クリスマスの企画展がスタートしました

12月に入りクリスマスムードが日に日に高まる中、
ねったいかんでも12月2日からクリスマスの企画展「ねったいかんの仲間とすごすクリスマス」がスタートしました。





大きなツリーやポインセチアなど、クリスマスムードいっぱいの企画展示室。

「ねったいかんの仲間とすごす」というタイトルにあわせて、ねったいかんで大人気の生きものたちも展示室に大集合しています。



さてさて、企画展をいろいろやっていると、たまーに、自分でも「これはいいものができた!」と感じる水槽があります。
今回の企画展でも、お気に入りの水槽がひとつできたのです。
タコクラゲの水槽です。







写真で見ると普通かも!?
では動画で見てみてください。




まるで、雪が降っているように見えませんか?
タコクラゲがこんなふうに見えるのは、実は自分でも予測していなかった想定外の展開。



「クラゲは人気があるから、『ねったいかんの仲間とすごす』というテーマにあわせてクリスマスで展示したいなー」と考えていて、
タコクラゲを展示することに。

初めは普通に展示をする予定でしたが、いざ搬入してみると・・・
すごく小さい・・・でも!すごくきれい!
そして想定外の小ささが、逆に雪が降っているみたいに見える!

ということで急きょ、透明のアクリルボードを買い、背面に雪の結晶をチラつかせ、真っ白な照明を当てて展示することにしたのです。

いやー、こう、アイデアが降ってくる瞬間というものはあるもので、そのアイデアをもとにいいものができると、すごくうれしい。

初日に遊びに来てくださったお客様が帰りがけに
「タコクラゲ、すごくきれいで感動しました」
とお声掛けくださって、本当にうれしかったです。



これからクリスマスで展示している生物について、順にご紹介していこうと考えています。
お楽しみに~。


「ムッちゃんもクリスマスを満喫中~☆」

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2014.12.05

カカオが実っています(見どころ情報12月6日号)

今年の秋もたくさんカカオの花が咲きました。
そして、今、カカオの実が成長中です。


カカオ Theobroma cacao





真っ赤でフワフワのカリアンドラ ハエマトケファラも咲いています。


カリアンドラ ハエマトケファラ Calliandra haematocephala




コエビソウやベンガルヤハズカズラ、カッシア、ウナズキヒメフヨウなども咲いています。
寒い冬は温室で、花を観賞してみませんか。


コエビソウ Justicia brandegeana



ベンガルヤハズカズラ Thunbergia grandiflora



カッシア Cassia sp.



ウナズキヒメフヨウ Malvaviscus arboreus var. mexicanus

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2014.12.06

みんな大好きハリセンボン

クリスマス展で展示している生きもの紹介第二弾は・・・
みんな大好きハリセンボン





すごくちびちびサイズのハリセンボンですが、とにかく人懐っこい!
お客さまの姿や動くものに興味津々のようです。
そして、もちろん私の姿を見ると、すごい勢いで寄ってきます。
「ご飯ちょうだい~!!!」と・・・。


さすが育ちざかりですね。
ごはんをあげると、ものすごい勢いで、ものすごくたくさん食べます。
あまりにもガツガツしていて、たまにエサをはさんでいるピンセットを一緒にかじって釣れそうになってしまうことも。

動画に取れたのでちょっと見てみて下さい。

必死さが、なんだかくすっと笑えます(笑)。




You Tubeでご覧になる方はコチラ→



そしてごはんをたくさん食べたあとには、お腹がぽっこり・・・。
私たちとおんなじですねぇ。

これがハリセンボンの食前と食後のビフォアアフターです。


食前がこちら。




そして食後。




お腹ぽっこり出てる~!それでも気にせずどんどん食べ続けるハリセンボン。
こりゃまたカワイイ~!
これだけ出ているお腹が翌日にはすっきりしてるなんて、なんとうらやましい・・・。


