9月の花だより 

こんにちは。

朝夕涼しくなり、軽やかな虫の音が聞こえるようになってきました。
季節は夏から秋へと変わりつつありますね。

正面花壇もケイトウやパープルファウンテングラスなどが植えられ、秋の装いとなりました。




コミュニティ広場で、噴水へといざなってくれるフラワースタンド。アメリカンブルーの青がアクセントになっています。黄色い花はメランポジウムとマリーゴールド。



スイレン鉢の横で通路を作っているのはコリウス。紅い葉は秋を感じさせてくれますね。



   


秋の七草園では、秋の花が咲いています。

マメ科のハギの花。 



万葉集では、“尾花”と詠まれているススキ。



桜餅の葉のような香りのするフジバカマ。



オミナエシ。漢字で書くと“女郎花”。読み方がむずかしいですね。




アトリウムでは、普段目にすることがない色や形の花が咲いています。

観葉植物として親しまれているモンステラの花。是非、ご観賞ください。





トゲトゲの茎とは対照的な可愛い花を咲かせる大花キリン





黒っぽい花色が珍しい、タッカ・シャントリエり。



涼しくなり、園内を散策しやすくなってきました。
季節の移ろいを感じながら、ゆっくりとご鑑賞ください。





園内の様子 | 更新日:2020.09.19
ページの先頭へ戻る