「ビワモドキ」の花が咲きました!

熱帯館で、開館以来はじめてビワモドキの花が咲きました。

なんと20年の歳月を経て、やっと成人?したのですね。

ビワの葉に似ていることから、その名がついたようですが、葉脈がはっきりとして、ビワの葉より大きめの立派な葉です。




黄色なのか白なのか・・・? 
咲いてからのお楽しみだった花の色は白。

厚みのある卵の殻のような萼片が花を包み、花弁5枚、黄色の多数の雄しべ、
その中央にまるで別の花が咲いているかのようなかわいらしい雌しべ。

はじめて開花した花を見た時は、ワーっ!おもわず声をあげてしまいました。




 翌朝、5枚の花弁は落ち、丸みのある萼片が残り、それがまた梅の花のようでかわいらしい。
知らなければ、グリーンがかった花かなと思いそうです。





その萼片も夕方頃から閉じ始め、翌日には完全に閉じました。
また蕾に戻ってしまったかのようですが、その状態でふくらみ、実になっていきます。




 その実が熟さないまま落ちたので、割ってみると…まわりは玉ねぎのようで中央部には雄しべ、雌しべが残っていました。

…ので、数えてみました!!!

雄しべ!
スタッフ2名でピンセットで1本1本……地道な作業をすること1時間。


さて、さて、何本でしょう? 




200本くらいかと思いきや、とんでもない! 
約800本ありました!!!

個体差はあるかもしれませんが、すごい数です。
そんな1本1本、1枚1枚の集合で美しい花が形成されているのですね。


 一日だけ咲いて、その日のうちに枯れてしまう一日花のビワモドキ。

今日見た花と、明日見る花は違います。

花との出会いも一期一会。

熱帯の花は一日花が多いので、そんな花たちとの出会いにぜひ熱帯館へ足をはこんでくださいね。
                                 

(H記)  

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2014.11.02

カカオの花が咲いています(見どころ情報11月5日号)

カカオの花が咲いています。


カカオ Theobroma cacao


幹にびっしりと小さな白い花が付きます。
一部、 小さな実も実っています。
大きくな~れ!

 




ハイビスカスも咲いています。


ハイビスカス Hibiscus




ハイビスカスの仲間であるウナズキヒメフヨウは満開です!


ウナズキヒメフヨウ Malvaviscus arboreus var.mexicanus




エントランス外のベランダガーデンでは濃いピンクや白のネリネが咲いています。
別名ダイヤモンドリリーといい、天気の良い日には日の光に反射して花びらがキラキラ光ります。


ネリネ Nerine




ねったいかんでは、エントランスにて見ごろのお花をお知らせしています。
温室・冷室内においては、樹名板に花マークをつけてお知らせしています。





花が見つけにくいものには、花周辺に札をつけてお知らせしています。
ちなみに、下写真のカッシアも今見ごろです。



カッシア Cassia

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2014.11.05

11月8日、9日の「おいしい試食」は・・・

今週末の「おいしい試食」の内容が決定いたしました!

11月8日(土):ホヤの炙り燻製
11月9日(日):ナマコ酢


今週末は、なんと言いますか、お酒のつまみにぴったりな試食です。
お酒の好きな私が水産加工品などを選ぶと、このような結果になってしまうのですねー。


ねったいかんスタッフはお酒の好きな人が多いので、届いた品物を開封すると、

「あー、一杯やりたいねぇ・・・」 「こりゃー、日本酒に合いそうだな。」

という声がちらほらと。



ホヤの炙り燻製はものすごく美味しそうです!

ナマコ酢は、私は好きですが、ナマコの見た目が・・・なので、
まだ食べたことない方はちょっと勇気がいるかもしれませんね。




今週末から、おさかな釣堀コーナー
(といっても、本物を釣るわけではなく、磁石で魚の写真を釣り上げる、お子様向けのお楽しみコーナーです)も設置予定。

釣ったお魚の名前もわかる仕組みになっていますので、勉強にもなります。


それでは今週末もお待ちしてまーす!

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2014.11.06

モモタマナとオランウータン

ねったいかんには年に何回か剪定 (せんてい:枝を切ること) しなければならない大きな木があります。

ベンジャミンやフタバガキ、モモタナマなどです。


そのひとつ、モモタマナの剪定枝をウッドチップにするのではなく、
多摩動物公園のオランウータンたちにプレゼントするという企画のご案内です。

以前にも、一度ねったいかんのモモタマナなどをプレゼントしたのですが、
大きな枝の束をどさっ!どさっ!と投げ入れたものを、オランウータンは茶色の口元をタンニンの色素で真っ黒にしながら、
ムシャムシャムシャムシャ・・・!!
自分が食べるだけでなく、他のオランウータンに分配までしたっ!!

