アメリカ山公園のオージープランツ

近頃ガーデンショップなどでも多数取り扱いのあるオージープランツ。
オーストラリア原産で乾燥と日照をを好み、変わった葉や花の形をしていて、多くは蜜源植物です。
みつばちをはじめとしたハナバチ類や蝶が好んで飛来します。
品種によっては花の蜜が大好きなメジロなども飛来することがありますよ!
アメリカ山公園は一部屋上庭園になっていることから水はけの良い軽い土壌を使用しているため、
オージープランツにとって適した土壌になります。
今回はアメリカ山公園のオージープランツの一部をご紹介します。

トップバッターは大人気のミモザアカシア。
学名はアカシア バイレヤーナ’プルプレア’
アメリカ山公園では2019年の台風により根元から折れてしまったので、植え替えをし、現在養生中です。
プルプレアという品種は「紫色の」という意味。一般的なミモザアカシアの葉が紫がかった少し大人な雰囲気を楽しめます。
アカシア バイレヤーナ’プルプレア’(銅葉ミモザアカアシア)


次はサンカクバアカシア。
学名はアカシア クルトリフォルミス
英語名はナイフアカシアと呼ばれています。葉の形が特徴的です。ミモザアカシアのお花はこの春お楽しみいただける状態でないので、サンカクバアカシアのお花を是非お楽しみに。
そして。この木には何と!ミノミシもついています。ミノムシ(オオミノガ)は現在絶滅危惧種に指定されています。どうぞ大切に見守って下さいね。
アカシア クルトリフォルミス(サンカクバアカシア)
ミノムシ付き!



よく見かけるようになったウエストリンギア。
このスモーキーという品種はもこもこした産毛に覆われた白い葉がとっても繊細で美しいリーフプランツです。
ウエストリンギア フルティコサ’スモーキー’


ウエストリンギアの斑入り品種。
オーストラリアンローズマリーという名前で流通していますが、ローズマリーとは別の種になります。
香りもしませんが、土の植物とも馴染む名わき役のような存在。最近は脇役でなく、主役になって商業施設の花壇に植えられていることもあります。
ウエストリンギア フルティコサ’バリエガータ’


グレヴィレアはアメリカ山公園で2021年秋に初めて2品種を導入しました。その内の1つがココナッツアイス。
名前からして白い花が咲くのかと思ったらサーモンピンク~オレンジの鮮やかな花が咲くようです?!
何故ココナッツアイスなのでしょう?
ご存知の方、是非教えて下さい!
グレヴィレア’ココナッツアイス’


最後はもう1種類のグレヴィレア。
ラズベリーのような形をしたとってもかわいい蕾を多数つけています。春の開花が待ち遠しい!
ジョンエバンスとは、アメリカのジャズピアニストのことを言っているのでしょうか。
育てやすいグレヴィレアとして生産農家さんにオススメしてもらい、この品種を導入してみました。
グレヴィレア’ジョンエバンス’

これからも家庭園芸でも楽しめる多種多様な植物をアメリカ山公園から発信していきたいと思います。

公園からのお知らせ | 更新日:2022.03.07

春を告げるジンチョウゲの香り



春の訪れを思わせるうららかな午後、山下公園通りを歩いていたらジンチョウゲの香りが漂ってきました。



よく見ると街路に植えられた木々の小さな花がもう満開です。
通りの向こうは山下公園。氷川丸の赤白ストライプの煙突が見えます。



ジンチョウゲは中国原産の芳香性植物。雌雄異株でよく見かけるのは雄木です。雌木は花が少なく、あまり見かけることがありません。学名「ダフネ・オドラ」のダフネはギリシャ神話の女神の名前、オドラは香りを意味しています。



アメリカ山公園でも2年前に植えたジンチョウゲ’信濃錦’が小庭園入って右側の花壇で1本、見ることができます。
マスク越しですが季節限定の甘い春の香りをお楽しみください。

公園からのお知らせ | 更新日:2022.03.11

日に日に春らしく



公園の一角を鮮やかな黄色に染めるオウゴンマサキの新芽。
小鳥のさえずりも響き渡り、あたり一面にわかに春めいてきました。



花壇では白や黄色のスイセンたちが咲き始めています。



エントランスではブラックベリーの花がお出迎え。
春の散歩は目にも耳にも楽しい発見がありそうです。

公園からのお知らせ | 更新日:2022.03.22

明日からガーデンネックレスが始まります!



春から初夏にかけての横浜の一大イベント「横浜ガーデンネックレス」がいよいよ明日から始まります。
各会場では横浜ならではの花と緑を満喫していただけるほか、楽しいイベントも。
アメリカ山公園の建物1階エスカレーター前にてパンフレットをご用意していますので、どうぞご自由にお持ちください。



園地のガーデンベアサインの前にチューリップのつぼみが。
フリル付きのピンクと白の花びらがとってもキュートな横浜オリジナルの品種‛ラバーズ・タウン’です。



モッコウバラのつるにも小さなつぼみがいっぱい。



先週末頃から咲き始めたウンナンオウバイ。
つぼみはほんのり赤いけど、開いた花びらは鮮やかな黄色です。



目に染みるような青色のムスカリは今が見ごろ。
よく見ると花の先端がわずかに白くなっていて清楚な印象です。

明日からのガーデンネックレスでたくさんの花と緑に出会って、横浜の春を心行くまでお楽しみください。

公園からのお知らせ | 更新日:2022.03.25
ページの先頭へ戻る