みずの森庭園(5/8)

みなさんこんにちは。
新緑の気持ち良い気候になってきましたね^^
今は緑が美しい!!




シランも美しく咲きました。もちろん白色も。涼しい5月のさわやかさです。





今年も「アンネのバラ」が咲き始めました。アンネの無事を祈りながら帰りを待っていた、父であるオットー・フランクさんに、ベルギーの園芸家デルフォルへさんから、アンネを偲んで、「アンネフランクの形見」と名づけられた新種のバラが贈られました。





1971年4月4日、日本の合唱団とオットー・フランクさんとの出会いがあり、翌年のクリスマスに10株の「アンネのバラ」の苗木が贈られてきました。そのうち、1株だけが京都で根付き、翌春日本で初めて花を咲かせました。
1975年、オットーさんは再び10株を贈られ、それらが現在、日本全国で平和のシンボルとして美しく咲き香り、2008年度草津市人権と平和研修ツアーにおいて、ホロコースト記念館(広島県福山市)より寄贈されました。


そしてこちらは昨年よりもたくさん咲いたこちらの木。

「この木はなんじゃ?」 「ナンジャモンジャ!!」
ナンジャモンジャ…もとい、「ヒトツバタゴ」がたくさん咲きましたー!!



名前の響きがとてもユニーク!
みずの森が開園したら、この木の下で「ナンジャモンジャ!」って大きな声で叫んでください。
きっと元気になりますよ。今日も健やかに☀

公園だより | 更新日:2020.05.08
ページの先頭へ戻る