2020年9月30日(水)秋の花の開花リレー♪

ふわっと駐車場からウスギモクセイの香り。


キンモクセイに近い樹木で、キンモクセイより一足先に開花しました。
クリーム色の花色が特徴的ですね。
香りを楽しんだら、いよいよ園内散策の始まりです。


展示温室横のアメジストセージ、見頃です!!


紫色の萼と白い花には密集した毛がついており、
触るとふわふわした感触を楽しめますよ。


ウメモドキの園芸品種であるダイナゴン。
艶々とした赤い実をつけています。


「渓流の梅園」上流部では、ヒガンバナが最盛期を迎えました。
ここから徐々に下り坂、ご覧の際はお早めに!


バラ園裏にも、実はヒガンバナのお勧めスポットが。
白いヒガンバナが密集しています。


ぐっと近づくほどに、綺麗。


「渓流の梅園」内を歩くと、ところどころで秋の花が。
シモバシラはどこか趣のあり、秋の空気感にぴったりです。


ビランジュも開花しました。


樹皮がウロコ状に剥れ落ち、幹が赤褐色になる特徴を持つビランジュ。
実は温暖帯南部の植物で、小田原から東北部ではあまり見られない木です。


小田原市早川にあるビランジュは、自生地の東北限であるにも関わらず、
樹高20mにもなる巨木が昔から自生しており、天然記念物にも指定されています。

開花期間が短いので、お早めにご覧くださいませ!


ビランジュを抜けた池のふもとに、コガマがありました。
茶色い花穂がポイントのこの植物、人が植栽したわけではありません。
きっと種が風で運ばれて、自然の流れでここにたどり着いたのでしょう。


そして、ここ数日の間にお問合せが増えてきた「秋バラ」
いまはまだまだ蕾だらけです。


当園の秋バラは他のバラ園さんよりも見頃が遅く
例年「10月中旬~11月中旬」が見頃です!!

※下の写真は2019年11月の様子


まもなく、秋バラのイベントのお知らせもできそうなので、
HPをこまめにチェックしていただけると嬉しいです。



爽やかな空気がとっても気持ち良い園内となりました。
小田原フラワーガーデンへ、ぜひお越しください。

お花情報 | 更新日:2020.09.30
ページの先頭へ戻る