近江富士花緑公園BLOG

ブログ

BLOG

2019.11/24(日)

紅葉シーズンも終盤です

秋が深まり、日中も底冷えするような陽気が続きました。花緑公園の紅葉は順調に進み、シーズンも終盤を迎えています。

カエデは紅葉のピークを過ぎて落葉が進んでいますが、
一部の木はまだ鮮やかな色を保っています。
色づきの遅いフウの木は今からがピークのようです。
明るいオレンジが風景を彩ります。
前回ご紹介したサクラも花数が少なくなってきました。
お早めにどうぞ。

2019.11/17(日)

紅葉が見ごろです

この夏以降、10月までは暖かい日が続き、今年はきれいな紅葉が見られるのか?と心配していましたが、11月に入ってからは朝晩冷え込む日が多く、公園内の木々がきれいに色づいています。

また、里の家から希望が丘公園へと続く道沿いでは、「ジュウガツザクラ」がひっそりと花を咲かせています。

まだ色づいている途中の木も見られ、紅葉は次の週末くらいまで楽しむことができそうです。朝晩の気温差が大きいので服装に注意しながら、深まる公園の秋をお楽しみください、

2019.11/09(土)

ファミリーチャレンジキャンプ

秋の一大イベント「ファミリーチャレンジキャンプ」が11月3~4日に開催されました。気持ちいい秋晴れのもと、5家族20名の元気な皆様がご参加されました。

魔法のめがねを使ってお気に入りのもの探し♪
キノコ発見!
よ~く観察してみよう!どんなものが見えたかな?
夜はBBQ!お肉や野菜、焼きそばなど自分たちで作ったご飯は格別です!
自分たちで火おこしから頑張りました!
次の日は、三上山登山にチャレンジ!食べられる実やパフパフできるキノコなど色んな不思議を発見しながら山を歩きました。山頂では青空が広がり、琵琶湖も綺麗に見えました。
山でお気に入りの木の枝を拾って、「もっくん人形」を作りました!枝の形によって、色んな顔のもっくんが出来て、見比べるのも面白かったです!

今回のキャンプは、自然の中で1泊2日を過ごし、いつもと違う環境を体験するプログラムでした。身近なところに新しい発見があったり、新しい友達もたくさんできたのではないでしょうか?
花緑公園では、四季折々様々なイベントを開催しています。ホームページにも掲載していますので、ぜひご参加ください。

2019.10/17(木)

炭火でバウムクーヘンづくり!

去る10月16日、滋賀県保育協議会の皆さんを対象に、研修の一環として当園バーベキュー施設を利用してバウムクーヘンづくりを実施しました。

まずは火を起こし、置き火の状態にします。

アルミホイルを巻き付けた竹に、生地のタネをぬりつけて・・・

生地が炭火にポトポト落ちないように竹をクルクル回し、生地に焼き色をつけていきます。

色がしっかりついて生地が焼きあがったら、また生地をかけます。

そしてまた焼きます。この作業を10回前後繰り返していきます。

タネがなくなるころには、しっかりとしたバウムクーヘンが焼き上がります。

班によってできあがりの形が違うのも面白いですね。

焼きあがったら竹から引き抜き、包丁で切ってみると・・・

時間をかけてつくり上げた生地の層が、見事な年輪になりました!

このバウムクーヘンづくりは、当園イベントとしても実施予定です。詳細が決まりましたら、このホームページにてお知らせします。

2019.10/04(金)

秋の恵み

花緑公園 植物園では、おもしろい秋の実がたくさんなっています。採集することはできませんが、ぜひ、秋の実の宝探しをお楽しみください!

2019.09/07(土)

秋の森林環境学習「やまのこ」はじまりました。

今年度より近江富士花緑公園で受け入れを始めた環境学習事業「やまのこ」。9月5日に2学期トップバッターの志津小学校4年生の皆さんが来園してくれました。

この日のプログラムは間伐の体験でした。森を暗くなりすぎず健全に保つためには、適度に樹木を伐採することも必要です。子供たちは樹木を倒したり、木の皮をむくことによって、より木を身近に感じている様子でした。

秋のやまのこシーズンは11月まで。秋空の下、子供たちの元気な声が園内に響きわたる日々が続くでしょう。