そしてそして、たくさん食べたあとには、もちろん出るものが。
けっこう太い、立派なウンチをします。
あまりにも立派なので、ねったいかんのスタッフがちょうどそのシーンを見て、
スタッフ 「ハリセンボンのおしりから、オレンジ色の大きいのが出てますが、大丈夫ですか!?脱腸とかですか・・・?」
私 「あ、ウンチです。」


そんなやりとりがありました。(笑)


とっても可愛いハリセンボンの紹介でした。

次回は誰にしようかな~。

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2014.12.09

12月のダイオウグソクムシのエサやり日程

12月のダイオウグソクムシのエサやりは、12月13日(土)に行います。

つまりあさって・・・直前の告知になってしまって本当にゴメンナサイ!
いつものように15時からの「さかなのエサのじかん」のあと、15時半ごろから行います。

いやぁ、13日の土曜日はイベントがもりだくさんですね~。

14時からは、ムッちゃんのツリー点灯式。



15時から、さかなのエサのじかん。


そしてそのあとダイオウグソクムシのエサやり


さらにさらに16時からは大人気イベント「トワイライトジャングル探検」!




13日は午後がなかなかアツイです。
ねったいかんを思う存分満喫できるはず!

皆さまのご来館をお待ちしております。

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2014.12.11

カカオノキ

こんなにかわいい花が


こんなにたくさん咲いたので


こんなにたくさん実っています。


こんなに大きくなれば


チョコレートが作れるかもしれません!!





今年もカカオノキにかわいい花がたくさん咲きました。
今、花はほとんど残っていませんが、かわりに小さな青い実をたくさんつけています。

木の幹に直接花が咲いて、実がぶらさがるのを「幹生果(かんせいか)」っていうんです。
珍しいですよね。


ご存じのとおりカカオノキからとれるカカオ豆は、ココアやチョコレートの原料です。
カカオノキを育てるには、規則的な降雨と排水のよい土壌、温暖で湿潤な気候が必要です。
カカオノキの名前(Theobroma cacao)はギリシャ語で「神の食物」という意味で、カカオは高価で神か王者でなければ口にできなかったことから命名されたそうです。
今はココアやチョコレートはどこでも手に入るようになりました。
チョコレートが嫌いな人ってあまりいないですよね。


チョコレートはポリフェノールを、赤ワインよりはるかにたくさん含んでいて、’からだ’にも’こころ’にもとてもいいそうです。
ただし、カロリーはちょっと高そうですね。


今実っている青い実はカカオポッドと呼ばれ、約6か月かけて、長さ15~30cm位まで大きくなるんです。
そのあと熟すると濃黄赤色になって、中には20~60個ほどの種子が入っていて、これがカカオ豆なんです。


 
 皆さんも、”ねったいかん”に遊びにきて、カカオの実が大きく熟していくところを見てみませんか。


                                         MI記

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2014.12.16

オシャレなカニ、モクズショイ

前回ご紹介したハリセンボンと同じ水そうで、とある生き物が一緒に暮らしています。

下の写真に写っているのですが、どこにいるかわかるかな?




アップにしてみましょう。




「サンタさんのこと!?」

そう思った方、もっとよーくサンタさんの周りを見てみて下さい。
カニさんが4匹、サンタさんのまわりをぐるりと囲んでいるのがわかりますか?





「モクズショイ」というカニさんです。

海そうやカイメンなどを体にくっつけて、擬態(ぎたい)しているカニです。
カモフラージュですね。
藻() や クズ を背負う (しょう) から、モクズショイ です。




さて、このモクズショイ、水そうのなかにたくさん毛糸を入れておくと、それをせっせと背中やあしにくっつけてしまいます。
今回はクリスマスに合わせて、と白との毛糸。
4匹の中でどのコがいちばんおしゃれかな?

ぜひお気に入りのモクズショイをみつけてみてくださいね!

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2014.12.18

クリスマス展 あと4日で終わりです!!



