2020年9月18日(金)ヒガンバナが咲き始めました!

渓流の梅園・上流部では「ヒガンバナ」が咲き始めました。


ちょうど彼岸の頃に一斉開花する、凛とした赤い花。
花後に葉っぱがでるのも特徴的です。


白色のヒガンバナも咲きはじめました。
まもなく見頃を迎えます。連休中にご来園のお客様は、ぜひお立ち寄りください。


渓流中流部ではシモバシラの花が咲いています。
冬に地上部の茎が枯れたころできる氷の柱で有名な植物です。
『氷の柱の様子はこちら』をご覧ください。


渓流下部の池ではスイレンが。
6月~10月頃まで長期間開花する、可憐な水辺のお花です。


梅園のところどころで見かける、
紫色の実をつけた植物は、コムラサキです。


梅園を離れ、展示温室横ではアメジストセージが開花しております。
咲き始めも綺麗ですが、もっとキレイな見頃はもう1~2週先でしょうか…。


ふわふわとした質感が可愛らしいお花です。


展示温室内でもいろいろなお花が見られますよ!
プルメリアや、
 

熱帯スイレン


ハナキリンなど


ちょっと地味だけれど、
秋への移ろいに丁度心地よい「奥ゆかしさ」をもつ初秋の植物を、
小田原フラワーガーデンにてお楽しみください。


□フラワーショップPICCOLOでは『仏花販売中!』なくなり次第終了です。

□旬な話題をいち早くお届け!『小田原フラワーガーデン公式Facebook』いいね!をお待ちしています!

お花情報 | 更新日:2020.09.18
ページの先頭へ戻る