2020年9月10日(木)「虫」と「平安時代の人物」の名前?

夏の花の盛りと、秋の花の咲き始めを同時にご覧いただける9月。
空気もいつのまにか涼しくなって、
季節の移り変わりを肌で感じることができます。


正門入ってすぐ横で出迎えるのは、こちら。
ジンジャーリリーは調度夏と秋の境目に開花する花です。
ショウガ科の植物で、ユリに劣らない甘い香りがします。


駐車場から園路に向かう先にある、サルスベリの花。
ふわふわとした花びらが可愛らしいですね。


サルスベリの近くの植栽マスには、ナツメの実。
日本ではあまり食べられていませんが、中国料理では干した実が使われています。
見た目が可愛らしく、リンゴのような食感の実です。
園内の植物は皆のものなので、食べるのはご遠慮くださいませ。


展示温室前のタイタンビカスは、ハイビスカスと同じアオイ科フヨウ属の植物です。
アメリカフヨウとモミジアオイの交配選抜種で、
大人の手のひらをいっぱいに広げたくらいの、大きな花を咲かせます。


展示温室横のアメジストセージはゆっくり開花が進んでいます。
例年の見頃は10月頃。ふわふわした花はドライフラワーとしても利用できます。


ふと目をやると、セージの隣にはホトトギスが。
いえいえ、鳥ではなく植物ですよ。
19種が確認されているホトトギス属の内、10種は日本固有種。
日本の皆様にはぜひ知っていただきたい花のひとつです。
花の斑点が、ホトトギス(鳥)の腹の斑点と似ていることから
この名がつけられたといわれています。


梅園へ進むとコムラサキの実がついていました。
「あぁ、秋だ」と感じる紫の色鮮やかな実。
コムラサキは実がいっぱいつくので、庭木に人気です。


似た植物にムラサキシキブがありますが、
後者は前者よりも樹高が高く、実もまばらについていて、
自然の味わいを感じられます。
名前の由来は、昔ムラサキシキミ(紫重実)と呼ばれており、
その名が平安時代の人物・紫式部を連想させたことからといわれています。

植物と虫、植物と歴史人物のように、
名前が一致している同名異種はほかにもあるんですよ。

サワラ(植物・魚)
カマキリ(昆虫・魚)
ヤマトシジミ(昆虫・貝)などなど。
もっといっぱいあるので、気になる方は調べてみてはいかがでしょうか。


その他にも園内では、
水面に浮かぶ、可憐なスイレン


色も形も様々な高性ジニア


真っ赤なリコリス。品種名はヤンクミです。


矢じりのような葉の形が印象的な、ヤノネボンテンカなど開花しています。


そういえば、梅園渓流付近では、
スタッフ手作りの水車小屋が登場しました!!
くるくるまわる水車が止まったり、回ったり。
とっても可愛らしいので、こちらも見にいらして下さいね(*^^*)


□旬な話題をいち早くお届け!『小田原フラワーガーデン公式Facebook』いいね!をお待ちしています!

お花情報 | 更新日:2020.09.10
ページの先頭へ戻る