「ビワモドキ」の花が咲きました!

熱帯館で、開館以来はじめてビワモドキの花が咲きました。

なんと20年の歳月を経て、やっと成人?したのですね。

ビワの葉に似ていることから、その名がついたようですが、葉脈がはっきりとして、ビワの葉より大きめの立派な葉です。




黄色なのか白なのか・・・? 
咲いてからのお楽しみだった花の色は白。

厚みのある卵の殻のような萼片が花を包み、花弁5枚、黄色の多数の雄しべ、
その中央にまるで別の花が咲いているかのようなかわいらしい雌しべ。

はじめて開花した花を見た時は、ワーっ!おもわず声をあげてしまいました。




 翌朝、5枚の花弁は落ち、丸みのある萼片が残り、それがまた梅の花のようでかわいらしい。
知らなければ、グリーンがかった花かなと思いそうです。





その萼片も夕方頃から閉じ始め、翌日には完全に閉じました。
また蕾に戻ってしまったかのようですが、その状態でふくらみ、実になっていきます。




 その実が熟さないまま落ちたので、割ってみると…まわりは玉ねぎのようで中央部には雄しべ、雌しべが残っていました。

…ので、数えてみました!!!

雄しべ!
スタッフ2名でピンセットで1本1本……地道な作業をすること1時間。


さて、さて、何本でしょう? 




200本くらいかと思いきや、とんでもない! 
約800本ありました!!!

個体差はあるかもしれませんが、すごい数です。
そんな1本1本、1枚1枚の集合で美しい花が形成されているのですね。


 一日だけ咲いて、その日のうちに枯れてしまう一日花のビワモドキ。

今日見た花と、明日見る花は違います。

花との出会いも一期一会。

熱帯の花は一日花が多いので、そんな花たちとの出会いにぜひ熱帯館へ足をはこんでくださいね。
                                 

(H記)  

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2014.11.02
ページの先頭へ戻る