秋が近づいてきました🍂

こんにちは。
現在、休園中のみずの森です。
休園の間に夏が終わり、秋に入ろうとしています。
休園期間中は、秋から冬の植物の準備をしています^^
お会いできるのを楽しみにしております!

さて園内では、ツクツクボウシが鳴き、赤とんぼが飛び、メタセコイアやラクウショウに茶色が混ざってきました。
もう一度暑さが戻ってきますが、植物たちは秋の準備をし始めています。

秋の七草園では、ススキが穂を出し、フジバカマやオミナエシが咲いています。その隣で、シュウメイギクも花を開かせています。
その様子をご紹介します(^_-)-☆


風にたなびくススキの穂。






葉の細いイトススキ

   


横に縞の入ったタカノハススキ

   


縦に縞の入ったシマススキ

   

穂に注目してしまいがちなススキですが、是非、葉の違いもお楽しみください(^^)


フジバカマの花。香りをお届けできなくて残念です。






明るい黄色のオミナエシ。




その隣を彩るピンクのシュウメイギク。






夏から秋へと移りつつあるみずの森。
また、皆様とお会いできる日を楽しみにしています!!

園内の様子 | 更新日:2021.09.04

ハスいっぱいプロジェクト ~花は実となり、葉は茶色に~

こんにちは!

皆さんと一緒にレンコンの植え付けを行い、公園の中に「ハスの見どころスポット」を創る「ハスいっぱいプロジェクト」も、
今年で5年目となりました。
4月に橋川市長にも参加していただき、始動した「ハスいっぱいプロジェクト」。
初回は、強い風が吹き、桜が舞い散る中での植え付けでした。









その後、夏の陽射しをたくさん浴びて、ハスはぐんぐんと葉を大きくし、たくさんの花を咲かせて楽しませてくれました(^^♪








そして、秋風が吹き始めた今、花は実となり、葉は緑から黄色、更には茶色へと変わってきました。
上下の写真を比べると、色の変化がよくわかりますね!(^^)!




大きくなった花托の中には、黒いどんぐりの様な種が入っています。




種が落ちた後の花托は、蜂の巣のよう。






葉が枯れた後、来年に綺麗な花を咲かせるため、レンコンは大きくなっていきます。
そして次の春になったら、そのレンコンを皆さんと一緒に植え付けて…。

「ハスいっぱいプロジェクト」はこれからもず~っと続いていきます。
皆さまのご参加をお待ちしています(^^)/

ハスいっぱいプロジェクト | 更新日:2021.09.13
ページの先頭へ戻る