あまりの食べっぷりに、キーパーさんに「こんなに食べても大丈夫ですか・・・?」とうかがったほどです。
もちろん大丈夫とのこと。

とにかくモモタマナが一番の好物のようで、今年は「リキ君」の2歳のお誕生会にあわせてプレゼントしたいと思います。
ぜひご覧になってください。



現在、野生のオランウータンたちの住む東南アジアの熱帯雨林は著しく減少しています。
このままでは50年後にはオランウータンは絶滅してしまうと警鐘を鳴らす科学者もおります。

熱帯雨林減少の大きな要因として、アブラヤシのプランテーション拡大があげられます。
アブラヤシの植物油を使う私たち日本人も熱帯林の減少に深くかかわっています。
こんなことも考えていただきながら、いつまでも見ていたいオランウータンたちに会いにいきませんか?


            記
日時    11月16日(日) 午後2時から
場所    多摩動物公園 オランウータン舎前





モモタマナ  
学名 Terminalia catappa シクンシ科
別名 コバテイシ、シマボウ、トロピカルアーモンド、インディアンアーモンド、シーアーモンド

 日本では沖縄以南の海岸近くに生える高さ25mにもなる半落葉性の高木です。
タネは水にプカプカ浮いて分布します。
樹冠(じゅかん)と大きな葉が特徴で街路樹や公園に植えられ緑陰(りょくいん:木立のかげ)をつくります。

種子を割るとアーモンド型の実があり、それを炒って食べるとアーモンドのような味がします。
種子の形が桃の種に似ていて、ウルトラマンのタネと教わったというお客様もいらっしゃいました。
たしかに!薬や染料にも使われる有用木です。

  
モモタマナの葉                              モモタマナの花


   
モモタマナの実  



K 記 

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2014.11.08

ゾウリエビが増えた!?

ちょっとおもしろい事がありました。


企画展「おいしい?水族館」で展示しているゾウリエビ
現在3匹のゾウリエビを展示しています。

この3匹が、いつもいろんなフォーメーションを取っていて、
水そうを見るたびにどんなフォーメーションになっているかを確認するのが、
ひそかに私の楽しみとなっています。





こんな風に3匹きれいにならんでみたり、一匹だけ反対側を向いていたり、
はたまたごそごそと移動をしている最中だったり。




そして11月9日日曜日の朝のできごと。



私はお休みだったのですが、館長が開館前に水そうを見てみると・・・

「なんじゃこりゃー!」
「ゾウリエビが1匹増えとるー!!!」




ということで、私のかわりに出勤していた水族館担当者に報告。


「お、脱皮(だっぴ)ですねぇ。」


そうです、エビやカニの脱皮の殻(から)って、すごーくきれいに残るのです。


その日一日は脱皮殻も生体と一緒に水そうで展示をしたそうで、
その表示を見てお客様もこの日限りの4匹の(?)ゾウリエビを写真に撮ったりして楽しんでいたそうです。



それにしても、あんなに複雑な体つきをしながら、こんなにきれいに脱皮しちゃうなんて、エビやカニたちって本当に器用ですねぇ。

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2014.11.14

今週末の試食は・・・

企画展「おいしい?水族館」も残りあと10日。
今週末の試食内容を発表します!


15日(土):高級かまぼことそうではないかまぼこの食べ比べ
16日(日):あんきも(その名のとおり、アンコウの肝です)



15日は久しぶりの食べ比べです。
かまぼこの高いのと安いの、区別つくかなー?
高級なかまぼこは、しなやかな弾力とつるりとしたのどごしが売りだそう。
おいしいお魚の身がぎゅっとつまっています。