 寒波到来。

毎日、寒い日がつづきますね。

12月といえば、クリスマス!
ねったいかんでも開催中のクリスマス展。
残すところ、あと4日となりました。(~25日まで)

ねったいかんのクリスマスは、ビルマムツアシガメのむっちゃんによるクリスマスツリーの点灯式をはじめ、
サンタクロースのコスチュームコーナー、ハンドベルなどなど楽しいコーナーが盛りだくさんです。

そして、もちろん植物も

クリスマス気分を盛り上げる植物たちが勢ぞろいしています。
一部、 ご紹介しますね。


クリスマス気分を盛り上げるポインセチア
ポインセチアといってもいろいろな品種があるんです。





ハート型の葉がこんもり、シクラメン 





寒さに強い春咲きの原種のシクラメン。
小さな苗ですが、まるっこい葉がかわいらしい。ふつうのシクラメンをくらべると花はとても小さくシンプルです。
ちょうど、つぼみが出はじめています。





そして、寄せ植えにぴったりの植物のご紹介。
シルバーリーフが美しいシロタエギク、オレアリア、コチア、フランネルフラワー




色とりどり、ビオラ、ユリオプスデージー、プリムラ、大きな株に育つ斑入りのアリッサム



…などなど、いろいろあります。


販売もしておりますので、ぜひ遊びにいらして下さい。
あと4日ですよ~。

                                             (H記)

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2014.12.20

ハナイカの衝撃的なお食事シーン

展示のたびにお客さまを虜(とりこ)にする生きもの、ハナイカの展示がスタートしました。





小さくてカラフルなイカです。 みなさまが食べるスルメイカとはちょっと雰囲気が違いますね。
ハナイカは海底を歩くイカで、普段はじっとしていたり、海底をのろのろと歩いたり。

そんなハナイカも、ごはんの時間となると様子が変わります。


今回はエサを食べるシーンの動画がとれましたので、皆さまにも公開したいと思います!
ハナイカの衝撃的なお食事シーンはこれだー!!!




You Tubeでご覧になる方はコチラ→


どうですか? エサをねらっている動き。
エサをねらいながら にゅー っとのびる触腕(しょくわん)。





そして、シュパーン! と とらえる素早さ!!!

私も、ハナイカのこのお食事シーンは何度も見入ってしまいます。
たまりませんなぁー。

イカの寿命は一年。

現在展示しているハナイカたちも、人生のラストスパート、繁殖の時期です。
展示期間が1~3ヶ月と限られてしまうことが予想されるため、ハナイカをご覧になりたい方はお早めに遊びに来てくださいね。

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2014.12.24

チンアナゴ

あっという間に2014年も終わりを迎えようとしています。
2014年はみなさま、どんな一年でしたか?

それでは、2014年最後のつぶやき話、いってみよー!


この間、2匹のチンアナゴがケンカをしていました。
普段はかわいらしいチンアナゴ。




ケンカのときは、口を大きく開けて、心なしか目もつりあがって見えます。
動画が取れたので、みなさま見てみてくださいな。






お互いの巣穴が近すぎるんでしょうね。

「ちょっと穴近くね?おまえどっか他のとこいけよー。」

「やだよー、オレだってここが気に入ってるんだから。おまえこそどっかいけよー。」

そう言っているみたいですね。



チンアナゴたちは、水そうの中でもごはんがたくさん流れてくるあたりに巣穴を作ることが多く、
ねったいかんの水そうでは、まんなかあたりで生活しているコがたくさん。

ケンカの翌日に水そうを見ると、やはり1匹が他のところにお引越していました。
夜の間にそーっとお引越を完了したようです。

ほどほどの距離感がイチバン、てことかな。


今年もたくさんのお客さまがねったいかんに遊びに来てくれて、本当に感謝しています。
皆さまの楽しんでいる姿や笑顔を見るととっても嬉しくて、頑張るぞー!となります。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

それでは皆さま、良いお年を~!

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2014.12.28
ページの先頭へ戻る