真冬も元気なキンギョたち



彩りの乏しくなりがちな冬の公園で、元気に花咲くキンギョソウ。



独特な花の形を金魚に見立てたところから名づけられたようですが、英語ではスナップ・ドラゴン(噛みつきドラゴン)と呼ばれているそうです。
ちなみにこちらのピンク色の品種の名前は‛ブロンズドラゴン’。



上下の花びらをつなぐちょうつがいのような部分を指ではさんで優しく押してみると・・・



花びらがパカっと開きました。
かわらしい花にはちょっと気の毒ですが、噛みつきドラゴン・・・に見えなくもないですね。


公園からのお知らせ | 更新日:2022.01.14
ページの先頭へ戻る