所で、滋賀県の伝統食「いもつぶし」を家族みんなでつくりました。きなこやお味噌などお好みの味付けができ、おやつ感覚でおいしく食べれます♪

かまどで炊いたごはんができました‼ おこげを食べるが楽しみと言っていたので、沢山食べられそう♪

いただきまーす‼
ごはんやみそ汁をお替りする子ども達。「貴重だから」と言ってパックに入れてお持ち帰りする人も。
サラダ、漬け物、どれをとっても皆おいしいと好評をいただきました!

自分たちの手でつくったごはんやみそ汁、いもつぶしなどは格別な味だったと思います。
包丁をつかったり、洗い物をしたり、このイベントをきっかけにお家でお母さんの家事が手伝えるようになったかもしれませんね!

お家でもおいしいごはん作ってみてください♪

2020.11/11(木)

紅葉の季節到来!

11月も気づけば中旬、この時季の公園の見どころといえば、やはり紅葉です。
木々がきれいに色づくには、晴れる時間が長く、夜間にしっかり冷えることが条件とされています。
今年は10月下旬からこれらの条件にあてはまる日が多く、昨年より明らかに早く、またきれいに色づいているように感じられます。

遊具広場
いこいの森
里の家

山沿いの遊歩道では、ツツジが見事な深紅に染まっていました。春の花と秋の紅葉、二回にわたって私たちの目を楽しませてくれます。

また、里の家から希望が丘文化公園方面へ抜ける道の裏手には、秋咲きのサクラが花を咲かせています。春のサクラのようにたくさんの花はありませんが、花の少なくなる風景に彩りを添えてくれます。

カエデはもちろんのこと、さまざまな植物の色づきを楽しむことができます。ぜひ晩秋の公園で、紅葉狩りをお楽しみください。

2020.11/03(水)

【イベント報告】森のきのこツアー

11月3日(火)に「森のきのこツアー」を開催しました。
公園や散策路、そして食卓にも登場する身近なきのこ。
でも、きのこの生態や種類、食べられるものから猛毒のものまで、わからないことがたくさん…。

今日は専門家を招き、みんなできのこをもっと知ろうと思います。

講師の小田貴志さんは、学生時代にきのこの系統分類の研究に携わった経験を持つきのこ博士。

はじめはスライドを使って色んなきのこをクイズをしながら紹介しました。
派手なきのこほど毒がある…これって本当でしょうか!?

後半は公園内を歩いてきのこ探しをします。
参加者に探してもらい、見つけたら博士に報告!そして解説してもらいます。

切り株にもきのこ発見! 博士~ こっち来て~!!
子ども達の発見の早さには驚かされます・・。

なんだか花びらみたい‼
ツチグリという種類のきのこのようです。パフパフすると胞子が出てくるのがお気に入り♪

半径2メートル周囲に5~6種類ものきのこを発見しました!
普段歩く道にもたくさん生息しているのでしょうね。

皆さん、きのこにもっと興味を持ち、好きになったと思います♪
季節によってまた違うきのこが発見できるので、是非また探しに来てください!

2020.10/27(水)

【イベント報告】10月24日「カニ食べ放題まつり!」

10月24日(土)に、今年度第一回目となる「カニ食べ放題まつり!」を開催いたしました。
多くのお客様から好評をいただいているこのイベントも今年で3年目になります。今年は新型コロナウィルス対策のため、一回の参加人数を20名までとし、提供方法も例年のビュッフェスタイルからスタッフによる提供に変更して実施しております。
初回にも関わらず、定員まであと少しの16名のご参加をいただきました。中には昨年度ご参加いただいたリピーターの方もおり、毎年定番のイベントとなってきたことを実感します。

まず最初に、いつもおいしいカニを届けてくれる「コイタロウ水産」の鈴木さんから、よりおいしいカニの食べ方のレクチャーをしていただきました。脚の折り取り方やハサミの使い方ひとつで、余すところなくカニを味わうことができます。参加者の皆様も真剣に見入っていました。

レクチャーが終わったらいよいよ食べ放題タイム!どんどんおかわりする方、ゆっくり味わう方、それぞれのペースで楽しめるのも魅力です。途中、カニ汁やカニごはんの提供もあり、こちらも大好評でした。

「カニ食べ放題まつり!」は来年3月まで一部を除いた毎週末に開催予定です。
ご覧の皆様も、花緑公園でカニを味わってみませんか?
詳しくはこちらをご覧ください。

皆様のご参加をお待ちしております!

2020.10/18(月)

【イベント報告】10月11日 「自然とあそぼ!」

去る10月11日に、今年度3回目となるイベント「自然とあそぼ!」を開催しました。
数日前から台風が接近する予報が出ておりスタッフもやきもきしていましたが、前日のうちに雨は止み、当日はまずまずのお天気となりました。

今回は自然案内人の「たまちゃん」こと松下容子さんのガイドで、ふるさと館を出発後、軽く山道を歩いて再びふるさと館に戻ってくるコースをとりました。

三上山を望むビューポイントでは、晴れ間も多くなり左右対称に近い山の形を間近に楽しむことができました。

参加者の皆さんは植物やきのこなど自然の中のさまざまなものに興味津々!こちらのお父さんとお子さんはマツの葉を使った相撲で白熱していました。

特に子供たちに人気だったのがシダの仲間の「ウラジロ」を使った遊びです。紙飛行機のように飛ばしたり、バッタのような形にして跳ねさせたり・・・みんな夢中で時間があっという間に過ぎていきます。

最後はふるさと館の近くでたまちゃんが用意してくれた葉っぱのクラフトを作りました!みんなでいろんな色の落ち葉を集めて、思い思いの配色に仕上げていました。

普通に歩けば30分ほどのコースですが、終わってみれば予定時間を少しオーバー。2時間かけて楽しんだことになります。参加者の皆さんにとって、新鮮な発見に満ちたイベントになりました。