2020年6月13日(土)季節のメインフラワーがすべて見頃です!!

当園の6月のメインフラワーである、
「花菖蒲(はなしょうぶ)」「睡蓮(すいれん)」、
そして「紫陽花(あじさい)」!すべてが見頃となりました!!



天気の崩れやすいこの季節だからこそ、咲く花々。
曇りや雨が多く、なんだかマイナスなイメージがあるかもしれませんが、
湿度のある本日のような日こそ、花色が映え、
雨露に濡れる様子がまた美しいのです。



ただいま花菖蒲は見頃後半です!
180品種1000株の花菖蒲が植栽されている当園。
青や赤紫、白や水色などのグラデーションが大変美しいです♪


花菖蒲は1つの茎に2~3個の花を咲かせますが、
今はその2番花が開花しております。


花菖蒲は、日本に昔から自生している
ノハナショウブの品種改良により生まれた園芸品種。
その歴史は古く、江戸時代後期より育成され、
さまざまな形、模様、色をもつ花菖蒲が生まれました。
日本人になじみ深い植物なのです。


当園の花菖蒲は水辺に植栽されているため、
花が水面に映り込む様子をご覧いただけます!

特にお勧めなのは「ハナショウブ池」エリア。
水面に浮かぶように咲く睡蓮との共演も楽しめますよ♪


ハナショウブ池から渓流の中流、上流と向かう場所にも花菖蒲が開花しています。


上流部の「ウッドデッキ」エリアの花菖蒲も綺麗です。


まだ2番花や3番花の蕾がみられるため、花菖蒲の見頃は来週も続きそうですね♪


池の周りの花菖蒲は特に咲き進みが早いため、
お早目のご来園をおススメいたします。
平日は土日よりも比較的混み合わず、お勧めです!



睡蓮は10月頃まで見頃が続くお花です。
可憐な花が水面に浮かぶように開花しています。


日照に応じて花を開閉させるため、分厚い雨雲などによる
暗めのお天気の日は花を閉じがちです。
明るい日の午前中に鑑賞するのがおススメですよ。



また、「ハスが綺麗ね~」とよく言われますが、当園にあるのは睡蓮です!
分かりやすい違いは、葉の切れ込み。
切れ込みがあるのは睡蓮、ないのはハスです。
小田原城でみられるのは、ハスですよ♪


花菖蒲とともに、睡蓮の花をお楽しみください(*^^*)


紫陽花は見頃を迎えたばかりです!!
約500株の紫陽花がお出迎えしますよ♪
こっちにも、


あっちにも!梅園の脇に、1列ずらっと並んで植栽されています。


色彩も様々ありますよ!白っぽい紫陽花や、


手まり咲きが可愛い赤紫。


額咲きの紫陽花。


青色の紫陽花も咲いています。


6月のメインフラワーが勢ぞろいしているフラワーガーデン!
Facebookでもお花の写真や動画を掲載していますので、
そちらも併せてお楽しみくださいませ(*^^*)


□一部屋内施設が利用再開!『当園の感染予防対策について』ご来園前にチェック!!

□旬な話題をいち早くお届け!『小田原フラワーガーデン公式Facebook』いいね!をお待ちしています!

お花情報 | 更新日:2020.06.13
ページの先頭へ戻る