たくさん実りました!

アラビアコーヒーノキ、初めてこんなにたくさんの実がつきました。
どうしても明るいほうへ向かって花が咲くため、園路から見えにくいところにたくさんなっています。
緑からだんだん赤く色が変化します。



アラビアコーヒーノキ Coffea arabica






食虫植物のウツボカズラに約30センチの大きなツボがつきました。
ねったいかんでは、なんの虫がつかまるのでしょうか。


ネペンテス ‘ダイエリアナ’ Nepenthes ‘Dyeriana’



品種によって、ツボの大きさや形もいろいろです。


ネペンテス ベントリコーサ×トランカータ Nepenthes ventricosa×truncata





葉っぱにインパクトのあるフィロデンドロン。
マレーハウス下の柱をよじ登っています。

 
フィロデンドロン ‘ウェンドインベ’ Philodendron ‘wendimbe’




カクチョウラン、今年もツボミがあがってきています。
少しはなれた場所にあるカクチョウランは咲き始めています。


カクチョウラン Phaius tankervilleae






ラン展は終了していますが、温室内や冷室(雲霧林ゾーン)では、まだまだ開花中のランを見ていただくことができます。
温室内は湿度が高め。乾燥しがちなこの季節、ぜひ、ねったいかんで潤ってください。




パフィオペディラム Paphiopedilum




デンドロビウム スペクタビレ Dendrobium spectabile




デンドロキラム グルマケウム Dendrochilum glumaceum

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2020.02.02

サラカ タイピンゲンシス開花!!

日によって気温の差が激しい今日この頃ですが、あたたかい温室内では春の音が近づいてくるのを実感できますよ。




サラカ タイピンゲンシス Saraca thaipingensis


イエローサラカとも呼ばれます。
初開花は2年前に1輪咲いただけでしたが、今回は木の上の方にたくさんツボミが来ています。
回廊からよく見えますよ。





ヒスイカズラ Strongylodon macrobotrys


例年よりやや遅れましたが、いよいよツボミがつき始めました。
もう少々お待ちください。





ベゴニア‘セルフズ マホガニー’  Begonia‘Selph’s Mahogany’


温室、冷室内ではさまざまなベゴニアが開花しています。






コモチクジャクヤシ Caryota mitis


これはツボミです。幹の上の方からツボミが出始め、だんだんとツボミの出る位置が下の方へと移動、最後にはその幹は根元から枯れてしまいます。





マレーシャクナゲ‘サンセット’   Rhododendron‘Sunset’


冷室ではさまざまな熱帯性シャクナゲが開花しています。






グリーンドラム(クセロシキオス) Xerosicyos danguyi



なかなか咲かないグリーンドラムです。葉の形が太鼓に似ているのでこの名があります。
回廊で見ることができます。






カクチョウラン Phaius tankervilleae


今年は多くの株にツボミがついてくれました。鶴が飛んでいるような優雅な花容をお楽しみください。




セロジネ‘コスモクリスタ’ Coelogyne ‘Cosmocrista’


北方系のセロジネも咲いています。育てやすくておすすめのランです。





デンドロビウム ジョンソニアエ Dendrobium johnsoniae


こちらはニューギニア島・ソロモン諸島産の原種です。




他にも冷室にはさまざまなランが咲いております。ぜひご覧ください。

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2020.02.29
ページの先頭へ戻る