こぼれ話 「ねったいかん」の下草たち(第1回)

猛暑と次から次へとやってくる台風の季節が終わったと思ったら、突然寒い冬がやってきました。
風邪などひかないようご注意ください。

さて、今回は「ねったいかん」で見過ごされがちな植物たちを取り上げます。
それは、「下草」や「グラウンドカバープランツ(地被植物)」などの地面や石垣を覆う植物です。いずれも強健で繁殖力も強く、現地ではみな雑草の扱いを受けているのでは?と思われる植物たちです。
下草などは温室中を覆っていて種類も多いので、順路に沿って、3回に分けてご紹介させていただきます。
また、温室内のいたるところに生えているものも多いので、見やすいところでご紹介します。


第一回目にご紹介するのは、水族館から温室に上がったところから、おなじみの絞め殺し植物「アコウ」のあたりまでに見られる下草などです。


水族館から階段を上がる途中で振り返ると、アジアンタム ラッディアヌムが池の周りを覆っています。階段を上った正面、ムラサキモクワンジュの左手奥を透かして見ると、セキドウサクラソウが赤紫色のかわいい花を咲かせています。



アジアンタム ラッディアヌムAdiantum raddianum

繊細で優雅な涼感のあるシダです。「Adiantum」は、“濡れない”を意味するギリシア語に由来し、葉が水をはじくところから属名がついています。





セキドウサクラソウAsystasia gangetica

別名:コロマンソウ。シンガポールやマレーシアでは、乾燥地に野生状態で広がり、若葉は食用にもなるそうです。

順路の先の右側(プール側)にはケブカルイラソウ、チャラン、シソモドキが木々の根元を覆っています。




 

ケブカルイラソウRuellia squarrosa

茎にも葉にも毛が多いことから、ケブカルイラソウの和名がつきました。日本では沖縄で野生化し、道端や空き地などにはえています。





チャランChloranthus spicatus

今は咲いていませんが、淡黄色の小さな花には強い芳香があり、観葉植物として根強い人気があります。日本には江戸時代に渡来した、古い観葉植物です。写真は花の咲いている状態です。





シソモドキStrobilanthes alternata

葉の表面は銀灰緑色で、裏面は暗赤紫色の美しい葉です。赤味の強い這い性植物なので、英名はレッドアイビーといいます。



その先のホーペアオドラータの根元の黄緑色の小さな丸い葉はピレアデプレッサ。セイロンニッケイの手前を覆っているのはミヤコジマソウです。
道の左側(池側)に目を移すと、タッカシャントリエリの根元に明るい色の葉っぱが生えていいます。これはピレアヌンムラリーフォリアです。





ピレア デプレッサPilea depressa

匍匐する細い茎に小さな丸い葉を付けるかわいらしい植物です。縦方向に3本の葉脈がくっきり入る葉が多いです。ちなみに花言葉は「少女の恥じらい」です。




ミヤコジマソウ Strobilanthes reptans


環境省レッドリストの絶滅危惧IA類(CR)に指定されていますが、温室で栽培している限りでは雑草のように頑健な植物です。このような植物が絶滅に瀕してしまうのですから、人間が土地を利用する時には、よく気を配る必要がありますね。





ピレア ヌンムラリーフォリアPilea nummulariifolia

つややかな凸凹のある葉っぱで、3行脈が目立ちます。ハンギング仕立てに向いた植物で、寄せ植えにも好適です。


順路の右側、ヤエヤマヤシの先、サトウヤシの手前の園路の脇に群がって生えているのはヤリノホクリハランです。
その奥に何やら赤い花や実がちらちら見えています。赤い花はリュエリアグラエキザンス。赤い実はジュズサンゴです。




ヤリノホクリハランColysis wrightii

渓流のそばなど、森林内の湿った地上に生えます。名前は葉の形が槍の穂先に似ているクリハランの意味です。





リュエリア グラエキザンスRuellia graecizans

適度な光と温度があれば一年中開花します。種子をはじき飛ばし、温室では雑草化しやすい植物です。





ジュズサンゴRivina humilis

5mm程のまっ赤でかわいらしい実をたくさんつけます。白い花と果実を同時に楽しむことができますが、植物全体(特に葉)は、人間の消化器に有毒です。




次回、第2回はアコウの木を左に曲って、マレーハウスの下を通りブリッジの手前までに見られる下草などの植物をご紹介します。


なお、12/3から、「ねったいかん」では「クリスマス展」が始まりました。
温室ではトワイライトジャングル探検を開催しています。
この機会に、冬も暖かい「ねったいかん」で普段は通り過ぎてしまいがちな植物たちを観察してみませんか?

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2019.12.08
ページの先頭へ戻る