ランの起源の話(ねったいかんのラン展まもなく終了です!)

寒い日が続いていますね。 温室の植物たちも、心なしか縮こまっているように見えます。

そんな寒さを吹き飛ばす、らん・ラン・蘭展2015もあと残りわずかとなりました。



展示は1月18日(日)午後2時まで。

その後は非売品だった展示品も含めた、即売会となります。
午後2時から整理券をお配りしますので、早めにお越しください。2時30分から即売会を開始いたします。
毎年大人気ですので、お見逃しなく!







さて、ここからお話を変えましょう。「ランの起源について」です。


ラン科の植物は、野生種だけで、2万5千~3万種類あるといわれています。
地球上にある全ての被子植物を合わせると25万種類くらいといわれていますから、およそ1割の植物がラン科の植物ということになります。

ラン科植物は植物進化の歴史上、地球上で最後に現れた植物です。
条件の良い生育場所は他の植物にとられていて、岩や木の上など、決して良いとは言えない場所で生育するしかありませんでした。
さまざまな悪条件の中で、なんとか生育しようとした結果、多様に進化し、種類数が増えたといわれています。

最後に現れた植物なので、歴史の浅い、新しい植物と思われがちですが、近年の研究で意外とそうでもないことが分かってきました。


では、ランはいつから地球上に現れたのか?


研究者はランの化石を探しましたが、一つも見つかりませんでした。
しかし、2007年頃にドミニカ共和国産で2,000万年~1,500万年前の第三紀中新世の琥珀(こはく)に閉じこめられていた、
ハリナシバチの一種にランの花粉が付いているのが発見されました。
たいへん保存状態がよく、遺伝子解析をした結果、ランの起源を知るための大きな手ががりとなりました。
結果から推定されたランが地球上に現れた年代は… 白亜紀後期の7,600万年~8,400万年前でした。
被子植物が地球上に現れたのが、1億4千万年~2億年くらい前の中生代ジュラ紀といわれていますから、
ランはそれほど新しい植物ではなかったことが分かります。

さらに他にも発見がありました。

ボルネオ島の熱帯低地林に自生する、ノイウィーディア・ボルニエンシス(Neuwiedia borneensis)と、その仲間のヤクシマラン亜科がラン科に含まれるかどうかが長年論争になっていました。
ラン科植物の花の特徴である、「唇弁(しんべん)がない」 「雄しべと雌しべが合着した蕊柱(ずいちゅう)になっていない」など、
ランとは思えない形態をしていたのです。
それが、1999年遺伝子解析の結果、その論争に終止符が打たれました。ヤクシマラン亜科はラン科であることが分かりました。
そして、その出現年代は… やはり同じく白亜紀の約9000万~8000 万年前と推定されました。
ヤクシマラン亜科は、古い形態のラン、つまり「生きた化石」だったのです。


白亜紀といえば、恐竜の全盛期。 ティラノサウルスがランを見ていたかも知れませんね。 

  
(M記)

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2015.01.16
ページの先頭へ戻る