そして16日はあんきも!
私、あんきも大好きなんですよー!
あんきもをつまみながら、日本酒をちびちびと・・・。
たまりませんなぁ。


ちゃんともみじおろしを添えて、ポン酢をかけて出させていただきます。



おさかなつりぼりも、小さなお子様には大人気です。

11月24日(振休)には「おさかなカルタ大会」も開かれますので、みなさま、練習がてらおさかなつりぼりで遊んでみてくださいね。

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2014.11.14

今週末3連休の試食は・・・

早いもので、企画展「おいしい?水族館」も残り1週間を切りました。

最終週、3連休の「おいしい試食」体験の内容は・・・


22日(土):からすみ(ボラの卵巣で、日本三大珍味のひとつ)
23日(日):くじらの大和煮
24日(振休):魚肉ソーセージの食べ比べ(ノーマル、イカ、ホタテ、エビの4種)


です。


からすみは、私も今まで食べたことないので楽しみ。
塩辛くてねっとりした味わいで、チーズに似ているとか・・・。


くじらの大和煮は、文句なしにおいしいと思います。
やわらかく煮たクジラ肉が口のなかでとろ~り・・・。よだれが出そうです。


最終日24日の試食は、今回やったいろんな試食の中でお客さまの反応がよかったものにしよう、
ということで、11月2日にやった「魚肉ソーセージ4種の食べ比べ」が再登場!





実はこの魚肉ソーセージ、私もすごく気に入ってしまって、家でも購入してたまに食べています。
ねったいかんでは生で食べていただきましたが、スープに入れたり、
野菜と一緒にいためたりしても、ものすごーくおいしかったですよ!



最終日24日「おさかなカルタ大会」2:30~3:00)もありますので、ぜひ遊びに来てくださいね!

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2014.11.20

モモタマナとオランウータン②

行ってきました!


先日のこぼれ話「モモタマナとオランウータン」にて、
多摩動物公園のオランウータンたちへねったいかんのモモタマナを剪定(枝を切る)した枝をプレゼントしますよ、と予告しました。
今回は、実際にプレゼントした時の様子をご報告します!


11月10日(月)の休館日に、剪定した枝をその日のうちにトラックで多摩動物公園のオランウータン舎に
運びました。
キーパー(飼育員)さんたちがテンタル(大型のバケツ)に水を張って枝先を水につけ、しおれないようにして下さいました。

そして、11月16日(日)
モモタマナは、この日に多摩動物公園で行われる「リキ・2歳のお誕生会」のイベントでプレゼントされます。



16日当日、快晴の中、風は冷たかったですが、休日をいただいていたので、
2歳の孫と一緒に電車で出かけました。




入口の案内や園内放送もあり、2時の開始なのに、1時半にはもう会場前は人であふれていました。
「ちゃんと並んでないと、オランウータンに笑われちゃうよね~」と孫をあやしながら今か今かとみんなで待ちました。

開始前、キーパーさんたちがモモタマナの枝をお客さまの見えやすいところ何か所かに置いていき、
お話がはじまりました。
リキのケーキの紹介、ねったいかんからのモモタマナのプレゼントの紹介、キンカンのプレゼントの紹介などがあり、
ケーキがイベント会場に2個置かれました。
この間、オランウータンたちは舎の中で待機です。

キーパーさんに扉を開けてもらうと一目散にケーキのもとへ。
でも走ったりはしないのですね。 お行儀が良い!

リキはおかあさんのキキと一緒に一つ目のケーキへ!
リキがいきなり食べようとすると、母親は左手でリキを制し、ダメヨ、ダメ ダメ 待て!をしていました。
キキは一口、二口食べると(毒見?)さあお食べ・・・というようにみえたのですが、私の勝手な想像かもしれません。


 

今日は、周りにたくさんの客様がいます。
リキはこんなにたくさんの人を見たことがなかったので、人と目を合わさず、怖がっているとのおはなしでしたが、
私には目をあわせてくれました。
ここだけのはなし、  私と似てる?親近感がわく?


オランウータンたちはなかなかモモタマナに関心を示してくれず、ヤキモキしましたが、あとからやってきた人気者のジプシーが1枝をもち、
スタコラ、舎に向かっていくではありませんか!! 
一番遠くの温かい陽だまりで堪能?していました。
ジプシーは普段あまり食欲がなく心配をされていましたが、1枝を食べ終えるとまた戻ってきて、今度はみんなが見える場所で、
新芽の部分をたくさん食べてくれ、最後まで残っていたファンの方たちと喜びあいました。


 
新芽が一番!                               余は満足じゃ


リキ2歳  




ボルネオのオランウータンたちのすみかは開発等により危機的状況になっています。
オランウータンも私たちも住みやすい地球になるといいね!

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2014.11.20
ページの先頭へ戻る