びわこ文化公園BLOG

ブログ

BLOG

2021.07/01(木)

茶室だより

今ご提供しているお菓子は「かささぎの橋」という名前のついたお菓子です。織姫と彦星が会えるように、年に一度七夕の日にだけ、カササギが翼を並べて天の川にかけてくれる橋のことを言います。
水色のきんとんは天の川、上の透明な錦玉がその橋をイメージしています。緑の笹と、両端には織姫と彦星を表現したいら粉(餅米を蒸した後、干して細かく砕いてから煎ったもの)がピンクと黄色であしらわれています。
七夕の物語が込められた素敵なお菓子を、ぜひ味わってみてください。